福沢諭吉

61 ななしのよっしん
2013/03/12(火) 18:31:53 ID: LEBfrq0uUK
福沢自身最初から朝鮮を見放していたわけではない。実際若者の運動に対して支援をしていたわけだし。それが頓挫してからあきらめざるを得なくなったけど。
ただの朝鮮嫌いだったらそんなことはしてないだろう。
62 ななしのよっしん
2013/03/12(火) 20:09:51 ID: hf372bpGrf
東洋の価値観が保てばいいけど、
それがいかに非合理かつ変革を拒む体制になってたかを嫌というほど知ってる世代だもの
そんなもんに固執してるらの面倒はもう見きれないとかが言わなきゃしょうがない
63 ななしのよっしん
2013/03/14(木) 17:36:17 ID: jdxcNcfHzT
脱亜論でアジアの友好を乱す福沢諭吉
ネトウヨの総大将ですね…
これは大問題…
64 ななしのよっしん
2013/05/01(水) 01:42:35 ID: lWzXDWSdTc
そもそも脱亜論は福沢諭吉が書いた可性は高いようだが、記事自体は名前が記名の新聞の社説なんだよなあ。朝鮮開化支援しといて、それが失敗した匿名朝鮮批判ってどうよ。まあ皆殺しにされた開化の敵討ちとして朝鮮批判するという感じだったかもしれんがそれだとネトウヨさんにとっては都合が悪いわな。
65 ななしのよっしん
2013/05/30(木) 23:59:02 ID: ASgagtT+Gz
高身長イケメン
・洋学も儒学も修めたインテリ
大学理事長でお金持ち
関西弁

これだけ見ると何処ぞの乙女ゲーに出てきてもおかしくないな。
66 ななしのよっしん
2013/06/29(土) 16:38:54 ID: Ms09BwyL9X
福沢諭吉は外交的リアリズム日本に持ち込んだって言うところが偉大なのではとは思う。
脱亜論がその契機であり、学問のすすめはその集大成でもある。
西洋化されていく世界のなかでの生き残るための外交方針を打ち出したわけだ。

そういう意味では日本の、思想面の近代化を進めた偉大な人物ではあるが ……
個人的にはどうも全に亜論から脱却できてなかったような印を受ける。
その面が後世に日本人間で現れたのが大東亜共栄圏思想だったって感じ。
最後まで「アジア人」という精共同体の存在を信じてたような。
67 福沢諭吉
2013/09/26(木) 10:11:00 ID: akKNNmpL+5
復刊ドットコムに『脱亜論』の文庫化がリクエストされておるぞ。
投票に協していただきたい。

『脱亜論』文庫化リクエスト投票ページ
http://www.fukkan.com/fk/VoteDetail?no=56587exit
68 削除しました
削除しました ID: jEVObwb7cY
削除しました
69 ななしのよっしん
2013/12/14(土) 20:49:55 ID: hf372bpGrf
居合は結構な腕前だったらしい
70 名無し
2013/12/24(火) 15:08:36 ID: H4HdzZ9c0W
>>63
ネトサヨ最大の敵は一万円札の肖像画になるほどの偉大すぎる偉人
さあどうする?w
71 ななしのよっしん
2013/12/31(火) 04:32:40 ID: GZWwEGz77u
>>65日本の偉人を攻略とした咲く情緒の恋物語を作ろう(提案)
72 ななしのよっしん
2014/01/08(水) 11:02:30 ID: WbWc6pdbjX
貧しいつっても、あくまでごくごく少数の武士階級のなかの話であり、蘭学塾に行けるような知識階級だったからね。

大多数の人間名字も持っていなかったし、人身売買はごく当たり前だったし、文字も書けなかった時代だということも忘れてはならんだろう。文字を持たないということは、大事件でも起こさないかぎり、後の世に歴史として残らないということなんだから。
73 ななしのよっしん
2014/01/08(水) 11:05:15 ID: WbWc6pdbjX
ところで、福澤翁の「脱亜論」は、のちの「大東亜共栄圏」に繋がる(亜細亜義)に対抗するかたちで、記名で出されたということも、やはり常識として知っておかねばならない。

なんといっても、ヨーロッパ近代(とくにイギリス)の啓思想に開眼して、東洋の後進性を嘆いていた福澤の思想は、民権運動と、その先の大正デモクラシーの挫折というかたちで、結果的に敗北したんだから。その後になにが起こったかはご存知の通り。

初期の慶義塾は、次代を担う官僚の養成をしており、それを実質的に引き継いだのが正しく東京帝国大学法学部だったわけだけれど、形式(建前)的な四民等と、実質(本音)的な経済格差の著しい乖離が、その後の義者による反大・反官僚運動(最近も似たようなフレーズを聞きますね)であり、二・二六の青年将校運動や血盟団の昭和維新でありに結実していった。

要するに、近代義(天皇機関説)は、反知性義(天皇権説)の熱狂に化されたわけだ。

いま、こうして福澤翁がられるとき、こうした時代背景はどれだけ加味されているのだろうか。
74 ななしのよっしん
2014/01/08(水) 12:00:14 ID: WbWc6pdbjX
そうそう。
福澤思想を徴するタームに「独立自尊」(これは慶義塾の標でもある)が挙げられるが、これを福澤は「洋ふヂグニチーなるもの是なり」(漢語調!)としている。

「ヂグニチー」とは、すなわち dignity (尊厳)のことで、すべての人間にこれが認められるべきとった J・S・ミル に触発されたものらしい。

福澤翁は、実際に翻訳でもあるが、西欧近代自由思想を、江戸幕府の御用学問であった朱子学のようにしたかったわけだ。そして実際にそれは東大(慶義塾が別のを歩んだというのは重要)へと受け継がれる。

福澤翁をはじめ、維新から明治にかけての知識人は、それこそ大卒でイギリスに留学し、独立自尊=個人義をった現代日本語夏目漱石(旧千円札!)なんかもそうだが、洋学(蘭学)に加えて、幼少の頃より学に親しんでいたということが枢要だろう。

現在日本の「書き言葉」は、洋学の学化を通じて形成されていったというのは、あたりまえといえばあたりまえだが、福澤はじめ近代日本の思想を理解する上でのポイントだ。

漢字で構成された単は、原則的に学由来か、洋学の学化を通じて形成されたものだというのは、たとえば西周が philosophy (直訳すれば「愛知」)を「哲学」と、学に基づいて意訳したことに徴的にみてとれる。

現在では、「役に立たない」「意味がない」とされ、私立大学受験からは外されつつある「漢文」だが、いまでも国立大学入試でかならず「漢文」が出題されるのは、じつは学に触れた経験がいと、日本語(とくに学術のそれ)もわからないからである。

現在でも、校を前身とするような進学校には、学に基づいた校訓を掲げているところが少なくないが、これもその名残なんだな。
75 ななしのよっしん
2014/01/09(木) 01:37:24 ID: i1JkkHfju1
福沢先生に関しては「脱亜論」がよく取り上げられるけれど、日清戦争後に、同じく時事新報上に署名で掲載された「支那人親しむべし」についてはどう見るべきなんだろう?

干渉で列強(特にロシア)との対立が深まったっていう時代背景からすると、やっぱり状況が変わったことが大きいのかもしれない。「脱亜論」を著した当時は、自らも支援していた朝鮮近代化が、朝鮮の守旧的態度と清の介入のせいで挫折したわけで、福沢先生もずいぶん苛立ちが募っていたのだと個人的に思う。
福沢先生がどのように亜細亜を見ていたのかは、「脱亜論」だけから単純に考えるのは難しいじゃなかろうか。
を通した感じでは、どちらも日本益(独立?)を最重視する点では一貫しているとは感じた。
76 123
2014/01/09(木) 10:32:26 ID: x1RlOdRqoJ
脱亜論の後に支那人親しむべしを書いたのは、当時の中国が頭がおかしいのを理解してる反面で、漢文から得た知識で中国人にある程度の能力があることも理解してた福沢先生らしいと思う。

「あいつら野蛮で頭おかしいから距離を置くべき。ただを発展させるには交流はいずれ必要になるし、なめてたらしっぺ返しを食らうかもしれないから差別はやめとけ。」ってことじゃない?
支那人親しむべし」は日清戦争中国人を見下す傾向が強く鳴った日本人に対する警鐘かと。見下してたら足元すくわれるぞ、と。
まさに今の日中関係そのままじゃないか。
77 ななしのよっしん
2014/01/10(金) 01:44:49 ID: WbWc6pdbjX
福澤も尊敬していた荻生徂のような江戸時代の知識人は、原則的に学の研究者だったんだから、それも当然の話。

ただ、蘭学に転じた福澤は西洋文明にべたら、学を含む東洋は遅れている(組織にズブズブで自立した個人がい)として、デモクラシーをまともに機させるために「近代的な市民」になれとずっと言っていたわけだ。

維新の精を忘却して、西洋に勝てると勘違いしていた馬鹿どもを前にしては、「お前たちに西洋はい」(意訳)だし。というか年経ってもコノザマなんだけれど。

排外的な攘夷を心底馬鹿にしてたし、男女平等を唱えたりもしてるし、やっぱり時代の先を行き過ぎた人。
78 ななしのよっしん
2014/02/24(月) 20:59:48 ID: DPqSaFYj/z
西洋の植民地義を批判していない時点で進歩義者でもなんでもねえよ
アジア蔑視の先駆者
79 ななしのよっしん
2014/03/11(火) 20:34:03 ID: dQFWaymC7M
カードゲームとか課金ゲーやってると最低でも3人は犠牲になるイメージ
80 ななしのよっしん
2014/03/22(土) 01:46:56 ID: Ks4pvPtdJt
今日は「支那人親しむ可し」が時事新報に掲載された日なんですよ
81 ななしのよっしん
2014/05/02(金) 17:55:37 ID: bl2p0UB3HA
最近、脱亜論を熟読して一つの結論ができた。

福沢諭吉ネトウヨだったんだー!!」
82 ななしのよっしん
2014/05/09(金) 21:40:55 ID: cDG1aKd7Ng
ネトウヨの定義ェ・・・
83 ななしのよっしん
2014/05/27(火) 12:46:57 ID: sdUMzrIA+/
>>81
ちがうちがう
あの人はちょっと西洋べったりな欠点があるだけさ
それをいろいろ脚色されて嫌韓アイドルになってるだけだよ
もっとも死人に口はないからあの人の意が何だったかはにもわからないがね
84 ななしのよっしん
2014/05/28(水) 11:45:16 ID: bl2p0UB3HA
>>83
もちろん冗談だよ。
ただヘイト撒き散らしているド阿呆共は論外としても、脱亜論で述べられてた
近隣を「悪友たち」と形容して、彼らと断交すると「ノータッチというタッチ」で物事を進めるべきってのは大いに同感だったね。
方の言う通り、西洋への傾倒も確かに行き過ぎた部分もあったが…
85 ななしのよっしん
2014/06/17(火) 23:39:07 ID: TnPJnLHlvu
本当に「脱亜論」は傑作だよな
学校の必読著書に定してもいいかもしれん
今の中韓見てると恐ろしい程その通りだし
全く進歩も変化もしてないもんなあいつら
本当に予言の書といってもいいな
86 ななしのよっしん
2014/07/02(水) 19:02:00 ID: LEBfrq0uUK
ちょっと中韓に触れたばかりにその手の人間アイドル祭り上げられた心は如何ばかりか…。
脱亜論とか支那人親しむべしみたいな中韓に触れてる文献以外も当然「ネトウヨ」さんたちは読んでるんだよね…?
87 ななしのよっしん
2014/07/02(水) 20:16:10 ID: EdRSrGlcx2
まあ思想なんてそんなもんなんだけどね、洋の東西問わず。
だから「◯◯という思想の言ってることは正しい!」ってことばかり高唱する取り任せると大概ロクなことにならない。
88 ななしのよっしん
2014/07/03(木) 14:04:10 ID: CrVhe27niU
脱亜論は曲解されてるよね。決して「中韓バカ」ばっかり言ってたわけじゃない。福沢先生が言うのは「当時のアジアという状態」から抜け出せってことじゃないの?それから100年がたち、確かにアジア全体が“植民地アジア”から抜け出し、独立することができたね。西欧かぶれではあるが、アジアをおもんぱかる人間でもあったという。
89 ななしのよっしん
2014/07/05(土) 13:51:40 ID: TnPJnLHlvu
ネトウヨの親玉とか言ってるらは視で
実際に読んでみても本当に至極当でその通りなんだよな
中韓のみではなく徳幕府も批判してるところが
進まず変わらずに現実を見ない連中を叱している
これは一万円札に変わらず載せられ続けるわ。夏目漱石、新渡戸稲造・・・
90 ななしのよっしん
2014/08/03(日) 10:04:26 ID: OIO82W7yhy
福沢諭吉もまさか自分が一万円札になるとは夢にも思わなかっただろうな

急上昇ワード

2019/12/12(木)13時更新