誰も死なない世界 (角川文庫)

  • 種別: 文庫
  • 作ったひと:
  • 販売数:
  • 発売日:
  • 定価: ¥350
  • 値段: ¥350

誰も死なない世界 (角川文庫)商品

  • 2
  • 0pt
掲示板へ

誰も死なない世界とは、ジェイムズ・L. ハルリンによるSF小説作品である。

概要

原題は「The First Immortal」で、アメリカ合衆国作家ジェイムズ・L. ハルリンJames L. Halperin)によって執筆され、1998年アメリカ合衆国の書籍レーベル「デル・レイブックス」からハードカバーとして出版された。その後、ペーパーバック版や廉価版ペーパーバックも発売されている。

不治の病に侵された医師である主人公は、未来世界の医療技術の進歩に望みを託し、自分の遺体を冷凍保存することにした。そしてAIナノテクノロジーが進歩した83年後の未来世界でついに蘇生を果たす。その時代には人類は技術によって死をし、半永久的に生きる世界となっていた……という筋書きで、その未来世界の様相を描いた物語である。

作者の前作「天才アームストロングのたった一つの」(原題:The Truth Machine)と世界観を共有しているが、直接ストーリーが連続しているわけではなく、あくまで独立した作品である。

前作「The Truth Machine」と本作「The First Immortal」は共にアメリカ合衆国では好評を得たという。

邦訳版「誰も死なない世界」は角川文庫から2002年に出版された。翻訳者は内田之で、イラスト影山。また日本クライオニクス協会代表の緑川ひかるが解説文を寄せている。

クライオニクス」とは「遺体を冷凍保存することによって未来蘇生しよう」という実際に行われている試みであるが、実現可性については多くの人々から疑問が持たれている。本作はそのクライオニクスが成功した場合を仮定して描いた小説という事になる。

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 2
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/i/az4042788025

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

誰も死なない世界 (角川文庫)

1 ななしのよっしん
2018/11/23(金) 04:51:59 ID: kxz52VN6ra
を凍らせたら壊死する。
2 ななしのよっしん
2019/02/06(水) 19:03:26 ID: RL7sVmRgnU
優しい世界
3 ななしのよっしん
2021/04/27(火) 21:08:35 ID: BbaGvEVA4Z
いまでも好きな小説

おすすめトレンド