誕生日のパラドクス

1 ななしのよっしん
2009/10/26(月) 00:01:38 ID: jUKUknIjCi
この誕生日のパラドクス、自分なりに実感と乖離している理由を
考えてみたけど、頭にある「集団の数」数と実際「40人のクラス
」てのが多少乖離している可性があると思います。
実際自分の場合(まあ単なる個人経験であるのは否めませんが)
誕生日まで詳しく知っている友達または知り合いというのは二桁も
居なくてまた関心もそこまでありませんでした。
もしそういう人が多数を占めているとしたら実際見聞きして実感
する「集団」での中では、wikipeのグラフによれば、自分の場合
多くて10%AAの場合の実感は17,8人位ですかね?)の確率、これ
は自分の実感としては10%以下またもっと低いと感じているので
大体合っているとは思います。
ですから、実際40全員誕生日把握し、また幾多のクラス替え
を経てもそれを繰り返し「実感」として感じているならこれは
パラドクスでも何でもい、可性もあるのでしょうか。

まあ一つ、戯言と思って下さい。
2 ななしのよっしん
2009/11/01(日) 16:53:23 ID: 0if1eg1XeE
その理屈だと「40人のクラス」を「1000人の学校」に置き換えても直感的数字は大して変わらないことになる。(みたいに他人の誕生日を覚えない人間にとっては)
個人的には自分と同じ誕生日人間がいる確率を考えちゃうからだと思う。
3 ななしのよっしん
2010/01/03(日) 01:25:45 ID: f4dr51k6tp
高校数学教師で、毎年このパラドックスを実際に試している先生がいた。
(授業しろって話だがwww)
の時は1組いたなあ。
理屈では分かっててもびっくりする。
4 ななしのよっしん
2010/06/13(日) 20:03:50 ID: XfoPFZ6clO
なぜ関連項目ロリコンwww
5 ななしのよっしん
2010/08/19(木) 19:02:16 ID: K0DwPhcrhD
記事にある前提条件を否定してしまうと、
実際の別出生には、9月が高く3月が低い、という傾向があるので、
本格的に統計を取ってみたら若干誤差が生じるはず。

で、なぜ実際の別出生にばらつきがあり、
そして9月ダントツで高いのかというと、
そりゃあヤリスマスの存在ですよ!
6 ななしのよっしん
2010/12/08(水) 11:31:52 ID: xUPQCCd3J0
「ある特定の個人とかがかぶる確率」ではなく、かぶるのはでもいいからだと思う。
感覚的には、つい前者で考えてしまう。
7 ななしのよっしん
2010/12/08(水) 11:36:47 ID: jF/Ng5ni/O
子供手当が子供のためにならなかったり
児ポ規制犯罪数増加につながったりするのもこれに似てるかも
8 ななしのよっしん
2010/12/08(水) 12:00:17 ID: xUPQCCd3J0
あ、ちなみに>>2
全然関係ない話だけど、
1000人だとパラドックスとかそういう問題じゃなくて問答用で100%になる
正確には365人を越えた時点で誕生日かぶらないことはできない
これをの巣原理という。
9 ななしのよっしん
2011/01/08(土) 22:08:13 ID: Z2r8SomRym
ところで、これ本当にパラドックスって言えるの?
10 ななしのよっしん
2011/02/06(日) 17:31:45 ID: tSe8eA7Jx8
直感と事実が対立するとき「パラドックス」と言う例ならあるね。
フェルミのパラドックスとか。
宇宙の広さ・年齢を考えれば科学の発達した異人が地球に来ていても不思議じゃないのに(直感)、
実際はそんな跡が見えない(事実)というやつ。

誕生日」の方はあまり不思議を感じない…
>>2>>6の言うことに尽きると思う。
そして、感じない人にはパラドックスは発生しようがない。
11 ななしのよっしん
2011/03/07(月) 13:29:21 ID: EV8W8Q4+1B
この法則、大数の法則とも言うよね
ソース戯言シリーズ
12 ななしのよっしん
2011/03/07(月) 13:46:38 ID: 0if1eg1XeE
えっ?
13 ななしのよっしん
2011/03/16(水) 20:16:54 ID: dJB6lCF9Kk
>>11
全然違う。
大数の法則誕生日で表現するなら、
人数が多ければ多いほど、
誕生日の分布が365分の1に近づいていくっていう法則だ。
もちろんこの場合は統計とかは視してるが。
14 ななしのよっしん
2011/03/23(水) 23:59:21 ID: Kkva16yTsF
数学ロリコンと聞いた事はあるが、なぜこの記事なんだろう。分かる人よろ。
15 ななしのよっしん
2011/05/04(水) 07:09:07 ID: hcxB0hGKE1
何らかの矛盾が生じていて偽である命題は「パラドックス」、
直感と反するがである命題は「ジンクス」と言うのだと思ってたけどそんなに厳格な違いはないのか
16 ななしのよっしん
2011/05/04(水) 07:14:53 ID: hcxB0hGKE1
ごめん、「ジレンマ」だった
17 ななしのよっしん
2011/06/23(木) 06:30:46 ID: Uf/WIsKzQs
>>9
パラドックスの記事によると

数学哲学の分野では「一見間違っていそうだが正しい説」もしくは「一 見正しく見えるが正しいと認められない説」等をして用いられる。』

だそうな
18 ななしのよっしん
2011/09/07(水) 17:49:43 ID: ekayxOMj4O
バナッハ=タルスキーパラドックスもあるしな
19 ななしのよっしん
2011/12/04(日) 20:56:23 ID: AYRgAJndut
これが一見おかしく感じられるのは、「自分」と他のかが被る確率で考えてしまうからだと思う

つまり>>6の意見に同じ
20 ななしのよっしん
2011/12/11(日) 10:36:03 ID: GRpk4e7y5z
#ifdefとかwww

どうせ#endifを書くくらいなら#ifndefと#elseの方が正しい気もするがww
21 ななしのよっしん
2011/12/26(月) 09:54:22 ID: flMDzWHHI0
>>3
クラスでもやったが、奇跡的に一組も被らなかったな。
この違和感数学的に考えるか、事的に考えるかの差だよな。
22 ななしのよっしん
2012/01/21(土) 09:33:24 ID: YtzZebXMIs
大雑把365*0.08≒29とすると

当たりが8か所ある100マススクラッチで、
11回連続ハズレを引けるかと言われたら
大体の人は直感的に「難しい」と思うはず。

考え方次第だけど、この命題イメージとのギャップ差が面いよね

23 ななしのよっしん
2012/04/19(木) 22:29:11 ID: 5uEFu8paOn
>>5が正しいとすると被る確率がさらに上がる?
というか冷静に考えたら40人に対して365日って少ないな
9倍ちょっとしかないじゃないか
24  
2012/05/19(土) 22:16:39 ID: TfIiay62Ns
1~365までのルーレット40回も回して、1度も値が重複しない可性と考えると、確率が低いのは直感的にも良く分かるんだけどな
25 ななしのよっしん
2012/05/21(月) 16:40:47 ID: 0if1eg1XeE
http://www.e-stat.go.jp/SG1/estat/List.do?lid=000001082326exit
ここのデータから計算すると、2010年に最も多く生まれたのは7月(8.68%)で少なかったのは2月(7.59%)で差は約1%40クラスなら0.4人
あんまり意味のある差はなさそうだ

ちなみに出生率9月が一番大きい
26 ななしのよっしん
2012/07/11(水) 21:29:03 ID: jF/Ng5ni/O
ユングシンクロニシティとかもこれなんじゃないの?
詳しい人おしえて
27 ななしのよっしん
2012/08/09(木) 17:23:41 ID: ZdZ6KziQ0q
数学的な話は知らんけど世間には人用のイベントデーがあるからな…
28 ななしのよっしん
2012/10/27(土) 00:12:50 ID: hcxB0hGKE1
そりゃあ人間ってできてから9ヶ後くらいに生まれるしなぁ
29 ななしのよっしん
2012/12/15(土) 01:43:07 ID: GqcBU8fKKV
9月が多いのはクリスマスに・・・
30 ななしのよっしん
2012/12/15(土) 01:47:49 ID: jF/Ng5ni/O
イカちゃんかわいい

おすすめトレンド