ノストラダムスの大予言―迫りくる1999年7の月、人類滅亡の日 (ノン・ブック 55)

  • 種別: 新書
  • 作ったひと: 五島 勉
  • 販売数: 3
  • 発売日: 1984-01-01
  • 定価: 0
  • 値段: 0

ノストラダムスの大予言―迫りくる1999年7の月、人類滅亡の日 (ノン・ブック 55)商品

ノストラダムスの大予言とは、1973年昭和48年)に祥伝社より発刊された五島勉の著書、またそのシリーズの書籍である。

ノストラダムスという人物、また、日本で起こった所謂「ノストラダムス」については「ノストラダムス」項を参照のこと。

概要

フランス医師ノストラダムス」の著した集「ミシェルノストラダムス師の予言集」を読み解き、ノストラダムスの逸話などを交えながら20世紀末に起こるという「終末」をるという体裁をとっている。しかし大体が五島創作であり、ノンフィクションというより五島の著した小説と言ったほうが適当である。実際映画化もされてるし。

初版発行後、3かほどで100万部を突破した。

ノストラダムス日本でのイメージ全に間違った方向へ持って行っちゃった本として有名。シリーズ化され、10冊が発売された。本項ではどの本も内容が似通っているため一番初めに発売された「ノストラダムスの大予言~迫り来る1999年7のの人類滅亡の日~」を解説する。

目次(太字は傍点付き)

内容

フランスサロンの町がペストの災禍に襲われた。そこへ一人の医者がやってきて、「超能力によって三年後の医学的知識を前もって知り原文ママ)」、ペストの流行を食い止めることに成功した。それがノストラダムスという人物であったというところから始まる。

ノストラダムスなる人物は予言集「諸世紀」を著し、その中にはカーマニアクレジット環境汚染などの社会。またヒトラーフランコ、パスツールなどの名前を上げて歴史上の事件を詳細に予言している。

ノストラダムスは「諸世紀」第10巻72番で「一九九九の年、七の から恐怖の大王が降ってくるだろう」という予言をしていた。そしてこれを時の君アンリ2世に話していた。つまり、恐怖の大王世界を滅亡させてしまうんだよ!きっと世界中が汚染されたり核戦争が起きたりするに違いないよ!!人間以外のそして別のものが世界を征しちゃうんだよ!

ノスさんの予言は絶対に外れないからこれは参ったね、まあ、人類滅亡はかったとしても、地球上の一部は破滅しちゃうだろうね!

要約するとこんな感じである。

内容の問題

この本の中でられているノストラダムス像があまりに史実とかけ離れているという問題があった。また、架の研究者の名前や創作されたエピソード(史実に確認できないエピソード)が含まれており、大体は五島創作と言っていい。このあたりはと学会の書籍にて山本弘や志一夫がさんざん検証しているので省略するが、なものを挙げる。

ノストラダムスの著した予言集のタイトルの誤訳
ノストラダムスの大予言」ではノストラダムスの著した予言集のタイトルを「諸世紀」としているが、これは英語訳から生まれた誤訳であり、本来は「」などと訳されるべきものであった。そもそも、「篇」というのは、予言集の中の四行100篇ごとのまとまりを表す言葉として使われているものであって、本自体のタイトルではない。本のタイトルは「ミシェルノストラダムス師の予言集」もしくは「予言集」である。
「ブロワ問答
ノストラダムスがブロワにてアンリ2世の子、シャルル9世と「1999年に起きること」について対話した内容をノストラダムス息子セザールが書きとめたものがフランス国立図書館に所蔵されているとされているが、そんなものはない。シリーズ第2巻「大予言」ではブロワにてノストラダムスアンリ2世の王妃カトリーヌ・ド・メディシスに「恐怖の大王」の正体はに見えないものだとったエピソードが紹介されているが、これも事実が確認できない。MMRでもブロワ問答が紹介されている(MMRではブロア問答となっている)。
ノストラダムス死因
全身のボロボロになる奇怪な未知の病気原文ママ)」にかかって死んだと書かれているが、すくなくともそんな惨い死に方はしていない。

と、挙げればキリがない。

ノストラダムスの大予言」が所謂「ノストラダムス」の火付け役となったため、後発のノストラダムスの予言解釈本も、五島がもたらした誤ったノストラダムス像が色濃く反映されている。

第10巻72番

L'an mil neuf cens nonante neuf sept mois,
Du ciel viendra un grand Roi deffraieur,
Resusciter le grand Roi d'Angolmois,
Avant apres, Mars regner par bon heur.

九九九年、七の
から恐怖の大王が降ってくるだろう
アンゴルモワの大王を復活させるために
その前後の期間、マルスは幸福の名のもとに支配するだろう。

ノストラダムスの大予言pp.144-145より引用

上記が例の人類滅亡を予言しているという篇第10巻72番のである。この五島が取り上げるまではあまり注されていなかった。ノストラダムスは数々の喩を用いてを著している。お気づきの方もいるかも知れないが、そんな難解であるノストラダムスで「一九九九年、七の」をそのまま「西暦1999年7月」に当てはめる方が実は不自然であり、「一九九九年、七の」とは何らかの隠喩であると考えるほうが自然である。

それから、「恐怖の大王」が「アンゴルモワの大王」であると誤解されがちであるが、「恐怖の大王アンゴルモア大王を復活させる」のである。五島は「ノストラダムスの大予言」にてアンゴルモワの大王とは「恐怖の大王により破滅的状況となった時、やけっぱちになった民衆が略奪などの狂行を繰り広げることである」と解釈していたが、それ以前はフランスアングーモワ地方すと考えられていた。

4行マルスは軍戦争など、あるいは3月喩と考えられている。

このは古くから人によって差異はあれど「恐怖の大王によって戦争が起きるけどアングーモワに救世主が現れてその前後は幸福になれるってことじゃね」のような解釈が大勢であった。人々に災いが起きると解釈する人もいたが、少なくとも「人類滅亡」とか「世界を滅ぼす」なんて文言はどこからも読み取れない。

つまり、このが人類滅亡の代名詞的な存在となったのは五島終末論とこのの「恐怖の大王」「支配」などのワードを結びつけたからだと言っても過言ではないのである。

                       _,.. ----- .., 
                   ,..-'''";:;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;....;.`゙''ー..,, 
                  │;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.;;;;;;;;;;;;;;. \ 
                  │;;;;;;;;:;:;;;;;;;;:;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;: / 
                  │;;;;;;__,,,,,,,..,,,,,,,,,__;;;;;;;;;;;;;:;:;:;:::/ 
                   ミ‐'"         `'''i-、.;;;:;;;:l゙ 
                     /.、           _,、.イ  `''┘ 
                  ! .|゙二ーヾヽ-‐;;二v .|゛   .! 
                     | .!.! |iレ´ `゙ |彡'"  .l    ! 
                     ゝ/   !       、゙l    .ヽ  
                     { !.'、 .j_.. へ、 ./ .丿    .! 
                    .,i''| ! .ア._...... 、、."./ . /       .|゛ \ 
                   ,./ / .ヽ .`.―~  .".,ノ      ,i⌒;;;./ ;:.! 
のすとらだむす       : |;::;:;.!   .l /゙'-、/゛       !;;;;;,i'゙;;;;;; !ヘ、 
                l;:;:;::|   ゛    ゛           l / ;;;;;;;;;;;;;;;:;~゙゙''-、 
                   /.;;ゝ;:/                   !;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;;;;; \ 
               ,,./ ;;;;;;:;:;/                 l;;;;;;;;;;;;;;..;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::;:;;;ヽ, 
          ,,./ ;;...;;;;;;;;;.|                      |.、....;;;;;...;;;;;;...;;;;;..;;;;;;;;:;:;:;i″
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ふらんすの よげんずきの おいしゃさん いろんな ところで 「じんるいはめつぼうする」
ってさけんでた だが そんなよげんを したおぼえはない

映画化

ノストラダムスの大予言」は1974年映画化されている。ルパン三世実写版「ルパン三世 念力珍作戦」と同時上映された。文部推薦映画であり、1974年の邦画部門の行収入第2位となったが、「食人となり襲いかかる原住民」「戦争で滅亡した後に放射能で異形の姿となった新人類のデザイン」などが問題となってビデオ化されておらずカルト映画となっている。ただし、サウンドトラックは発売されている。

1999年を過ぎて

1999年7月を過ぎ、世界は未だ滅亡することなく続いている。

ノストラダムスの大予言」は日本におけるノストラダムス像を本来とはかけ離れたものにしてしまったが、おそらく日本でほとんど知られていなかった「ノストラダムス」の名を日本へと広げたという点での功績はあるだろう。

また、熱狂的な「ノストラダムス」を引き起こした本著は怪談UFOに並ぶ一級品のオカルトエンターテイメントであったと言える。

関連商品

映画サウンドトラック

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/i/az4396100558

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ノストラダムスの大予言―迫りくる1999年7の月、人類滅亡の日 (ノン・ブック 55)

5 ななしのよっしん
2014/11/05(水) 12:29:58 ID: ib6wOjyqwS
でも東宝ノストラダムスの大予言、今観ると逆にリアルだよね
原発はどのような地震災に対しても、絶対に安全ということは言い切れないし、100%の安全などということはありえないのであります
ってキッパリ言い切ってるし、
「近い将来の資争奪戦、食料争奪戦、民族紛争の拡大、例え局地戦であっても戦争をすればするほど環境を破壊し人類にとって命取りとなる時代」
「伝染病の拡大」もぴったり予言してる

70年代の時点でこの映画作っていた東宝人間の方が今となってはよっぽど予言者だわ
6 ななしのよっしん
2015/03/16(月) 18:57:52 ID: P2hWmSlvQZ
>>5
映画としては過剰人口・環境問題(自然災害)・疫病とかのテーマは先見的だったかもしれないけど、学問としては前々から問題視されていたことではある。1962年表されたレイチェルカーソンの『沈黙の春』とか。

そういったテーマの研究の集大成『成長の限界』をローマクラブ表したのが1972年東宝映画ノストラダムスの大予言』を表したのが1974年

だから、研究書や研究者のインタビュー映画元ネタになっていたんじゃないかな。もちろん、日本心霊義的都市伝説ブームの影もあっただろうけど、コックリさんにしても欧ウィジャ盤心霊義が大元にあるし。
科学的警告+終末論+心霊義といったテーマを、欧米から輸入して『ノストラダムスの大予言』に仕立てあげた感。
7 ななしのよっしん
2017/06/18(日) 09:45:02 ID: cYgoUB/jhd
>>6
そういう背景があるんだね。にあるブリタニカ百科事典70年代版でもそれらは問題に取り上げられてた
8 ななしのよっしん
2017/07/23(日) 23:33:33 ID: myYEe9zomn
東宝日本沈没の二匹ドジョウを狙って作ったパニック映画で、
五島原作ベストセラーになってたのでそれを借りたというだけ
たぶんそんなに深く考えて作ってないw
9 ななしのよっしん
2017/10/31(火) 01:48:06 ID: HmYlPYWe21
五島本人は21世紀を迎えて「1-2年ずれたが911恐怖の大王だった、あの事件はひとつ間違えれば人類滅亡を招いていたのだが『別のもの』がきたおかげで滅亡を回避できた」と強弁してしている。
10 ななしのよっしん
2018/01/06(土) 16:52:48 ID: ioIgvJrDRc
文芸五島インタビュー(2018/1/1)
http://bunshun.jp/articles/-/5624exit

「私がこの本を書くとき、ノンフィクションミステリーという手法に挑戦したことで誤解を生んでしまった。ミステリーが最後にどんでん返しをするように、初めに全滅するんだと書いておいて、最後になって人類が考え直して逆転して、部分的な破滅で済むんだと、それに向かって努しなければならないと書いたんです。だけど、ここのところをみんな読まないんです。」
11 ななしのよっしん
2019/02/04(月) 21:16:08 ID: EHSer5qWKO
ノストラダムスの大予言自体ある種誤解によるものだったのに、最近2019年ノストラダムスの大予言とか言っちゃってる見てると頭痛くなる。大体が破滅前提だし
まあ、そうでもしねぇとアクセス数やら視聴回数やらが増えないんだろうな
12 ななしのよっしん
2019/05/02(木) 18:44:24 ID: o1z0aPuVv8
著者「五島勉」自身の記事を立てた方がよくね
13 ななしのよっしん
2019/05/04(土) 03:53:48 ID: V1wT9Ri+mb
当時は本気で突然の滅亡を心配したもんだ
食料を自分の部屋に溜め込もうとして腐らせるからやめろとしかられたのはいい思い出
他にもUFO超能力にのめり込んでたな
あの頃の感情の昂りはもう訪れないだろうことが寂しい
14 ななしのよっしん
2019/05/06(月) 00:47:07 ID: k0+tgDTuPh
平成初期ってオカルトブームや熱狂が妙にあってちょっと恐ろしくもありワクワクで楽しくもあったなー