声優魂 (星海社新書)

  • 種別: 新書
  • 作ったひと: 大塚 明夫
  • 販売数:
  • 発売日: 2015-03-26
  • 定価: ¥886
  • 値段: ¥886

声優魂 (星海社新書)商品

  • 2
  • 0pt
掲示板へ

概要

声優俳優大塚明夫2015年3月に執筆した著書。星海社より刊行。
数十年に渡って多くのアニメ・ゲーム吹き替え作品などで強い演技を魅せ、舞台演などでも俳優として活動し、今や役者声優に詳しくなくても名前を知らない人はまずいないであろう著者・大塚明夫が、自らの自伝と共にる「声優という『生き方』」や仕事・演技にかける持論がられている。
ジセダイサイトでは、著者本人による告知動画の視聴、及び本書の試し読みが可(→こちらexit

内容は帯にも書かれている通り、『声優だけはやめておけ。』の一文に集約されている直球極まりないもの。かつて著者は2012年にも、講演会にて講師として呼ばれ声優という職業についてをった事があったが、本書ではその内容が更に詳細にられている。
具体的には、著者が声優俳優としてデビューした昔とは違い、時代が大きく変わった事や需要に対して声優の数があまりに多くなり過ぎた現状、これらの事情から声優業界へ参入しては業界を去っていく若者を数多く見てきた著者自身の経験、など様々な観点から、会社勤めなど生産社会仕事とは違い声優という『仕事』がオススメできない理由を全編に渡ってに衣着せぬ強い言葉でっている。
後述するように刺的な見出しが並び、声優志望者にとっては特にが痛いであろう文章が続くのだが、ここで述べられている内容はいずれも声優役者)に限らず会社員料理人、漫画家ゲームクリエイターはたまた同人作家ニコニコ動画ニコニコ大百科などあらゆる仕事趣味)の分野に当てはまる、「生存戦略南」の1冊である。

なお、「ほかの声優仕事を奪われたくないからこんな本を書いたのか」と大半の読者が抱くであろう疑問に対して著者は最初に否定しており、後述する理由から幸福とは言い難い結末で業界を去っていく若者を数多く見てきた上で「若者には幸せになってもらいたい」と本の中で断っている。
むしろ自身を脅かすライバルの出現に関しては「一度会ってみたい」と待ち望んでいる姿勢も見せているが。いるかなそんな人・・・

 

ちなみに、発売から数日でamazonや全の書店にてベストセラーとなり売り切れが続出した程の人気となった件には著者自身も大変驚いたらしい。

内容

第一章・声優になりたい奴はバカである

最初の章にして、本書のメインテーマでもある項。上記のリンク先から、試し読みで途中まで読む事が可

  • 声優になる事を『就職(=職業の選択)』と同義に考えている声優志望者が後を絶たないこと
  • 声優は自分で仕事を作れず、店先に陳列された商品のように「買い手」がやってくるまで武器を研ぎ続けながらただ待つしかできないこと
  • 普通仕事と異なり、声優には身分を保するもの(資格免許など)が何も無いので社会的にも信用を得られず、彼女彼氏の両親にも厳しいで見られる事
  • 収入が不安定な仕事であるため苦労の分が労われるわけでもなく、努しただけかるとは限らないこと。それ故にローンを組む事も困難であること
  • よりも人気が重視される世界だが、しかし人気だけでは生き残れないこと
  • 声優になりたい』夢を食い物にする悪い大人に捕まり、玩具にされて悲惨なに遭う若者が多いこと
  • 以上の声優業界の実態を、多くの声優志望者が知らないか根本的に誤解していること

などあらゆる観点から、声優という生き方がいかに理不尽で、やめた方がいいというたる理由をる。
著者は声優を取り巻く環境を本書で一貫して「ハイリスク・ローリターンな生き方」「理不尽すぎる博打」「無理ゲー」と称しており、まともな仕事に就ける人間がわざわざこんな世界へ足を踏み入れる必要はいと訴え、これらの実情を知ってもなお「声優になりたい!」と思っているならそれはただの勘違いだからやめておきなさい、とバッサリり捨てている。

こんなに商売として成り立っていないものを、安易に将来の「職業」として選ぶのは危険です。即刻やめた方がいい。実家が裕福でいくらでもすねがかじれるとか、声優が駄でも実家の稼業を継げばいいとか、いつでもしっかりした勤め人のおさんになれる身分だという人間でない限り、近づかないのが正解です。

第二章・「演じ続ける」しか私に生きる道はなかった

著者が声優として演技の世界でこれまで歩いてきたのりや、演劇世界入門したきっかけなどを、自身の演じてきた代表的な持ち役(スネーク、バトー、ライダー等)に対する感想と共にっている。
大塚周夫との関係や所属している江崎プロダクション(現:マウスプロモーション)で世話になった納谷六朗・納枝元社長など関連の深い人物とのエピソードか描かれており、著者の遍歴を詳しく知る事ができる。

本書を執筆するにあたって著者自身も「この世界でいろんな人や運に恵まれたお陰でここまでやってこれた」と評しているが、しかし上記の理由から運だけで勝ち続けられる世界ではない事、声優仕事の「オススメできない度」は年々上がっている事も念を押している。

(前略) ですから、人様から「大塚明夫は運が良かっただけだ」と言われれば「さようでございます、すみません」と返すしかありません。ただ、運だけじゃ勝てないよね、ということも合わせて言っておきたいと思います。いざ運がの前に転がってきたときにめられるレベルのものを差し出せる人間になっていなければ、どんなに大きなチャンスであってもつかみ損ねるでしょう。

第三章・「声作り」なんぞに励むボンクラどもへ

第一章と並んで強な小題ではあるが、これは著者が声優業界に長く蔓延していると思われる「誤解」を取り上げている事による。
その誤解に捕らわれ「いい」に拘る声優たちの潮や、世間に蔓延る「声優とは、いいを出す事に価値がある」という思い込みを、著者が自らの「役作り」にかける姿勢をりながら粉微叩き潰す。「大塚明夫としていいだと思われたい」なんて意識をスネークが持ってるわけがない、と例えた上で、「いい」という評価は自分の芝居が観客や視聴者の心に刺さった「結果」であるとる。
役者としての、「」に関する思い入れを知った後にアニメ吹き替え等における著者の演技を見る(聞く)と、これまでとはまた違った観点から見られるようになる事は請け合いだろう。

「いい」という褒め言葉に関して、著者は「ユーザーの方から聞ける分には嬉しいけど、同業者からは聞きたくない言葉」と述べている。

第四章・「惚れられる役者」だけが知っている世界

近年、声優になるために声優専門学校へ行く声優志望者が年々多くなっている事に関して疑問を呈する著者が、「安全でも確実でもないけどいいの?」と読者声優志望者に自身の体験談を交えながら尋ねる。声優専門学校へ行くと大体はにはまったステレオタイプ声優が出来上がるのだが、そのステレオタイプこそが芸世界では「すぐさま使い捨てられ易い」事、そしてそれらの大多数の中から抜きん出た何かを持たない声優が「量産型ザクとして配備される事はあってもガンダムとして重宝される事はい」であろう事もる。

そして、大多数のファンに惚れられるスターになりたければマネージャークリエイターなど身近な人間を惚れさせられなくてはならない、自分が本当にやりたいことがわかっていない役者に先はい、など先の三章と合わせて内部の関係者にしか見えにくい一面もられている。

第五章・「ゴール」よりも先に君が知るべきもの

声優という職業がオススメできない理由をここまでってきた著者が最後の章でるのは、「本当に声優になりたいのであればそれは声優として『演じたい』のか、それとも『人気者になりたい』からか」。その仕事をやりたい本当の理由が何であれ、そのモチベーションを維持するために本気で努が積み重ねられるか、理不尽な環境でも楽しく生きられるかという事を問いかける。 

この項の話はなにも声優役者)の世界に限らず大半の職業趣味にも当てはまる話と思われるが、「ゴール(=完成)の世界だけど、その遥か彼方にあるゴールをずっと追い続ける」事が役者を続けられる一番のモチベーションである事を、著者は自身が長く出演している『ムーミン』のニョロニョロになぞらえてっている。

 

そして、本書を最後のあとがきまで読んでもなお「声優になりたい」と言い続けられる『バカな人』のために著者は、最後の最後に一言、メッセージを贈って本書を締め括っている。これは夢を諦めない覚悟を決めた若者に対する「侮蔑と期待が入り混じった一言」か、いは将来著者をも脅かすであろうまだ見ぬライバルへ向けた「挑戦状」か・・・

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

 

大塚明夫がやめとけって言うのならやめとこう」とすぐに思ってもらえないのは、私がまだまだ未熟な人間であるでしょうか。せめて本書を読んで、声優という夢をさっぱり諦めてもらえれば幸いです。

【スポンサーリンク】

  • 2
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/i/az4061385674

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

声優魂 (星海社新書)

3 ななしのよっしん
2015/07/27(月) 23:50:02 ID: LkLVCPmpR4
実際声優業界に飽和が起こってる
新人が売れるってことはかの椅子を蹴落とすわけで
ベテラン椅子に座り続けるなら新人に座る席はない

ニッチな業界でさらにニッチな需要にこたえ続けないといけないんだから厳しいよな
4 ななしのよっしん
2015/07/27(月) 23:57:54 ID: pH8TCrob3x
だからタレント声優の逆で声優タレントを作ろうとしてるんじゃないか
5 ななしのよっしん
2015/08/09(日) 21:44:12 ID: TeEa0buYTm
声優だけはやめておけ」って"帯だけ"は大塚明夫自身が書いたものじゃないってさ
t.co/aCOH6EAh7h
「『何が自分にとって幸せで楽しいのか』を明確にしておけ」~声優大塚明夫インタビュー~ (1/2) BLOGOS編集部
>まさかあんなセンセーショナルな帯になるなんて、はちっとも予想してなかったんです。
6 ななしのよっしん
2015/09/10(木) 04:42:24 ID: KcejymQU1I
>>そして、本書を最後のあとがきまで読んでもなお「声優になりたい」と言い続けられる『バカな人』のために著者は、最後の最後に一言、メッセージを贈って本書を締め括っている。これは夢を諦めない覚悟を決めた若者に対する「侮蔑と期待が入り混じった一言」か、いは将来著者をも脅かすであろうまだ見ぬライバルへ向けた「挑戦状」か・・・
 
ここまでド直球に警告されてもなお声優し続けるような人であれば、あるいは・・・と「期待」している一方で、身の丈に合わない野心に手を出して破滅するような人を「侮蔑」している・・・と言ったところだろうね。
 
まあ、傍から見てる方にしちゃあどちらも同じく「バカな人」にしか映らんだろうけどね。どちらにしてもそういう業界だとわかっていて手を出した時点で本当の「バカな人」である方の可性が断然デカいんだから・・・
7 ななしのよっしん
2015/12/06(日) 14:09:10 ID: Du01USI16+
坂東さんのブログで何やら興味深い記事があったけど、大塚さんの話やこの本とは別の観点から「声優志望者」の特徴を挙げていて本当に読み応えがある。
声優になりたい」という考えは確かに、一種の病気呪いなのかもしれない・・・
http://ameblo.jp/bandowz/entry-12046341367.htmlexit

まさに本の見出し通り「声優になりたいバカである」を疑問の余地明してるだろうな
「(声優になりたいけど)親がうるさいから「声優学校卒」の肩書きを得たいというなら最初から諦めろ」という話はまったくその通り過ぎて笑った。
8 ななしのよっしん
2016/03/15(火) 18:24:26 ID: m1a/U0+Jbi
正直創作って成功ばっかりが取り上げられてなかなか陰の部分がピックアップされないからこういう暴露本はもっと増えても良い
9 ななしのよっしん
2016/07/24(日) 15:01:48 ID: Du01USI16+
そして、「声優になりたい」夢を諦めきれない人のための第2弾も発売したらしい
>>az4061385895exit_nicoichiba

10 ななしのよっしん
2016/08/14(日) 22:31:11 ID: YvbTODLMo+
これだけ長く声優業界に居た方だからこそつい最近デビューしてあいさつに来た人がいつの間にか辞めている・・なんて場面を何度も経験してるからこそ辞めておけというやさしさの裏返しか・・

11 ななしのよっしん
2016/11/25(金) 22:36:34 ID: QkN6XhhOgy
>>9
なんてうまい商売なんだ!
12 ななしのよっしん
2017/01/04(水) 23:45:57 ID: Du01USI16+
>>11
うまい商売、というよりも結果的にここへ繋げられた副産物みたいな感じじゃない?

客が来るかわからないけど武器を研ぎ続けろ、種を撒いて育て続けろ、というのは何だかアフィリエイトみたいな感じか(違うかもしれないけど)

急上昇ワード改

2020/09/25(金)07時00分 現在

スマホで作られた新規記事

こちらの記事に加筆・修正してみませんか?

樫野(アズールレーン) ボトルマン MMDまほやく ヒックス