独学プログラマー Python言語の基本から仕事のやり方まで

  • 種別: 単行本
  • 作ったひと: コーリー・アルソフ,日経BP社
  • 販売数: 1
  • 発売日: 2018-02-24
  • 定価: ¥2,376
  • 値段: ¥2,376

独学プログラマー Python言語の基本から仕事のやり方まで商品

概要

原書『The Self-Taught Programmer: The Definitive Guide to Programming Professionally』翻訳図書である。邦題が原題にはプログラミング言語Python」の名を冠している為、Python教本の一種と誤解され易いが、これに関して訳者は、

本書は、Pythonを学ぶ本ではありません。Pythonを使ってプログラミングを紹介していますが、伝えたい内容はPythonに限らない、プログラミング全般の知識です。

本書「訳者あとがき」より引用

弁明している。詳細は後述する。

本書の旨は、前述の引用文にもある通り、コーディング以外のことを含む「プログラミング全般の知識」を学ぶことである。これは章立てからして一瞭然である。したがって、プログラミング初学者は論、ベテランプログラマーにとっても知識体系の整理等に有用な本である。

とはいえ、本書がPython前提である点には留意しておく必要がある。つまり、Python特有の用や機も登場する。例えば、Pythonの「リスト」や「辞書」に相当するものは、他のプログラミング言語では「配列」や「連想配列」と表現されることもあろう。又、Pythonの「continue」文に相当するものは、Luaには存在しない。訳者の謳う「伝えたい内容はPythonに限らない、プログラミング全般の知識」というのは、意味合いとしてはあくまで大まかなものである。

章立て

  1. イントロダクション
    独学の強み、プログラムを書くと良いこと
  2. さあ、はじめよう!
    プログラミングってなに?、Pythonってなに?Pythonインストール、対話シェルプログラムを保存する、例題プログラムを実行する
  3. プログラミング入門
    コメント、出、行、キーワードスペースデータ定数変数、構文、エラーと例外、算術演算子、較演算子、論理演算子、条件文、文
  4. 関数
    関数を定義する、組み込み関数関数を再利用する、必須引数オプション引数、スコープ、例外処理、ドキュメンテーション文字列、必要なときだけ変数を使おう
  5. コンテナ
    メソッドリストタプル、辞書、コンテナの中のコンテナ
  6. 文字列操作
    三重クォート文字列、インデックス文字列はイミュータブル文字列は足し算、文字列はかけ算、大文字文字変換、書式化、分割、結合、空白除去、置換、文字を探す、包含、エスケープ文字改行、スライス
  7. ループ
    forループrange、whileループbreak、continue、入れ子ループ
  8. モジュール
    重要な組み込みモジュール、ほかのモジュールインポートする
  9. ファイル
  10. 知識を1つにまとめる
  11. ハマったときの助け
  12. プログラミングパラダイム
    手続き型プログラミング関数型プログラミングオブジェクト指向プログラミング
  13. オブジェクト指向プログラミングの4大要素
    カプセル化、抽化、ポリモーフィズム、継承、コンポジション
  14. もっとオブジェクトプログラミング
    クラス変数 vs インスタンス変数、特殊メソッドis
  15. 知識を1つにまとめる
  16. Bash
    コマンド、最近使ったコマンド、相対パス vs 絶対パス、作業ディレクトリの変更、フラグ、隠しファイルパイプ、環境変数ユーザー
  17. 正規表現
    シンプルな一致、前方一致と後方一致、複数文字列との一致、数値との一致、繰り返し、エスケープ
  18. パッケージ管理
    パッケージ、pip、仮想環境
  19. バージョン管理
    ポジトリ、プッシュとプル、前のバージョンに戻す、差分
  20. 知識を1つにまとめる
    HTMLGoogleニュースをスクレイピングする
  21. データ構造
    スタックスタックを使って文字列を逆順にする、キュー、チケット行列
  22. アルゴリズム
    FizzBuzz、線形探索、回文アナグラム、出現する文字列を数える、再帰
  23. プログラミングベストラクティス
    コードを書くのは最後の手段、DRY、直交性、どのデータも1カ所で定義しよう、1つの関数には1つのことだけをさせよう、時間がかかりすぎるなら、たぶん何か間違えている、最初に良い方法で実装しよう、慣例に従おう、強IDEを使おう、ロギング、テストコードレビューセキュリティ
  24. プログラマーとしての最初の仕事
  25. チームで働く
  26. さらに学ぼう
    古典で学ぶ、オンライン授業で学ぶ、ハッカーニュース
  27. 次のステップ
    メンターを見つけよう、本質を探る努をしよう、アドバイスを得よう

※部(Part)及び一部の節は割愛

邦題の「Python」

原題にかった「Python」の文言が邦題に入ったが故に、本書がPython教本の一種と看做され易くなり、訳者が本書の「訳者あとがき」部分で弁明している旨は前述の通りである。しかしながら原題にかった「Python」の文言が邦題に入った理由についての言及はい。まるで、消費税増税による気低迷を防ぐ為に気対策が講じられているが、では気低迷を起こさせる消費税増税をしなければ良いのでは、という言説がタブーになっているぐらい不気味である。察するに、「Python」入りの邦題は訳者ではなく出版業界の意向であろう。「Python」の文言(キーワード)を入れれば売れるという出版業界の戦略・思惑がはたらいたのであろう。その戦略・思惑が功を奏したのか、本書はベストセラーとなった。

類似の事例として、『世界標準MIT教科書 Python言語によるプログラミングイントロダクション第2版: データサイエンスとアプリケーション』(原題: Introduction to Computation and Programming Using Python: With Application to Understanding Data)がある。こちらは原題にも「Python」の文言がある為、字面だけでは特に違和感いが、邦題の方の表では「Python」の文言部分が強調されている。

基本情報技術者試験ソフトウェア開発分野で扱うプログラミング言語Pythonの追加が予定されている[1]様に、Python需要は今後益々拡大して行くと思われる。出版業界が商売の為に、こうした時代の流れに追従して行く過程の中で、こうした商法に踏み切るのは自明であると謂えよう。

関連商品

原書

邦題で「Python」部分が原題よりも強調された例

本書「補章:より良いコードにするために」の関連書籍

本書「補章:継続して学ぶために」の中で紹介されている書籍

関連項目

外部リンク

脚注

  1. *COBOLの出題廃止、Python追加 基本情報技術者試験、「AI人材育成ニーズ踏まえ」exit_niconews: ニコニコニュース

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/i/az4822292274

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

独学プログラマー Python言語の基本から仕事のやり方まで

1 削除しました
◆ZRjEeBXs76 削除しました ID: UJ+H5uAgOn
削除しました

急上昇ワード