足利義満

1 削除しました
削除しました ID: 6wbdfgPX3v
削除しました
2 ななしのよっしん
2011/10/14(金) 20:08:46 ID: 9wtjbsTDOA
ちゃうちゃう
政敵に勝つためなら皇室の権威でも日明貿易でも利用していただけ
3 ななしのよっしん
2011/10/21(金) 19:38:03 ID: jMwEUGep6W
最初、明は後醍醐の遺児、懐良親王日本トップだと思っていた。
これは懐良親王大陸との玄関口九州ってたのと、
明は成立したばかりで情報収集をうまくできていなかったから。

おかげで義満は実質的な最高権者が自分だと明に理解させるのに苦労してる。
やりたい放題イメージがあるだけに少し意外。
4 ななしのよっしん
2011/10/31(月) 13:56:18 ID: V0aBdK7q+0
なんかナウい
あと同性愛者?バイなのか?
チャレンジ社会歴史漫画が付いて
世阿弥を見たときさりげなくそれをにおわせることを言ってたが後になって相を知った
5 ななしのよっしん
2011/11/12(土) 02:10:25 ID: F+wt/MuN8Q
>>4
この時代お稚児さんとか男色は普通だからな。男同士はより高尚なお付き合いと考えられていたとか何とか。
でも同性愛者ではない。
義満の女性遍歴はかなり凄まじくて側室もたくさん。
他人のさんを寝取ったとか、親子丼姉妹丼、その他諸々のあらゆるパターンを網羅しているw
6 削除しました
削除しました ID: NdW+i5chPn
削除しました
7 ななしのよっしん
2011/12/12(月) 12:32:17 ID: 9wtjbsTDOA
>>6
伝統中国ってのは名をとって実を投げ捨てる国家だから。対日では卑弥呼以来そんなもの
別に皇帝の命でどっかと戦うとかいう臣従ではなく、単に遠君と認めてくれると皇帝が嬉しいというだけ
最近のネトウヨ皇室世界一の皇帝として諸外の崇拝を得ようとやっきになるのと似たような話。実はない

実際のところ実のほうの貿易は、名の代償に加えて明政府の見栄も手伝い、日本側の丸けだった
特に永楽銭は、あまりに日本が多く持ち帰るので明側が悲鳴を上げて交易を制限しようとしたほど
8 ななしのよっしん
2011/12/18(日) 18:47:25 ID: J9T5vl4pnU
>>6
臣従するといっても使節と貢物を送るくらいで
逆に中国側は皇帝の徳を見せつけるためにその貢物を上回る物を返してきた(貢貿易)
だから義満は実利を取り体裁にこだわらず臣下の礼を取って大な貿易の利益を得た
9 ななしのよっしん
2012/02/26(日) 04:58:25 ID: D33DavDbB3
歴史学者とかは朝廷が義満によって統一されたってことを認めたくないばかりに、南北朝「合一」って単を使ってる、てのは本当なのかね?
確かに合一の意味はそうなってるし、単としても良く見るけども
10 削除しました
削除しました ID: sDPFvTQJTZ
削除しました
11 ななしのよっしん
2012/03/26(月) 17:25:35 ID: U4tC0sMKMm
日本の禁じ手皇位簒奪を実現させかけた怪物
日本史上でも別格の最高権
12 ななしのよっしん
2012/03/27(火) 17:47:28 ID: HMry6pTBHa
まあ義満の政策も結局、無能無気力責任足利義政が全部ぶち壊してしまったけどな。
13 ななしのよっしん
2012/09/18(火) 07:35:17 ID: t6LMdnN6WF
>>7
>別に皇帝の命でどっかと戦うとかいう臣従ではなく
いや、倭寇の鎮圧を明朝から要されている。
日本国王」として貢貿易ができることと、明朝から出兵の要を受けることはセットになってたよ。
明朝としても、その土地の軍を動かせる人物であるからこそ冊封したわけ。
14 ななしのよっしん
2013/01/24(木) 22:22:29 ID: iPeD2//Eo8
中国からすりゃ権者の足利義満が臣従したわけだけど、日本国内ので見れば、最高権威の天皇日本国王に封されたわけではないから、ギリッギリ国家全体が柵封体制に組み込まれたわけじゃないと都合よく解釈できないもんかね
15 ななしのよっしん
2013/02/04(月) 11:59:48 ID: ZigEZfbdnJ
義満について書かれたほぼ一の小説
>>az4167168790exit_nicoichiba
16 ななしのよっしん
2013/03/09(土) 11:26:56 ID: iSkfzoS8Bk
>>14
都合よく解釈もなにも当時の朝廷が「天皇が受けたわけじゃないからおk」って言ってる
17 ななしのよっしん
2013/05/17(金) 08:49:13 ID: D33DavDbB3
柳生十兵衛死す」は外せない
18 ななしのよっしん
2013/06/13(木) 00:04:04 ID: V0u6l/s4+r
>>13
勘合貿易に関しては
将軍直轄領が少なかったからやるしかなかったって摘もあるよ
足利義教将軍権威を高めるために
勘合貿易を復活させている

勘合貿易で稼いだ資かったら
義教が鎌倉府潰せたかも怪しいし
19 ななしのよっしん
2013/08/07(水) 19:43:57 ID: p0KWYt+G1h
を増やすことと貿易に関わる商人や寺社を味方につけてその武を取り込もうとしたっていうのもあるかもね
商人や寺社の私兵集団はその後の動乱で度々将軍助けて
まあ多くの場合将軍の敵は将軍なわけだが
20 ななしのよっしん
2014/05/01(木) 14:52:43 ID: 56A1kII7qE
>>11
そうそう。キャラ的なカッコよさとか、ことの良し悪しとか、
日本人日本国としての是非はともかく、
単純に「やったことのスゴさ」「上り詰めた地位」でいえば、
信長家康秀吉なんかよりずっと格上の英雄
21 ななしのよっしん
2014/05/02(金) 17:40:58 ID: xoFygAWben
そんな人物がいまだにNHK大河ドラマ役になれない
清盛はなれたのに
22 ななしのよっしん
2014/05/31(土) 18:37:44 ID: 4Q/Mx5a6Z0
>>21
如何せんいからなぁw
映像の室内率がすごく高くなりそうなイメージ
23 ななしのよっしん
2014/07/03(木) 08:23:42 ID: IBkzslKJ2r
>>14
義満が勘合貿易を始めようとした際は、九州ですでに南懐良親王が「日本国王」として封じられてたもんだから、結構苦労してたんだよな。

正直、征夷大将軍が「日本国王」扱いされるより皇族が大陸皇帝に封じられる方が、皇室的にはよぽど拙い事だったんだろうね。
24 ななしのよっしん
2014/12/28(日) 14:58:06 ID: 1NQJSi57fv
朝廷や院や貴族減した一方
守護大名たちのはまだ育つ途中
そんな時代の狭間だったから将軍がここまで権持てたんじゃないかな義満は
次世代がをもつにつれ衰退していった点でルイ14世とかの「絶対王政」とかぶるイメージ
25 ななしのよっしん
2015/02/01(日) 22:53:38 ID: 1NQJSi57fv
大河ドラマだけに限らず、そもそも義満役の小説さえあんまりない状態なんだから
主人公しづらい素材なのかもな
26 ななしのよっしん
2015/03/06(金) 15:11:59 ID: Bbrcu7MJJW
アニメ一休さんのイメージが強すぎるんだろうな
朝廷も守護たちも最強将軍様の前に恐れ入っちゃっていて、
下泰今日も暇よのぉ、最大の敵は安寺の小坊主ぞ!みたいなイメージ
まあ>>22が言う通りのイメージにもなる

実際には、少年期には南北朝の戦乱のっただ中にいたわけだし、
明徳の乱なんかじゃ、自ら奉公衆を率いて頭で闘っているんだけどね
27 ななしのよっしん
2015/03/16(月) 01:01:24 ID: ay2kKySrXB
自分の中では、石ノ森章太郎漫画のおかげで、武にも秀でているイメージが強い
そのせいで、一休さんのマロ将軍が義満とは全く気付かなかった
28 ななしのよっしん
2015/04/22(水) 06:17:25 ID: ZigEZfbdnJ
つーか大河ドラマに出たことすらないと聞いたぞ
29 ななしのよっしん
2015/05/20(水) 23:08:40 ID: Bbrcu7MJJW
実写だと、2012年フジテレビドラマの一休さんにて東山義満が登場
やっぱり下泰上様だけど、中盤のシリアス展開では武人らしい行動が結構良かった
30 ななしのよっしん
2015/12/22(火) 19:42:45 ID: pu2TWaJapS
強かなイメージが強い。
天皇が御在中でありながらも、幕府の後の為の事を考えぬいて明から日本国王の称号を受け、貿易強化で大な財を確保する。

胆にして強か。
まぁ皇位簒奪しそうになったから江戸後期だったかは
当時の学者達から何か逆賊扱いされてたような…
足利三代の木像の首をしてた話を何処かの本の記述があったなぁ。

大百科GPチャンピオンシップ