隆慶一郎

31 ななしのよっしん
2015/10/05(月) 21:10:53 ID: 2SqwvksAzW
麿読み返して思ったんだが。
麿はひたすら逃げるんじゃなく、「数日でいいから全に追っ手をまく」「地方の多くの人が出入りする商や農のに泊まる」をやって、それから棟梁のに行って、自分の喉にを突きつけて脅せばよかった。

にも秘密は言ってねえし、一生言うつもりもねえよ。ほっといてくれ」

その場で清麿に死なれたら、に秘密を言ったかわからないから棟梁は一生眠れないし、清麿が変な死に方をしたら暴露されるよう手配済みと考えてしまう。
中清麿が接した全員、さらにその接した者と接した可性がある者全員を殺すのは理。
麿を信じるか、それとも日本人全員消すかの二つに一つとなる。
32 ななしのよっしん
2016/02/24(水) 00:54:08 ID: hGV98nIpcm
前田利益直江兼続は今や、隆慶一郎が作り上げたイメージを拭う事が困難な状況となり、徳川秀忠イメージにも未だに少なからぬ影を遺している感がある。

活動期間が短く、活動範囲も狭くマイナーな事柄を中心に物語を紡いだから立たないが、もしそうでなければ彼は下手したら司馬遼太郎に匹敵する捏造(褒め言葉)の持ちとして後世にその名を遺していたかも知れない。
33 ななしのよっしん
2016/11/11(金) 09:48:24 ID: j7M8XpFWHH
>>28
そこの管理人病気かなんかかと思わざるをえない。ちょっと執拗すぎる。先生も癖のあるっていうか好き嫌いの別れる人だけどこれは酷すぎるだろ。

>>31
世界びにその手の脅しが果たして通じるか…というか多分だけど清麿は結構プライド高いからそういうことしたくなかったんじゃないかね。を切る時もわざわざ血の掃除の事まで考えてやってるし。
34 ななしのよっしん
2018/06/19(火) 17:22:02 ID: qnSbm9goSk
作家活動5年っていくらなんでも短すぎる、本当に勿体無い