海上護衛戦 (角川文庫)

  • 種別: 文庫
  • 作ったひと: KADOKAWA
  • 販売数:
  • 発売日: 2014-05-24
  • 定価: ¥880
  • 値段: ¥880

海上護衛戦 (角川文庫)商品

  • 4
  • 0pt
掲示板へ

上護衛戦 (角川文庫)とは、第二次世界大戦上護衛総部参謀(兼連合艦隊参謀)を務めた大井篤exitが執筆した有名な書籍である。

概要

初版1953年日本出版共同株式会社。以後原書房(『上護衛参謀の回想』に題)、朝日ソノラマ文庫航空戦史シリーズ24(『上護衛戦』に復題)、朝日ソノラマ新装版戦記文庫7、学研M文庫と様々な出版社で再版され、最新版がこの角川文庫の商品である。

日本であることから補給路・シーレーンの確保が重要であり、そのために奔走し、試行錯誤した様子が記載されている。
日本海軍が艦隊決戦義を優先するがあまりに補給・兵站を軽視しており、そのために輸送・商の護衛を無視し、護衛用の戦がなかったことへの痛批判が記載されている。補給がままならなければ、折作った決戦兵器である大艦艇すら動かせなくなるのに。
輸送・商が次々と沈むようになると、戦争に必要な資材が減ってジリ貧になっていく現場の様子が書かれている。

本書の内容には「米軍が効果的に輸送・商を沈めることができたのは線を解読していたから。どこに何がいるのか、どこに向かっているのかを知っていたことを考慮していない。情報戦を軽視している」という批判もあるが、当時の現場レベルの体験談と回顧録・反省と思えば違和感はないだろう。

まず輸送団に当たり前の護衛艦をつけるなど、自分達にとって理想的な状態を作ったにも関わらず問題があった場合に、初めて米軍戦略の妙にを向けるものだ。

々しい表舞台戦争とは違い、普段は描かれない裏方の戦いの様子が明に記録された書籍として今も昔も評価は高い。

関連項目

外部リンク

【スポンサーリンク】

  • 4
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/i/az4041015987
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

海上護衛戦 (角川文庫)

43 ななしのよっしん
2022/05/27(金) 19:02:08 ID: RIFLYtefcS
>>41>>42
例えば古い版である以下の本の商品記事を作った場合、ほぼこの記事と同様になるでしょ
>>azB000J9F6WYexit_nicoichiba

>>az4257172673exit_nicoichiba

だったらあえて商品記事にしておくよりも単語記事上護衛戦』の方が扱いやすい。
自動リンクつくし一覧記事などにも載せられる
44 ななしのよっしん
2022/05/27(金) 19:16:24 ID: BrmxdSeUOO
>>43
仮にそうする場合、一般名詞と区別するために後ろになんか付けないと
上護衛戦(書籍)」とか
45 ななしのよっしん
2022/05/27(金) 19:29:42 ID: c2++6S9g4M
商品記事単語記事にするのってできたっけ?
46 ななしのよっしん
2022/05/27(金) 20:38:07 ID: EmqsJugnXp
動画記事はやったことあるけど、商品↔単理だったような気がする
47 ななしのよっしん
2022/05/27(金) 20:55:54 ID: p3CjWqNCcK
>>41でも書いてるけど現在の状態ならを記載してるわけでもないし、このままでいいんじゃないかしら
記事自体は角川版の記事として作られたんだし、内容が間違っていない以上は根底から作り直す必要もないと思います
48 ななしのよっしん
2022/05/31(火) 19:44:53 ID: d3o2lzGafM
アメリカの物量に敗けたという言説は間違ってないけどそれ以外も圧倒的に敗北してんだよな

物量に敗けたというのを言い訳にして反省しないのはいかにも日本人らしいから可愛いけどね
49 ななしのよっしん
2022/06/02(木) 19:52:56 ID: +o15hShPyh
クソみたいな内容消されてちゃんと商品の記事になってくれて本当に良かった
50 黄泉人知らず
2022/06/05(日) 12:15:37 ID: lXUwzgFXIN
まぁまさに”鬼畜英”のその鬼畜プリをいかんなく知らしめる書。この流れが被戦闘員を狙った原爆投下の根的思想。米国追従の現日本政財界、日本人の有様の危うさを示すもの。日本の政財界が推し進める過度なグローバル化独立性根幹を危うくする行為だということを如実に示す。戦後日本を見直し、これからの有様を検討するにあたって国家独立性とは何か考える上で助けになるのではないのか。
51 ななしのよっしん
2022/06/28(火) 15:37:18 ID: IHRhXqp7D6
あとがきを田中謙介が担当しているのははっきり言って引くが、それをくためだけにこの記事作ったのなら同じくらい引くわ…
52 ななしのよっしん
2022/06/28(火) 18:29:24 ID: p3CjWqNCcK
記事の作成時、書籍の内容を捏造してありましたからね
全にアウトです