張魯

1 ななしのよっしん
2013/08/05(月) 11:27:52 ID: iNm7AC0KJq
後漢末期には妖賊・宗教導者たちがあちこちに沸いたけど、朝廷や群雄との駆け引き、組織運営において張魯ほど上手いやり手はいないね。
2 ななしのよっしん
2014/10/02(木) 14:54:34 ID: SL/0/3pNZT
やってる事見る限り普通に名君の部類に入るな
3 ななしのよっしん
2014/10/10(金) 17:45:54 ID: c99m8OGRr/
ヒラエルキーが構成された」…、か修正してやれよw
4 ななしのよっしん
2015/01/04(日) 14:09:31 ID: 3s5qjS8efv
無双張角はあんななの張魯はいまだに妖術師になれない
やっぱイイヒトだし名君だし変人にするのはわれるのか、それとも現存する宗教は弄りにくいのか
5 ななしのよっしん
2015/02/12(木) 11:25:29 ID: 8AB5ZKzysU
アレ志という漫画張魯様はかなり可愛い
6 ななしのよっしん
2015/03/14(土) 02:46:56 ID: 5V0BOCG3dm
張魯は今で言う美魔女
日本史でいうなら藤原子みたいだったのかな
劉焉の死の遠因になってる気がするし、
劉璋からしたら、この子はすごく不快な存在だったと思う
7 ななしのよっしん
2015/04/24(金) 11:56:42 ID: nvKlEJCPjo
の上の瘤以外の何物でもないわな
親父劉焉碌してなけりゃ、益州支配した当初みたいに謀略駆使して五斗米道ごと乗っ取ってただろうけど、劉璋にはちと荷が重すぎたか
8 ななしのよっしん
2015/07/17(金) 11:05:46 ID: kvhtJeKCVa
劉焉に関しては寧ろ反乱させて中央との壁にするべく利用した感あるけど。半独立化されてもそこそこ関係良かったようだし

信者北方に移住させれて、道教の多様化に繋がったってのは中々歴史的なターニングポイントね。その後西の瓦解で南方にも広まったし
9 ななしのよっしん
2016/07/27(水) 16:46:24 ID: 2rf801gBVW
ネットで「宗教導者なのに奇跡譚がない人」と書かれてたけど
確かに張魯奇跡譚って聞いたことないな
10 ななしのよっしん
2016/07/27(水) 17:20:19 ID: xdeiKdIs0k
そう言えばそうだなあ。
・開祖の陵に奇跡譚があるのなら張魯には特に必要
(そして陵については三国志と関わりが薄いので特に触れられない)
・五斗のを寄進してお祈りしたら病気が治ったよーとか小さな話が積み重なっていった
水滸伝の冒頭に出てくる師は張魯の子孫。
 物語術が登場するような話では奇跡を起こせる系だったが、三国志ではそのへんカットされた

とかいろいろ想像してみるけど、民間宗教導者かつ大勢に抵抗した人物なのに、不思議なものだ。
せいぜい、領内の田んぼから玉璽が出てきたぐらいか。その後、その玉璽ってどうなったんだろうか……。
11 ななしのよっしん
2016/07/27(水) 17:22:28 ID: xdeiKdIs0k
そう言えば
初)張良 → (末)張魯  → (
って物凄い系だな。

張良引退して仙人の修行に入ったと言うが、子孫は皇帝から頼られるの仙人とは……。
12 ななしのよっしん
2017/01/26(木) 00:10:37 ID: 5V0BOCG3dm
>>12
史実のうわべだけなぞると張魯曹操に「敗れた」わけだけど、
そう見ると、まさに玄妙、道教髄と感じるなあw
13 ななしのよっしん
2018/01/04(木) 09:36:25 ID: aks7OYn58E
>>9-10
蒼天では老けない見たを持っていたが、あれの出典とかあるのかな?の遺伝とか言ってたけど
14 ななしのよっしん
2018/04/03(火) 12:33:34 ID: 7a+ksPbh33
もし劉備に降伏していたらどうなってたのだろうか
15 ななしのよっしん
2018/06/26(火) 13:44:49 ID: nvKlEJCPjo
>>13
恐らく張魯伝の「張魯は少容(若々しい容貌)で術師として劉焉に出入りしていた」のエピソードを元にしたんだろう

この一文だけで劉焉大分生臭い男に見えてくる
16 ななしのよっしん
2019/04/28(日) 20:54:11 ID: +e0HU6O45j
そろそろ三國無双に出そう
17 ななしのよっしん
2020/04/12(日) 08:30:25 ID: GC7TPCmKNP
三國志での顔グラフィック麻原彰晃イメージしたものにされてしまっている

急上昇ワード改