騎兵

31 ななしのよっしん
2016/05/01(日) 14:11:39 ID: tynYrEa0M+
騎兵から直接機甲兵に進化したものではない、ってのがちょっと気になったんだけど、
騎兵科が従来の騎兵代替手段として開発してない?
32 ななしのよっしん
2016/05/02(月) 09:03:09 ID: heBS/w9Clt
まーそこは各それぞれ…
騎兵と併存させてたところもあるし
33 ななしのよっしん
2016/05/02(月) 09:57:30 ID: BEMV0wEMPT
任務はそのままに代替として自走化する場合は確かに騎兵の直系の子孫といえる
AMC(AMR)とかの戦術区分で戦車を開発したフランスがそうだな

記事の最後で触れている"戦車"がどこまで広い範囲をすのかが分かり難いかな
個人的には、機甲科の誕生には軍隊の近代化にあたり既存の雑多な兵科を吸収した側面があり
その中には当然騎兵(より正確にはを用いた任務)も含まれたと思うよ
34 ななしのよっしん
2016/07/06(水) 00:28:26 ID: 66KPpeaY0h
>>21
走りながら乗り換える技術は20世紀にも普通にやってる
日本の士官学校に留学したモンゴル人が「日本人の扱いは下手だなぁ」と思ってたとか
35 ななしのよっしん
2016/07/21(木) 09:51:30 ID: ldN1O7aDFm
>>34
ケンタウロス人間様相手に言うなや!(涙目
36 ななしのよっしん
2017/01/13(金) 21:56:05 ID: lCrmaTVEw2
>>26
どれが決定的な要因かは分からんけど、日本では平野で戦列組んでぶつかり合うような戦い方自体染みが薄いよな。あっても大陸からの色濃い上古か(夷征討という国家事業もあったし)、延々と血みどろの戦争してた戦国時代くらいか。
狩猟や遊牧で鍛えられた遊牧民との接触がいってのも研究・開発の真剣さにしてる気がする。
・伝揮の為走り回るとかこまごまとした使い方じゃなく、回する機動人馬一体衝撃を期待した使い方って日本にあったのかね。
よく引き合いに出される長篠の失敗にしても、論勝頼の大局的な不利・焦りもあっただろうが、当時のの弱点を突こうとしてファインプレーを狙った結果、正面から行っちゃって大失敗って感じで(勝頼だけでなく老臣たちにしても)組織的な騎兵運用のノウハウが少しでもあったらあんなことしないよなぁという印がどうも・・。
37 ななしのよっしん
2017/05/13(土) 21:12:01 ID: 4uVttz8J9p
今、武豊が番組で流鏑的当てやってたが、使ってる競馬に合わせたのか体高が人の頭よりデカイで、やっぱあれでは見ててもデカすぎるように感じたわ
西洋の試合(ジョスト)の検索画像見ても、現代の再現でも昔の絵画でも1.騎乗者の足がに届くくらい。2.の背は立ってる人の肩くらい(どうでもいいが何かエゲっぽい画像も引っ掛かる)
日本武士が使ったでも、体高4尺○寸のを○寸(○キと読む)のと表現したそうだが、4尺8寸(約145cm)で八寸(ヤキ)の大と呼び、5尺(約152cm)以上は寸(キ)に余ると言ってデカすぎて使いにくい扱いだったらしい
状況に即応して乗り降りしたり、上で戦ったり、騎乗したまま坂でも悪路でも越えるには、時代にもよるがそのくらいが妥当だったんじゃないかと思う
38 ななしのよっしん
2017/05/13(土) 22:34:41 ID: 4uVttz8J9p
は人にべ個体としてはデカいし速いが、筋肉で動くのは変わりなく、体格あたりの出はそこまで劇的に違わないし、武器は騎乗者が持つ
つまり装甲の厚さや使用可兵器自体は(経済的問題を考えなければ)歩兵と大差ない
一方、内燃機関の出は人には運搬不可能な重量の装甲や火力の機動を可にした。初期戦車の意義は移動する要塞で、攻のようにも思える。塹壕という戦闘形態も歩兵以上の速を必要とせず、突破後の機動戦ではまだ騎が当てにされていた
その後の発展で戦車以上の速になり、騎兵戦車電撃戦など機動を活かした運用も発達して騎兵の役割も吸収できるようになったのだと思う

ただ近代以降の騎兵火力も装甲も歩兵に勝る物ではないが、封建時代の騎乗兵は経済や日頃の鍛練の違いから、同時代の徒歩兵べ装甲火力に優れた、現代戦車に近い存在だったかもしれない
39 ななしのよっしん
2017/11/27(月) 18:17:04 ID: 4uVttz8J9p
YouTubeから モンゴル騎兵
なかなか動きが軽快でカッコいい

https://m.youtube.com/watch?v=d9lils2Q00Uexit
https://m.youtube.com/watch?v=28FmdjLr7Ugexit
40 ななしのよっしん
2017/12/02(土) 20:12:37 ID: 4uVttz8J9p
すまん。貼りたかった動画こっちだった
内容自体は上二つとほぼ一緒なんだが

war horse battle charge
https://m.youtube.com/watch?v=KPXG8pt0lr8exit
41 ななしのよっしん
2018/03/31(土) 22:19:46 ID: 4uVttz8J9p
『騎武者、サムライ戦闘騎乗』
https://youtu.be/qwqYiLjjxEEexit
武者の足として自由自在に動かしてる感じが格好いい

参考サイト 日本甲冑騎研究
http://www.marvellouswings.com/Kattyuu/Event/Event.htmlexit
42 ななしのよっしん
2018/09/13(木) 08:27:42 ID: OjjRIXHLT6
>>28>>29
日本在来は体高135センチくらいで、同時代の他べてもそう小さいものではないよ
甲冑着て在来乗ってる写真とか探してみて、なかなか様になってるから

三年前のレスに返答するのも非常識かと思ったけど今見て勘違いする人もいるかもしれんから書き込んだ
43 ななしのよっしん
2020/01/19(日) 00:13:57 ID: nxsAY1IEgI
https://www.youtube.com/watch?v=LhiIjUwofP0exit
ところでこの動画を見てくれ、これをどう思う。
44  
2020/08/09(日) 15:39:33 ID: oyTceI1VZM
ポーランド戦では結構活躍してたらしいがは死ぬからなあ。
部品取り替えれば復活する機械に取って代わられるのも仕方がない。
45 ななしのよっしん
2020/08/30(日) 22:02:48 ID: 4uVttz8J9p
いや、機械も壊れるし、壊れ方次第では直しようがないからそれは直接関係ないでしょ…
細な故障でもと違って食って眠るだけで復活する事はないし
46 ななしのよっしん
2020/11/02(月) 15:46:16 ID: pmnLO15nca
そもそも数をえるのには育てる必要あるから時間かかるのよ。
しかも育成や行軍に使う際の餌も大量に用意しないといけないから、それの輸送などにも相当なお金もかかる。
戦車装甲車は短時間で大量生産できるけど、は短時間では大量生産できないから取って代わられた。
47 ななしのよっしん
2020/12/27(日) 18:58:19 ID: hAFWzxifA5
慶長の役で明軍騎兵に苦労したって話を聞いて日本運用はやっぱり豊富な人的資にのっとった特殊な運用なんだと思った
だから序盤江をえて女に苦戦したんだなぁと。山岳地帯多めの半島と違って本領を発揮した騎起動を初めて見るとビビっただろうな。
の大量運用で切り抜けたんだけどそこら辺、歩兵じゃ大陸のそれとは質が違ったんだろうな
48 ななしのよっしん
2021/01/01(金) 10:14:05 ID: DhYDPODayM
日本運用は多くて2、3列程度の層が薄いものでそこまで攻撃的なもんじゃない。それに日本騎兵は少数運用兼臨時編成だし

大陸の方のような大規模かつ多方向を考慮したもんじゃないから騎兵の突撃に耐えられないのは当然

あと明から見て日本槍術は稚拙立ったという話がある
49 ななしのよっしん
2021/01/21(木) 08:55:28 ID: PgyD6KNuoG
>>46
仮に大量生産可だったところで、そもそもに装甲付けて乗せて動けと言っても理だろうしな・・・
50 ななしのよっしん
2021/02/17(水) 06:32:06 ID: denFcCvMvS
イギリス暴動に騎警察が対処したのを、
俯瞰から撮した動画twitterで見かけて、最高にエモかった

フィクションみたいな全速の突撃でなく、
歩くらいの速度でも数騎が突っ込んだだけで暴徒の群れがっ二つに割れ
その騎兵が作った隙間に歩兵である一般警官が素く浸透・分断してた
51 ななしのよっしん
2021/03/15(月) 05:26:29 ID: WfeXQ6kaYz
>>47
日本の地形じゃ騎兵を育てにくいだろうしね。スペインみたいに隊保護&対騎兵用のテルシオ形があれば大陸部の騎兵にも対抗できるだろうけど。
52 ななしのよっしん
2021/04/18(日) 03:35:47 ID: qM3kfwn6z2
日本って山による高低差もあるけど
土地が肥沃だからや藪ばかりで大規模な騎兵運用に向かない
だから当然ノウハウも作られない
53 ななしのよっしん
2021/08/14(土) 21:16:57 ID: nxsAY1IEgI
>>52
昨今の資料によると武田や北条では装備別に編成がされていたようで、小隊~中隊規模での運用はされていたらしい。
54 ななしのよっしん
2021/09/05(日) 11:41:52 ID: Gh9mJmMHzU
大口狙撃銃、対戦車ロケット弾、迫撃砲、偵察にした騎兵だったら第一次大戦以降でもそれなりに使えそうな気がする。

あと両大戦でも、運搬での匹は相当重要だった。だからこそ地獄絵図だが…
55 ななしのよっしん
2021/09/22(水) 16:22:15 ID: tpMwYiHEsu
>>53
特別な事例で中隊サイズまでとなると、多くて150騎のまとまりだから、やはり大規模運用は行われていないというべきだろう
中世後期のヨーロッパも(日本ほどではないが)較的起があってもあったが、本格的な会戦だと1000騎ぐらいは騎兵を集中させていたからね
また、百年戦争期のイングランドが下騎兵として重装騎兵を用いていた(一方、ロングボウ兵は乗歩兵で、戦場外ではで移動した)ことを考えると、武田あたりも、150騎の独立部隊が戦闘に巻き込まれた際には、かなりの程度が下してたりしてたんじゃない?
56 53
2021/10/09(土) 23:18:18 ID: nxsAY1IEgI
>>55
一応補足すると規模については岩付衆の編成で上衆500余騎で奉行5人と書いてあったので小隊~中隊と書きました。
尚、岩付衆は全体で1600人弱です。

また、騎乗戦闘については信長公記に記述が残っています。
57 ななしのよっしん
2021/12/11(土) 18:44:11 ID: 5isp1odXRk
>>54
シャテーナル(ザンブーラキ)というのが中近東で既にあった
ラクダだがでも運用されてる

どっちもそこまで流行らなかったからやはり使いにくかったっぽい
58 ななしのよっしん
2022/06/13(月) 14:43:16 ID: tpMwYiHEsu
>>56
もちろん騎乗戦闘、とりわけ騎兵戦を一切行わないわけはないと思うし、確かに幾つかの備はより大規模な騎兵を含んでいたと思う。
ただ、備自体は歩騎混成であることの方が多く、混成の中の騎兵較的小さいことが多く、軍・行軍・会戦場における騎兵は集中しているよりも分散していることの方が多かったんじゃないかと理解している
何とべているのかといえば、それは西洋の古代中世の会戦様式であり、1万人ぐらいの軍である場合、一に(歩兵でいうところの)大隊規模(500騎以上、スコードロン換算では3個以上)の集中が見られたり、その規模の騎兵戦が観察され、一方、本邦では(良く言われているように)それはしかったのではないだろうか、ということだ。

もちろん、江戸時代になって(軍の育成を怠り)の体格が縮小したんじゃないかという話もにしているし、日本の戦に詳しいわけでもない。
そこで、戦国時代は思ったよりも騎兵戦(騎兵騎兵)や騎兵突進(騎兵歩兵)が多かったんじゃないかというあなたの意見の本質は、(純騎兵戦の生起率や騎兵突進の部隊規模の点で)全には納得しないけど、確かに拝聴したい。
59 ななしのよっしん
2022/06/13(月) 15:08:09 ID: tpMwYiHEsu
考えてみれば、岩付衆だとか戦国時代の軍制には全く詳しくないけど、遊撃的な騎兵戦は、土全般を見ればしにくいだけであって、ところによっては普通にありえるんだろうなあ
昔、鉢形址に観光に行った時、資料館で、の住んでるところで、確か1560年の小田原城の戦いの数年後あたりで、上杉と北条が小競り合いをしましたみたいな記述を読んだ覚えがある。
その時は「住んでるところの記述、たったこれだけ?w」と思ったもんだけど、考えてみれば、その小競り合いは騎兵戦だったのかもしれないなあ
読んだ当時は歩騎混成の小勢同士が集落を巡ってなんかしたと思ってた。中山道のさる宿なのだが、その周辺には、戦国時代当時、雑木が広がっていたと思っていたからだ。
(何しろ、子供の頃、旧中山道からあまり遠くないところに小さな雑木がまだあり、その中にが宅地を買ったので)
でも、実は案外開けてたのかもしれんね。詳しいことはわからんけど