自己言及のパラドックス

121 nの3乗
2016/11/10(木) 22:38:52 ID: rDGY2XT4wW
オフ会0人
122 ななしのよっしん
2016/11/11(金) 07:39:45 ID: glok+k/nQ1
大物YouTuberが「私は嘘つきだ」と言ったと仮定する
この言葉が「真実」の場合、しか付かないのに真実を言った事になり、頭がおかしいという事になる
この言葉が「」の場合、正直者なのにを言った事になり、頭がおかしいという事になる
つまり、「私が嘘つきだ」が真実、どちらにしても大物YouTuberは頭がおかしい
大物YouTuberを救う方法はいのだ
123 ななしのよっしん
2016/12/15(木) 17:15:55 ID: qoWBbogyhS
悩みがないことが悩みである
これも自己言及のパラドックスになる?
124 ななしのよっしん
2016/12/15(木) 17:22:31 ID: ThEk8vCS6x
匿名掲示板に書いてある事なんて信用するな
125 ななしのよっしん
2017/01/15(日) 23:58:24 ID: ijKx+Yo6yV
懐疑義の信仰
126 ななしのよっしん
2017/02/11(土) 14:12:45 ID: FYoMVpOC9l
この言葉聞くとタチコマ思いだす
127 ななしのよっしん
2017/07/06(木) 16:29:08 ID: HqO0Fsm/6S
「クレタ人のパラドックス」の、自身が含まれる集団の偽を言及することによって、自身の発言そのものの偽が不確かになるってのはまぁ分かるんだけど(さらなる考察よくわかんない)、
概要の「この文は偽物である」の偽ってどういうことなの
・「この文は偽物である」()→この文は偽物
・「この文は偽物である」()→この文は偽物でない
で終わりじゃないの?難しい……
128 ななしのよっしん
2017/07/06(木) 17:14:51 ID: ijKx+Yo6yV
>>127
メタを導入してるようなのでそれでおk
そんな感じで文そのものの言及について同じ階層レベルとして捉えない解釈をするという解決方法もある
129 ななしのよっしん
2017/07/06(木) 22:41:32 ID: pGdyKpYDP6
文章に対して偽物という表現自体がまず良くないわな
偽の文字使いたかったのかもしれんが「この文はである」の方が分かりやすい
んで「この文」がすものが「この文はである」自体という前提で読めば分かるんじゃないかね

まぁそれ以前に背理法の下りがデタラメだったり改行全然しないせいでくっそ読みにくかったりするわけだが
130 ななしのよっしん
2017/08/25(金) 10:50:22 ID: NdBInJIiJz
S:この命題ではない
背理法を試す。Sはであると仮定する。
①S 仮定
②¬S Sの意味から
③S∧¬S ①と②から連言導入規則→矛盾
結論:¬S ③から背理法→①の否定
Sはではないことの了。でもこれはSは「Sはではない」というなので、なることを述べている。ゆえに矛盾

131 ななしのよっしん
2017/08/25(金) 10:51:25 ID: NdBInJIiJz
Sはではないと仮定する。
①¬S 仮定
②¬(¬S) ①からSの意味により
③S ②から二重否定規
④¬S∧S ①③から連言導入規則→矛盾
⑤¬(¬S) ④から背理法
結論:S ⑤から二重否定規
Sはであることの明。
132 ななしのよっしん
2017/08/25(金) 10:52:52 ID: NdBInJIiJz
Sをではないと仮定しても、Sをであると仮定しても矛盾する。
但し背理法は仮定である、ゆえに仮定の否定しかできていない。よって明出来たのは「Sはである」ことはないこと、「Sはではない」ことはないことの2つを明しただけ。結論はSは「である」と「ではない」との中間状態にある。しかしこれは排中に違反する。
すると他にあり得るのはSは命題ではないと考える。S:「xという命題ではない」という命題関数の一例と見る。
であるという述Φとする。Φxは命題を変更とし、xになる命題を入れるとなる命題を生じ、偽なる命題を入れると偽なる命題を生ずる命題関数である。すると、「この命題ではない」は¬Φxという命題関数である。
「この命題ではない」の中の「この命題」はS全体だから、¬Φx自信に¬Φxを適用していることになり、Sは¬Φ(¬Φx)という事を述べている。命題しか代入出来ないはずの¬Φxのxに命題でないものを代入しているのがS。
xは命題であるという意味論的前提にした場合の解法。
133 ななしのよっしん
2018/02/06(火) 13:45:00 ID: dwUOJYQYzv
どこでもないゾーン
134 ななしのよっしん
2018/02/14(水) 00:14:57 ID: oYs8T3lSvZ
「S:この命題ではない」
この命題とこの命題中の「この命題」は厳密には違うものではないでしょうか。
この命題(外)=「この命題(内)」
--------------------------------------------------------
「この命題」をだと仮定すると「この命題ではない」ではないので「この命題」は偽となりこの命題である。
この命題は「ではない」ことがである。
よってこの命題である。

「この命題」を偽だと仮定すると「この命題ではない」なので「この命題」はとなりこの命題は偽ではない。
この命題は「ではない」ことが偽ではない。
よってこの命題である。
--------------------------------------------------------
「私は嘘つき」は嘘つきであることを正直に言った嘘つきであり正直者ではない。みたいな。
135 ななしのよっしん
2018/02/14(水) 11:19:00 ID: oYs8T3lSvZ
何が言いたいかというと
自己言及の際に自己以外の要素が加わるので成り立たない
のではないか?ってこと
136 ななしのよっしん
2018/02/22(木) 15:04:04 ID: 03XCcwd6t9
「何を言ったか」ではなく「が言ったか」が重要である。

っと、ネット匿名レスする。
137 ななしのよっしん
2018/06/27(水) 10:35:20 ID: stQmMM8KFS
「この文は誤りです」
(考えるな考えるな考えるな…)
138 ななしのよっしん
2018/06/27(水) 11:01:36 ID: uwLHuNHzdX
この命題は偽か矛盾しているか定義不能のいずれかである。

矛盾えた矛盾
139 ななしのよっしん
2018/12/02(日) 13:47:20 ID: Iw5gr40mQy
原典の聖書のこの文の本質って、謙虚さだと思うんだ。

謙虚さは当人が自覚した時点で謙虚じゃない。
自分はひたすら劣っていると考え続けていること。
それこそが他人から見たら謙虚だってことじゃないかな。
140 ななしのよっしん
2019/06/14(金) 23:34:47 ID: hhECBsp1/W
この自己言及のパラドックスって「所在」以前にそもそも人の論理性にも限界があるから、の事さえ触れる事も意味もないってことになるよな。
141 ななしのよっしん
2019/08/09(金) 14:30:16 ID: tenklHZUWD
>>140
論理限界の外を「」と見なす理由は
でも悪魔でも妖精でも、見えざるピンクのユニコーンでも飛ぶスパゲッティモンスターでも、ぼくのかんがえたキャラでもおk

https://bit.ly/2K1reV4exit
の逆説
もし全が、<<論理越した>>である(または<<(全者)の“論理”>>である)と言うなら、全とは、「四い丸」のような形をも作成できる<<非論理的>>である。この場合、全についての議論等から論理を切り捨てることになる。
者が<<論理越した者>>である(または<<秘的な“論理”に基づく者>>である)とすれば、論理の外側に居る者(全者)は、であっても、悪魔妖精見えざるピンクのユニコーン飛ぶスパゲッティモンスター等であっても良い。この場合の<<全者>>の意味は結局、<<非論理的な者>>だからである。
142 ななしのよっしん
◆/SMn4z7Cts 2019/08/30(金) 23:28:46 ID: Iiebm1puqK
>>137
w「あー…イエスと答える。
143 ななしのよっしん
2019/09/22(日) 21:17:01 ID: fcbd1Zk9T/
>>91
否定的意見はみ上げられ場に残る
意見を出した者は場から除去される
144 ななしのよっしん
2020/03/09(月) 12:16:30 ID: a/kb0tl4kE
「あなたはこの質問にイエスと答えますか?」に「ハンバーグ」と答えたらどうなるの?
145 ななしのよっしん
2020/06/23(火) 17:08:08 ID: zlMlE9tlbN
>>144
模範:質問にはイエスノーで答えんかァァァ───ッ!!!
対抗:その質問の答えが「ハンバーグ」になる。

シュレーディンガーの猫はあんま関連なくね・・・?
146 削除しました
削除しました ID: OT1gqdJ9CE
削除しました
147 ななしのよっしん
2020/07/22(水) 15:08:57 ID: fcbd1Zk9T/
Q.あなたはこの質問にイエスと答えますか?

イエスであるか、はたまたノーであるか、いずれにしろ私がどちらかはっきりした答えを明確に方に返す事は間違いありません」
イエスと一言だけ答える概算が極めて高い」
「もちろん大丈夫です!」
「あなたのご想像通りです」
「少なくとも私の答えがノーとなる余地は一切ないと期待して下さって結構です」
「いいか!この際はっきり言ってやるが私はその質問にどんな回答も答える事はないし、これ以上あなたとはいかような質問のやり取りも発生する事はない!どうだ、わかったか?」
148 ななしのよっしん
2020/07/22(水) 15:14:33 ID: fcbd1Zk9T/
>>147
概算じゃなくて、算とか蓋然性だったわ

おすすめトレンド