火垂るの墓について語るスレ

1 : ななしのよっしん :2010/05/18(火) 11:45:36 ID: j93kK2lWrg
節子、それドロップちゃう!おはじきや!
2 : ななしのよっしん :2010/05/18(火) 11:53:22 ID: Rz/b8OGjtX
この映画見てるとなぜかカルピス飲みたくなってくる
なぜだ・・・
3 : ななしのよっしん :2010/05/18(火) 12:05:25 ID: xGOptbY+g2
一度見るだけで十分な映画
一度見たらもう二度と見たくない映画
一度見ただけだけど一生心に鮮明に残る映画

主観です
4 : ななしのよっしん :2010/05/26(水) 20:25:17 ID: Ccw4HYJ3n0
最初小学校で見た時、終わった39℃の熱出して保健室に運ばれました
帰ったら治ったけどw
5 : ななしのよっしん :2010/06/16(水) 00:02:15 ID: j3w/zmAV14
これトトロと同時上映だったのかよ、ありえねえ・・・!!
いったい何故そんなことに。
6 : ななしのよっしん :2010/06/18(金) 22:45:24 ID: dmLoFljU7V
アメリカの新兵の間で、バツゲームとして「火垂るの墓を見る」って話が
海外の反応シリーズかなんかで紹介されてて、ちょっといい話だと思った。

高畑監督好きなんだけど、山田くんで(行的に)コケて以来大舞台が…。
7 : ななしのよっしん :2010/06/18(金) 22:55:30 ID: bBF5g8ohnS
これにちょっと笑った。

高畑勲リアリズム志向により、1945年時の風が忠実に再現された。作画に参加した庵野秀明が、神戸港での観艦式(清太の回想)の場面の軍艦高雄重巡洋艦摩耶」)を出来るだけ史実に則って描写する事をめられ、舷窓の数やラッタルの段数まで正確に描いたという逸話が残されている。もっとも完成した映画ではすべて影として塗り潰され、野の努は徒労に終わった。
8 : ななしのよっしん :2010/07/04(日) 16:03:38 ID: dNihHIdlrk
だめだ・・・もう見るたびに泣いてしまう・・・
9 : ななしのよっしん :2010/07/05(月) 12:02:16 ID: i8gZHOI/N0
包帯グルグル巻きの死体にたかってるシーンで吐いて以来1度も見てない
10 : ななしのよっしん :2010/07/14(水) 05:38:59 ID: XGC5SPtY6F
物語なんだから多少の救いはあってもいいだろう、と思うんだけど
何ら救いがないよなぁ。写実的すぎて好きにはなれん。
11 : ななしのよっしん :2010/07/24(土) 02:03:41 ID: D9/e3ffVIm
ほとんど毎年金曜ロードショーでやってたはずなのに20世紀少年がでしゃばるせいで(かどうかはしらんが)やらないっぽい。
今年は泣けない・・・オレ(´;ω;`)カワイソス
12 : ななしのよっしん :2010/07/31(土) 09:41:08 ID: ThYyuziofH
この作品で泣けるってのが分からんのよなー。
何度も見て何度も泣くってなると尚更。
ただただ衝撃的だった
13 : ななしのよっしん :2010/08/19(木) 01:06:51 ID: nG471DAnk0
>14歳と4歳の子供に一般常識めるのは酷な話

4歳にはめないけど14歳にはめるだろー、今の学制や社会とは違うんだぞ
14 : ななしのよっしん :2010/08/19(木) 01:50:22 ID: CZhRs06Oae
>>12
泣けるというよりはハートフルボッコな作品だよなぁ・・・小学生の時に初めて見た時はトラウマになった。可哀想とか思う前に、ひたすら怖くて仕方なかったわ。

反戦の意図で作った物ではないと聞いたけど、これを見ると戦争が嫌になるという作品ではあった。
>>6の使われ方は笑う所なのかつっこむ所なのか、複雑だw士気が急降下しそう・・・


15 : ななしのよっしん :2010/09/19(日) 02:17:38 ID: X1lIGVtNeU
バイトから帰って来て遅い晩飯食ってるとちょうど節子が泥団子を清太にあげるシーンでさ。
おから炊いたんもあげましょね」の台詞を聴きながら食う晩飯、あれほど罪悪感に苛まれる晩飯はなかった。

今の世の中も前途洋々ってわけではないけど、子供がちゃんと飯食って学校行ける社会ってのは幸せなことなんだよな。
16 : ななしのよっしん :2010/10/18(月) 23:32:13 ID: 8z7ZOtMnOY
清太は可哀想だしおばさんは許せないけど
が彼らを預かる立場で毎日何もせずゴロゴロされたら
「少しは事くらい手伝えよ!」とかは思うだろうなぁ。

学校襲で破壊されて行かなくていいとしても
「炊事、洗濯」くらいは手伝おうよ・・・それだけでもかなり違ったと思うぞ。(西宮のおばさんは元々優しい人なんだし)
17 : ななしのよっしん :2010/10/27(水) 11:45:48 ID: 7PdPWQMNcT
>>5
たしか、当時の宮崎作品はナウシカラピュタで名前こそ知られて入るものの、いまみたいに単発で売り出せるほどの人気はなかったんだよね。
18 : ななしのよっしん :2010/11/08(月) 21:12:18 ID: FobYarKZ7Y
>>16
上の解説にも描いてるけど、清太が大佐息子だったからじゃないか?
環境的にある程度恵まれて育っただけじゃなくて、女のやる事だのを男がやる時代でも柄でもかったんだと思う。
だからって清太が常識も知らない出来の悪いボンボンかって言ったら、そんな事はいんじゃないかと。映画の最初にはにある食料や重品をちゃんと庭に埋め母親を心配しを世話し続け、「日本男児」としてはしっかりしてる方の教育は受けて育ってたんじゃないかな。

それでもやっぱり庶民からしたら世間知らずで、ああいう結末になっちゃったけど。
19 : hiroya :2010/11/27(土) 17:00:39 ID: HrMWoDT2xh
叔母さん、清太を見送るときそんな顔してたっけ?

の印だと随分淡々として別に寂びしそうに見えなかったが
20 : ななしのよっしん :2011/01/20(木) 09:33:29 ID: CVoLDliwx/
>>19 表情はどうにせよ、きちんと見送ってるって事が大事。
21 : ななしのよっしん :2011/02/11(金) 20:26:19 ID: w1TooS+2G2
開時、製作が間あわなかったのでラッシュ部分入り上映がだったって有名な逸話があるけど
今日ラジオでその上映を観たって人の話が読まれてて、本当なんだと驚いた。
当時、劇場で観たけどそんな部分観た記憶がなかったから、イイ加減な都市伝説だと思ってたんだがなぁ
22 : ななしのよっしん :2011/02/24(木) 22:57:18 ID: Sn3G8vpatf
ただひたすら酷い人生主人公ってだけの作品。
名作でも何でもない。駄作。
23 : ななしのよっしん :2011/02/24(木) 23:04:51 ID: yVvYWHtcaL
さすがに駄作ではないだろう
24 : ななしのよっしん :2011/03/05(土) 16:11:59 ID: XGC5SPtY6F
とりあえずエンターテイメントではないよね
なんつーか心をの棒で思いっきり動かなくなるまで殴って終わり、みたいな
25 : ななしのよっしん :2011/03/22(火) 11:22:34 ID: BiDHjTZ0Xv
vipにあったSS
節子…それ、ドロップやない、オハジキや
名作
26 : ななしのよっしん :2011/03/31(木) 08:19:04 ID: 82W4w6K5Rv
一言で感想を述べるなら「罪を憎んで人を憎まず」
27 : ななしのよっしん :2011/04/10(日) 03:48:32 ID: grNTOGI8RH
「反戦映画ではないしそんなメッセージを盛り込んだつもりもない」
高畑勲が言ってたと聞いて驚いた
やっぱり才人の思考ってパンピーには安易に読み解けないんだな
28 : ななしのよっしん :2011/04/14(木) 00:39:48 ID: tfF9Lrjl6A
名作でも駄作でも戦争に対する賛否や哲学があるわけでもない、と、思う
ただただ現実が描かれただけで、初めて観た小学生当時に大泣きした

毎年お盆に放送してさ、子どもは観といた方がいいと思うんだ
29 : ななしのよっしん :2011/04/14(木) 01:02:01 ID: xGOptbY+g2
パンピーが見るための映画なのにパンピーに伝わらなかったら意味ないな
理解してもらえなかったのに「本当はこうなんだ」って言われてもただのオナニーじゃん
30 : ななしのよっしん :2011/04/23(土) 22:49:40 ID: grNTOGI8RH
>>29
意が伝わってないからってまったく意味がないわけでもないと思うがなあ
まあ>>29オナニーにしか思えないというなら>>29にとってはそうなんだろうけど
キーワード「火垂るの墓」でニコニコ動画を検索
タグ「火垂るの墓」でニコニコ動画を検索
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス