M4中戦車

91 ななしのよっしん
2014/10/10(金) 21:09:55 ID: pbrUtEUSkC
戦車が怖くて赤いきつねが食えるか!
92 ななしのよっしん
2014/10/26(日) 14:39:31 ID: 1fEJGTAy7u
>>88
WoTリアリティ皆無に等しいので、全く参考にならない。
WoTこそが世界一リアル戦車ゲーだ!」って戦車動画荒らすのですげぇ迷惑。M3中戦車掲示板が彼らによってだいぶ荒れてしまった過去あり。
93 ななしのよっしん
2014/10/27(月) 09:41:09 ID: Ft4FnztH8t
>>92
リンク先の記事読みました?
ゲームサイト内の記事なのですが
ゲーム関係な歴史や史実・調を行ってる連載記事ですよ
んでそこで提示してるのは米軍フォーノックスで行った17ポンと76mmの較試験の資料なのですよ。
余り言いたくないのですがゲームそのものは(バランスの都合その他あるので)架もいい所ですが
そのゲーム作る上で集めた資料をユーザに還元するのが的なのかはわかりませんが
この手の史実・資料の提供的とした連載記事系の部分はちゃんと評価出来ますよ。
もちろんその筆者の思想そのものはさっ引いて考えないといけませんが。
坊主憎ければまで憎くなってませんか?
94 ななしのよっしん
2014/10/27(月) 21:04:43 ID: 4Ghj3pNjR9
っていうかM3中戦車の記事の掲示板見てきたけど「WoTにおけるM3」の話題を出されただけでブチ切れて暴れだした痛い子が居ただけじゃん
>>92世界はよっぽどんだものなんだなあ
95 ななしのよっしん
2014/11/03(月) 14:34:12 ID: rwqCBSyJrl
シャーマンチハちゃんはカワイイから、ついついイジメたくなっちゃう♪」
96 ななしのよっしん
2014/11/08(土) 20:28:21 ID: h/NOaT76nk
日本兵「いいえ、それはハゴウです」
97 ななしのよっしん
2014/11/16(日) 09:52:38 ID: WCIT/Byt5Z
そもそも戦車には爆撃で潰しきれなかった火点を直射で潰していくという大事な役があるわけで、戦車の数が減るってことはその役割をこなす車両が減る=その分歩兵が死ぬということになる。

またノルマンディー後のヨーロッパ戦線だと戦車戦車によって破壊される事そのものが率としてあまり多くない。
同時期のイギリス戦車の損要因のうち敵戦車による攻撃が占めるのは確か2割以下だったはず。

つまりパンターティーゲルの脅威というのは戦車にとってすら2割以下のそのまた一部というわけで、そういうことを視してシャーマンの量産という選択をまるで人命を軽視しているかのようにられるのはなんだかなあ、と記事を見て思いました。
98 ななしのよっしん
2014/11/16(日) 12:17:18 ID: 2KyVvmf401
AGFとおんなじ言い訳しててワロタ
アイゼンハワーが切れたのも視ですかそうですか
99 ななしのよっしん
2014/11/25(火) 21:13:10 ID: G8zZ+NCrv0
M4シャーマン戦車戦やるんじゃなくて数のゴリ押し
歩兵いじめる為の戦車って感じでアメリカ戦車番組で紹介されてたが
もうすぐ開の戦車映画だとこれで戦車戦やるみたいだがドイツ
相手でもやっぱり数の暴力で圧倒したのかな?
100 ななしのよっしん
2014/12/03(水) 05:49:56 ID: 0VcqObSLnh
>>99
ルマンディー以降はパンター相手でも渡り合ってはいたみたい
ロレーヌ地方の戦いではパンター装備の団が壊滅したりしてる
ティーガーはわからん
101 ななしのよっしん
2014/12/06(土) 17:40:05 ID: WCIT/Byt5Z
>>98
が言ったのは『シャーマンの量産』という選択が『人命を軽視している』が故になされたというのはおかしい、ということであって、アイゼンハワーがそれをどう感じたか、というのはまた別の話なんだけどなあ。
というかアイゼンハワーが激怒したのはAGFT-26E1の投入を妨した事にであって、別にM4中戦車の大量投入に対して激怒したわけじゃないと思うんだけど。

いや、M4の大量投入という選択はノルマンディー上陸より前にされてるんだから、ノルマンディー後のヨーロッパ戦線の戦訓をもとにそれをうんぬんするのはおかしいっていうなら分かるけど、そういう話じゃないんでしょ?
102 ななしのよっしん
2014/12/17(水) 23:09:07 ID: KVzJn+kraL
ちなみに今日までM4中戦車の悪評が残ってるのは、当時の従軍記者がそう言う兵士コメントだけを収集じてネガティブキャンペーンを行ったため。
LIFE誌だったと思うが、あろうことかティーガーIIIS-2較して「兵士がかわいそう。政府と軍は~」みたいな記事載せてるのがある。実際の兵士どが稼働してるティーガーなんて見たこともなく、被害の大半が地雷と対戦車であることは大勢の読者は知る由もないのであった。(論相手が少数精鋭の重戦車なのは視。側面図は縮尺を視して同じ大きさw)

ちなみに上記に対するジョージ・パットンの反論も他には掲載されているあたりアメリカ自由なんだな、と思う(´・ω・`)
103 ななしのよっしん
2014/12/21(日) 00:22:33 ID: Ft4FnztH8t
>>101
自分の発言が尾を引いたのかなこれは…
人命軽視とも取れる政策というかぶっちゃけるとAGF(というかGMC)と前線(の戦車閥の一部)の政争でして
AGF側が戦車兵の対戦車を向上させることを(GMCの価値を減じる為)恐れていてそれを戦車閥側が人命軽視とも取れる政策で前線の方が怒り出したというか…
もちろん総体としての対地支援やそういう面でのM4シャーマン大量生産を重視するのは正しかったのですが
そのM4シャーマンの量産性の為という名戦車の対戦車向上を否定し続けた事が戦車閥にとって反発を生み続けたって言うべきでしたね
すみませんでした
104 ななしのよっしん
2014/12/21(日) 00:27:49 ID: Ft4FnztH8t
というかちょっと文面わかりにくいな
>>103
GMCGMCを作った閥に訂正でお願いします。
105 ななしのよっしん
2015/01/04(日) 15:25:16 ID: +lYF9iUgXZ
>同じ工場で作っていてもロット単位でしか部品の交換性がかった当時の極東のとは泥の差である

記事のこの部分、ソ連T-34も似たような状況だったのでは・・・?
106 ななしのよっしん
2015/01/08(木) 20:24:59 ID: h/NOaT76nk
ソ連のは部品に余裕というか遊びがあったから融通が利いた
107 ななしのよっしん
2015/06/07(日) 11:44:04 ID: /rf73mGc5b
M51の実が見れるのが「最前線物語」ですね
この戦争映画は大作映画にはない
ぶっ飛んだ描写があるのでオススメです
108 ななしのよっしん
2015/08/06(木) 04:42:14 ID: b1kAUFT2Os
必要な時必要な数だけ配備され確実に稼働してくれる
兵器に対してこれ以上望むことは
ドイツみたいにどこを探しても戦車いあってもすぐに壊れて動かないじゃお話にならない
109 ななしのよっしん
2015/08/09(日) 20:59:29 ID: y9tATPlIYn
「突撃がないならM4シャーマンを使えばいいじゃない」くらい、歩兵支援任務では大活躍、歩兵から見れば頼もしいの味方だぜ。
プライベート・ライアン』と『バンド・オブ・ブラザース』では
「きた!M4きた!」「M4シャーマンきた!」「これで勝つる!」と大歓迎状態の場面をオチに使うくらいだ。
110 ななしのよっしん
2015/08/28(金) 14:31:17 ID: WLBUOkB54n
「最後のM51スーパーシャーマンではT-55を撃破するため、105mmを搭載するにいたっている。」
って書かれているけど最後のシャーマンチリ陸軍が制式採用したイスラエル60㎜高速を載せた「M60シャーマン」だぞ。か訂正お願いします
111 あどぁwどぁ7
2015/09/09(水) 23:19:22 ID: c5gl/lLEVz
ぶっちゃけにもよるが、ドイツの実質的な戦車である四号戦車以上の性粛清と嫌がらせで粗悪品が多かったT-34べて拡人間工学的にも優れているし、装次第では重戦車以上の攻撃と防御も持たせれるし、一番必要な生産性と信頼性はトップで常時動かせる数も多いから、戦争具としてみるとこいつがWW2戦車の最優秀戦車でもおかしくないレベル
因みにこいつにも、数両の犠牲と引き換えに数十両パンターを撃破するような突出した武勲もある
112 ななしのよっしん
2015/10/20(火) 17:52:15 ID: dzPTGMKxkj
>>111
本来パンターティーガーIも撃破出来るはずだったM26パーシングアメリカ陸軍内部の問題で出撃しなかっただけ余計にそう感じるな。
西部戦線も沖縄戦もこいつのおかげで勝てたようなもんだし。
113 ななしのよっしん
2015/10/24(土) 18:59:18 ID: KVzJn+kraL
>>111
人間工学的にも優れているし

そこ重要なんだよな。パンターですら身長150cm以下のチビでないと直立して弾装填できないし。
手用のパノラマサイト(照準用とは別)が付いてたり、単気筒の補助発電エンジンが付いてたり、意外となのがM4なのです。
114 ななしのよっしん
2015/10/29(木) 11:47:56 ID: y9tATPlIYn
>>113
戦時中で車中泊するの機会が多いので、シャーマン乗りのソ連兵も居住性の良さを高く評価する。さらにソ連レンリースM4A2はディーゼルエンジン2基連結ため、寒いエンジン1基だけ発動して暖房代わりにするという。
戦うSUVだな。
115 ななしのよっしん
2015/11/06(金) 14:14:02 ID: DPBYCWuKyE
>>108
それに加え敵と戦えるだけの性はちゃんとあるというのも大きい。
信頼性を体現した兵器と言っても過言じゃないと思う。

>>109
欠点の一つに挙げられる高の高さも味方の歩兵から見れば頼もしく映ったと思うんだ。
116 ななしのよっしん
2015/11/12(木) 00:24:20 ID: rK8hf5uQ+o
そもそも盛んに挙げられるシャーマンvsティーガーって言ってしまえば軽機関銃と重機関銃べているようなもん、そもそもジャンルが違う。
117 ななしのよっしん
2015/11/16(月) 02:29:43 ID: KVzJn+kraL
>>115
実際T-34-85と大差ないし、戦後も背の高い戦車ばかりだから、あまり気にしてなかったのだろう。

あと、よく勘違いされてるがM4中戦車は純歩兵支援用ではない。一般師団の戦車大隊ではそういう使い方もしてたが、機甲師団の本来の役割は後方兵站線への奇襲と戦果拡にある。これはアドナ・チャーフィーの提唱してた戦略で、重師団がやたら戦車偏重で機械歩兵の数が少ないのはそのため(奇襲戦法に依れば土地の確保は最小限で済む)
118 ななしのよっしん
2015/12/05(土) 23:02:03 ID: b1kAUFT2Os
そもそも50tや70tなんて戦車を作るドイツの方がおかしい
こいつ等ドン敗北続きの防衛線で前線まで引っる必要がかったからこそ活躍しただけで機動皆無の攻撃には全く不向きな戦車
敗けてたからこそ活躍できたという本末転倒戦車たちだ
119 ななしのよっしん
2015/12/05(土) 23:31:12 ID: o6Rl1JlLfQ
最後の余談(蛇足)はいらないな・・・
>実際は上述の通りなので実際どこまで硬いのか怪しいものである
戦時中の同格はパンターの前面以外は似たり寄ったりの防御だったろ。
M4が苦戦した理由は幾つかあるが、その中でもの性によるところが大きい。
装甲が中戦車として特別薄い訳でもないのにこの言いは不要な認識を招く。
120 ななしのよっしん
2015/12/14(月) 21:12:04 ID: G8zZ+NCrv0
M4シャーマン日本クソガキシャーマン小僧ポンぶったぎる漫画があった。