激突!

1 ななしのよっしん
2012/01/17(火) 22:29:31 ID: i2Cv6UMtqT
マイナーだと勝手に思ってたけど結構有名な作品なのね。
2 ななしのよっしん
2012/05/15(火) 22:17:20 ID: lVzCedrt5v
機械のある方
3 ななしのよっしん
2012/08/30(木) 23:40:32 ID: 542WhWtMFO
スピルバーグトラックを並べてオーディションをしたらしいね
それであの古いボンネットトラックを「面構えがいい」と採用した
4 ななしのよっしん
2012/10/06(土) 03:44:03 ID: 84IYaB+Dp2
いつだったかチャンネルを回してたら偶然出会った作品だ。
かったなぁ↑↑
その時ちゃんと作品名を確認していなかったけど、大百科チャンネルを回してたら偶然出会ったこの記事のおかげで作品名が分かった。
この記事のには盛大に感謝したい。
5 ななしのよっしん
2012/10/21(日) 14:19:08 ID: FIzk47VY/v
>>3
監督インタビューを確認する限り、7台のトレーラーオーディションしたうち、ボンネットトラクターヘッドってあれだけだったみたいですな。
後は全部今体(キャビンの下にエンジン)だったようで。

>>4
どういたしまして。私の心の映画の一つです。
6 ななしのよっしん
2013/02/22(金) 10:13:08 ID: Rn2P0O1EZU
ドリームキャストゲームの「北へ。」に出てくる椎名さんのルートでこれが…
7 ななしのよっしん
2013/03/01(金) 23:14:02 ID: E6fCLk0Pf+
>>3
自分もあのオンボロトレーラー大好き。(メカニカルな感じが好み)
あのトレーラーに限らずこの映画全体の「ああ、アメリカだなぁ」と感じる要素(風景とかガソリンスタンドとか貨物列車とか)も大好き。

あと、DVDについてた監督の「トレーラーナンバープレートが何枚もあるのは、他のを殺るたびに記念として増やしたという設定」という話にはゾクっとしたよ…
8 ななしのよっしん
2013/03/06(水) 20:30:15 ID: 4ieCOvrztq
>>sm20190150exit_nicovideo
9 ななしのよっしん
2013/11/15(金) 11:48:25 ID: BFZQXre50m
この映画を含む所期のスピルバーグは明ヒッチコックの後継者的な立ち位置だったよね。「ジョーズ」もしかり。

しかし、SFファンタジーや冒険映画好きの側面が徐々に顔を出して、80年代の、あの狂熱の全盛期が到来することを考えると、世間で思われているほどは、スピルバーグ映画一枚岩じゃないんだよね。
10 ななしのよっしん
2013/12/07(土) 07:27:30 ID: /iTqDgQ1NT
そういえばたまに前走ってるを煽って激突!ゴッコしようぜと必死で誘ってる人いるな
運良く誘いに乗ってエキサイトしてくれる人に遭遇できればさぞかしスリリングな体験ができるんだろうねっ!

の走ってる近くでやられると困るけどw
11 ななしのよっしん
2014/02/15(土) 07:22:51 ID: BFZQXre50m
いや、それは追いかけっこの合図じゃなくて、競走の合図でっせw
12 ななしのよっしん
2014/05/28(水) 06:31:27 ID: 31d6dDgKTD
この前午後ロードでやってたから見たけどスピード感がすごくよかった
13 ななしのよっしん
2014/06/21(土) 01:56:51 ID: YHHXHLdEP9
どう見てもジョジョ3部のはこれに影されてるよな
14 ななしのよっしん
2014/10/21(火) 00:18:08 ID: kRoYbTc1Fl
先週の世にも奇妙な物語でこれのオマージュと思われる話がやってた。
15 ななしのよっしん
2014/10/22(水) 00:02:24 ID: MJtPpmU+YT
世にも奇妙な物語でやってた走る取的に似てるね
世にものほうは取的つまりお相撲さんでより現実感があって後味も悪かった
16 ななしのよっしん
2014/10/26(日) 01:23:07 ID: 5TC0cgEhS8
>>15
筒井康隆が「激突!」を力士設定でパロったのが「走る取的」
力士中を走り回るのはそれはそれで現実感ないと思う
17 ななしのよっしん
2015/12/19(土) 13:42:35 ID: p5SqA/OqRA
最近原作を買って読んだけど、こっちも非常に面かった……
読んでてこっちの呼吸まで苦しくなるようなスリルが味わえた

で、気づいたんだけど、この記事にも書いてある
「得体の知れない恐怖の対であるトレーラーを、運転手を一切映さずに怪獣のように演出する」手法って
監督の全くの独創かと思ったらそうでもないんだね
原作に下に引用したような記述がある

──

トラックの運転手がスピードあげはじめるのを、マンは恐怖と満足感の入り混じった奇妙な気分で、身ぶるいしながらみつめていた。
相手の意図がまぎれもないことを再確認して、妙に安堵さえしていた。
相手の男の顔と名前を確かめたことも、それに一役買っていた。
漠然としていた相手の不気味な大きさが、そのためになぜか小さくなってしまったのだ。
それまでは、やつは顔も名前もない、未知の恐怖の化身だった。
いまは、一人の人間にすぎない。

──

これ自体も人間心理の妙を巧みに描写した一文だけど、
たぶん監督映画化するにあたってこの部分にヒントを得て、その心理効果を敢えて逆用したんだろうね
18 ななしのよっしん
2018/03/15(木) 22:07:01 ID: E6fCLk0Pf+
Nゲージ鉄道模型でこれのタンクローリーと似たようなものを作ったw

ベーストミーテックのトレーラーコレクション
(キャブ部分:陸上自衛隊ボンネット重トレータタイプ
(タンク部分:三菱ふそうスーパーグレート 26klローリー

キャブ部分は横幅がありすぎるので輪を通常のものに換装し、輪上部のカバーを少し削る、後ホイッスル銀河モデル電車用がある)装備、ボンネットヘッドライト銀河モデル蒸気機関車標識加工)つけて、バンパー除去してプラ材でつけなおし。
ローリー部分は上部の転倒防止の突起を削り、プラカバーを作り床下の配管なども除去。
色に塗装して出来上がり・・・まあ右ハンドルだけどねw
19 ななしのよっしん
2018/09/01(土) 19:24:46 ID: XWY7eZ2yxF
約半世紀前に煽り運転の恐怖を描いた映画があったとは