殺人

1 ななしのよっしん
2011/02/18(金) 11:53:22 ID: 4Gl9ZJNVR2
が小さい頃「どうして人を殺してはいけないの?」と聞いた。
じーちゃんは「殺された人の遺族が、殺した側の人を殺したくなるからや」と言ってた。

もっともな論理だと今でも思ってる。
2 658
2011/03/02(水) 19:45:45 ID: 0ANrmRQBig
>>1
じゃあ遺族も皆殺しにすればいいんじゃないんですかー、とかマセガキは聞くよね。
3 ななしのよっしん
2011/03/03(木) 10:50:22 ID: irmtmSwl80
記事が簡潔に言い表しててちょっと驚いた
4 ななしのよっしん
2011/03/04(金) 03:14:34 ID: p5ZqUf5eCw
>>2
それはませてんじゃなくてキチガイ
5 ななしのよっしん
2011/03/04(金) 06:31:21 ID: sK5FYn1RzV
生物専攻の生物の存在異議は進化の末最終的にそのの文明を推し進める事だと思ってる。

>>1とか本文だと結局「殺し」自体の非道徳的否定ができない。
道徳の通じない原理義者もどきに説明するときは
「人を殺すということはそいつの何千何万という子孫もしくは将来関わる人が
人類に与えるかもしれない大な利益の可性を永遠に損失させるから」
という。
そうするとにも会わない、子供も産まない年寄りは殺していーのかってなるけど
まだ未熟なにはこの答えが精一杯だorz
6 ななしのよっしん
2011/03/10(木) 22:12:32 ID: Hu5lHLHV/f
>>5
道徳的否定をする必要があるのか?
そんなこというなら人間の生きる意味とかも道徳やら
宗教やらを交えないと結論を出せんぞ?
結局>>1の言うとおりで殺人はとてつもない損を起こすから
やっちゃだめと言うことになっているんだろう。
7 ななしのよっしん
2011/03/18(金) 10:48:46 ID: s8bqMeefqs
一番最後のQ&Aは、なんか腑に落ちない。
人間と全く同じ設計図で人間と同じような生き物人間と同じ成分で作った」
ってそれは普通妊娠出産と同じだろ。
何か特別な処置によって生まれたとかいう区別をつけたとしても、人工受精で生まれた子供はどうなるの?
クローンでも全なものなら普通人間と見分けはつかないはずで、そんなのを殺していい「何か」にしちゃっていいのだろうか。印を付けるとしても「殺していい印」なんて怖すぎる。

法律に「人と認められるのはある一組のから生まれた、固有の体を持つ最初の一個体である」とかあるのかな。
現時点での法解釈の答えが一番下のQ&A
8 ななしのよっしん
2011/03/18(金) 11:16:35 ID: DOuZeidKXz
>>7
人間法律は、ただの多数決で決められた物でしかい。
なので人間に取って都合の良い法律にしかならない。これすごく重要。

まずタンパク質を手で握りつぶすのは違法じゃないよね?
でもそのタンパク質人間の形にして握りつぶすのはどうだろうか?
さらにそのタンパク質などでで限りなく人間近づけたらどうなるだろうか?

ロボットを破壊するのは違法じゃないよね?
でも、そのロボットタンパク質のような有機物で作ったらどうなるだろうか?

チンパンジーを殺したって、在の法律では重い罪にはならない。によっては罪にすらならない。
でも人間の遺伝子とチンパンジーの遺伝子はたった2%の違いしかないらしい。なのにこの違いは大きさはどういう事だろうか。

科学が進めば進むほど「人間の定義」が崩れ、道徳とか自とかぶっ壊れてくる未来が将来必ず来るよ。覚悟した方がいい。
9 ななしのよっしん
2011/03/22(火) 01:01:59 ID: Q+aAHYk7Ms
>>8
タンパク質とか成分の問題というか自や知の問題になってきそうだな。知に基準とかどうすればいいのか分からんが。

法律人間にとって都合のいい法律にしかならないというが、制定したら人権擁護団体とかから批判は確実に起こるだろうし、秩序や治安がありそれなりに道徳倫理が行き渡ってるところなら世論でなおさら強い反発が起きるだろうな。
奴隷制があったり人権なんて考えも碌にない、昔の社会形態ならともかく。

せいぜい体の一部分を複製する技術みたいなものは認められそうだが、クローン作ってからパーツごとに分解みたいな方法はよほど社会が変わってないと認められそうにないな。
10 ななしのよっしん
2011/03/22(火) 01:09:24 ID: LG6RDnCR3p
最後の質問、SFとかじゃ自分のクローンは殺していいことにして殺人を楽しめる、なんて物語が出来そうていうかあるだろうな
11 ななしのよっしん
2011/04/05(火) 20:20:11 ID: Hu5lHLHV/f
>>8
人間の定義なんて常に崩れ続けているような気がするけどな・・・。
12 ななしのよっしん
2011/04/05(火) 20:33:00 ID: MD25wdh4Rm
人間が相対して「こいつ人間だ」と認識するか、
医者が検して「こいつ人間だ」と結論するか、
法律を制定して「こいつ人間だ」と規定するか、
どれか一つでも当てはまるなら人間でいいよ。
13 ななしのよっしん
2011/06/05(日) 22:02:40 ID: Ot0tPVysS3
逆にサイボーグを殺した場合殺人になるのだろうか
14 削除しました
削除しました ID: IZxywZ/LR3
削除しました
15 ななしのよっしん
2011/07/01(金) 06:31:11 ID: RHcHguw4LZ
>>14
おまえ・・・この記事まったく読んでないだろ・・・

そういうことも記事にちゃんと書いてるだろ・・・
16 ななしのよっしん
2011/07/01(金) 06:50:13 ID: zZZH/OB6q0
>>14
クソが嫌なら修正案等を出しましょう
17 ななしのよっしん
2011/07/08(金) 11:10:08 ID: bRrObivTTA
今日学校行ってきた。
日中タイルの照りっかえしが強いのに
人が結構そとで食食べてるんだよね、
殺人級の直射日光浴びながら。
すごいと思った。












予告じゃないよ?だよ?
18 ななしのよっしん
2011/07/13(水) 22:22:44 ID: Feb0z6J+Lv
A:殺人をしてはいけないのではありません。法律を違反するのがいけないのです。

↑これだと、法律に反しない限り何してもいいことになるよね。自分で法律作れる独裁者大喜び。

A:『自分がされたくないことは人にするな』

自殺志願者は何人殺そうが問題?
19 ななしのよっしん
2011/07/13(水) 22:29:37 ID: AvRt2IQL6X
>>18
だから、独裁者は良くないって言われるんじゃねえの?
20 ななしのよっしん
2011/07/13(水) 22:31:39 ID: 5lFoIlYYEX
法律国家殺人を禁止していない
殺人者には法で刑罰を与えると決めているだけだな 命の代みたいなもん
そうでもしないと国家を作るほどの群れになる意味が
21 ななしのよっしん
2011/07/13(水) 22:50:09 ID: AvRt2IQL6X
どうにも解せないのが、難破して食糧もないから
仕方なくくじで決めたを殺して食って生き延びたらが死刑になった話

殺人が、人が死ぬこと社会的な損失を出すにしてもおかしい話だし
いたずらに命を奪ったわけでもない
は同意してないうえに殺しても問題なく
同意のうえで人を殺して食ったら問題だというのはおかしい
22 ななしのよっしん
2011/07/13(水) 22:55:15 ID: Feb0z6J+Lv
>>19
何で独裁者は良くないと思うんだ? その法律には反してないだろ?

法律で決まっているから殺人は悪だ。なんてのは可笑しな理屈だ。
法律道徳の基準なら、その法律は何を基準に決めればいい?
23 ななしのよっしん
2011/07/13(水) 23:00:23 ID: AvRt2IQL6X
>>22
>何で独裁者は良くないと思うんだ? その法律には反してないだろ?

>>18
>A:殺人をしてはいけないのではありません。法律を違反するのがいけないのです。
>↑これだと、法律に反しない限り何してもいいことになるよね。自分で法律作れる独裁者大喜び。
だからじゃねえか?

24 ななしのよっしん
2011/07/13(水) 23:05:48 ID: Q8T5iRP0h2
>>22
普通は利益と快適さじゃないの?
殺人が不利益かつ不快なのはおおむね一致する意見だと思うし
25 ななしのよっしん
2011/07/13(水) 23:14:10 ID: bAlredO65L
あれ、戦争でたくさん人を殺したら
英雄になるんじゃなかったっけ?

>>17

26 ななしのよっしん
2011/07/13(水) 23:14:56 ID: Feb0z6J+Lv
>>23
つまり、たとえ法律に反していなくても”悪”であると言えることがある。即ち法律によって善悪が決まっているわけじゃない。ということが言いたいんだ私は。

>>24
個人の利益と全体の利益が必ずしも一致しないってことが問題。
殺しが好きな殺人鬼にとっては、他の人間の”利益と快適さ”なんて関係ない話だろう。
27 ななしのよっしん
2011/07/13(水) 23:23:31 ID: AvRt2IQL6X
>>26
>つまり、たとえ法律に反していなくても”悪”であると言えることがある。即ち法律によって善悪が決まっているわけじゃない。ということが言いたいんだ私は。
そりゃそうよ
だから、マナーとか常識みたいなローカルルールみたいな決まりや暗黙の了解ができるんじゃねえかな?
法律っていう全体から見てるものだけど、状況や環境によっては法律で決められてないけど、その場にいる人にとって不利になる事もある

>個人の利益と全体の利益が必ずしも一致しないってことが問題。
殺しが好きな殺人鬼にとっては、他の人間の”利益と快適さ”なんて関係ない話だろう。
社会全体にとっての利益と不利益じゃないかな?
快楽殺人鬼を生き残らせたら次々殺される
次は自分かも。っていうのもあるけど、社会を回す人的財産が消えるのは不利益だろ
だったら、人的財産を消す存在はいないほうがいい
28 ななしのよっしん
2011/07/13(水) 23:54:23 ID: Feb0z6J+Lv
>>27
法律にせよ、マナーローカルルールにせよ、”何でそんなルール守んなきゃなんないの?”という根本的な疑問に対する答がめらる点では同じだと思う。
記事では 『ルールを守らなきゃいけないのは、それがルールだからです』 と言っているようにしか読み取れない。これじゃ単なる強弁だ。

社会全体にとっての利益と不利益じゃないかな?
社会全体の利益と、自分個人の利益が反するとき、前者を優先して行動しなければならない理由は何だろう。合理的な理由が有り得るだろうか?
29 ななしのよっしん
2011/07/13(水) 23:59:02 ID: 5lFoIlYYEX
>>28
守んなくてもいいよ、ただ群れの一員としての恩恵は全て捨てないとならないけど
その辺は自由です、自由な代わり、群れが群れるための規則から外れたら同族扱いはされない
殺人を禁忌としているのは同族殺しを禁忌にしないと群れられないから
30 ななしのよっしん
2011/07/14(木) 00:09:55 ID: Feb0z6J+Lv
>>29
”群れの一員としての恩恵” が必要ない人間は、道徳にとらわれる必要はいと言えるかな?
例えば、余命わずかな人や自殺志願者、絶対的な権を持っている独裁者なんかはどうだろう。
絶対にバレない自信のある犯罪者も、”群れの一員としての恩恵”を失うことは恐れないだろうね。