バッタを倒しにアフリカへ (光文社新書)

  • 種別: Kindle版
  • 作ったひと:
  • 販売数:
  • 発売日: 2017-05-26
  • 定価: ¥506
  • 値段: ¥506

バッタを倒しにアフリカへ (光文社新書)商品

1.2千文字の記事
  • 4
  • 0pt
掲示板へ

私はバッタアレルギーのため、バッタに触られるとじんましんが出てひどい痒みに襲われる。

そんなの普段の生活には支障はなさそうだが、あろうことかバッタ研究しているため、死活問題となっている。こんな奇病を患ったのも、14年間にわたりひたすらバッタを触り続けたのが原因だろう。

全身バッタまみれになったら、あまりの痒さで命を落としかねない。それでも自的にバッタの群れに突撃したがるのは、自暴自棄になったからではない。

子供の頃からのバッタに食べられたい」をえるためなのだ。

バッタを倒しにアフリカへ (光文社新書)とは、前野 ウルド太郎によるノンフィクション学芸書籍である。

第71回毎日出版文化省特別賞、第14回山賞受賞作品。

導入

ファーブル昆虫記』に感銘を受け、大量発生したバッタ緑色を食べられてしまったという観光客のニュースを知って以降、愛しされる昆虫学者になろうと決めた少年博士号を取得しバッタ研究についていた。

しかし、バッタ被害がほとんどない日本において、バッタ研究では生活が出来ず職にあぶれてしまう。

そんな折、アフリカではバッタによる飢饉が深刻な問題であることとそんな際的な問題でありながら過去四十年間碌に研究が進んでいないことを知り、バッタの群れに巻き込まれることと食糧問題の解決、さらに帰した際の就職というえるため31歳の日本面積のおよそ3倍を誇る砂漠の国モーリタニアへと単身飛び立つ。

しかし、建以来の大干ばつに見舞われた現地ではバッタ然と姿を消してしまっていた。

予算は持って1年。果たして著者はえることができるのだろうか?

カラー写真満載の科学冒険就職ノンフィクションが今始まる!

登場人物

前野ウルド・浩太郎
主人公、というか著者本人。ルポ形式のため常時この人物の視点で進行してゆく。癖の強い人や過酷な環境にもめげず徐々に適応していく本作屈の変人。

ティジャニ
ランドクルーザーを駆るスピード狂のドライバーガイド。長い付き合いとなる相棒主人公とはお互いの言が通じないがジェスチャーや略語を駆使し何とか上手くやっていく。

ババ所長
研究所の所長。主人公にとって第二の父親とも呼ぶべき存在となる非常に懐の深い、モーリタニアの良心のような人物。

モハメッド
学生通訳をはじめ複数人登場。

キース
アメリカ人の研究者。

バッタ
い焦がれる本命。

ゴミムシマシ
浮気相手。

関連動画およびレビュー動画

関連商品

関連リンク

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 4
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/i/azB072FGTM65
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

バッタを倒しにアフリカへ (光文社新書)

4 ななしのよっしん
2022/01/20(木) 00:18:10 ID: +0i6KY5nM3
狂人というのは種の生存に必要なのだなと感じさせられる
5 ななしのよっしん
2022/02/12(土) 09:54:51 ID: FQS4BIHP8G
バッタバッタバッタを倒す
6 ななしのよっしん
2022/02/22(火) 00:31:30 ID: Xm8/WIitue
起こすタイプバッタの生殖システムをつい最近解明して、もしかすると蝗が関連する食糧危機を救うんじゃないかって期待される狂人
7 ななしのよっしん
2022/02/22(火) 00:36:07 ID: UsRzokv7K8
そんな人がもしかしたら研究職のを諦めざるをえなかったかもしれない窮地に追い込まれてたわけで、日本はもうちょっと研究分野に優しくしてもいいんじゃないかなと思った
8 ななしのよっしん
2022/02/22(火) 00:43:17 ID: QT2Uv5L1ZP
「かな」って言われて何十年だよ
何千何万年だよ
遺伝子研究職冷遇+研究職は荒んで低学歴者などの差別となるようになってるんだよ
9 ななしのよっしん
2022/06/23(木) 22:24:19 ID: Xm8/WIitue
いつの間にかに蝗も収束してたみたいね。この人の貢献はどれくらいだったんだろう。こっちだとこういう所かTwitterのそういう界じゃないと話題聞かないけど、現地だと英雄みたいになってるんかな・・・評価されてるといいなぁ・・・
10 ななしのよっしん
2022/06/24(金) 12:11:44 ID: LJJ6Pi2vGM
>>9
本人く現地スタッフ(著者は含まず)の尽
著者は2021年4月から際農研に主任研究員として採用されてるから研究は続けられそう

https://twitter.com/otokomaeno175/status/1502239598805909504exit
アフリカで起こったサバトビバッタの大発生は2年以上の時を経て、社会からの寛大な支援と現地スタッフの尽もあり、ようやく鎮まったそうです。   大変お騒がせいたしました。

バッタの数が減ったのは、現地でがほとんど降らず、生息環境が悪化したことも大きく関係しているようです。

バッタ大発生は、不定期に起こるため、すぐに人々に忘れられがちで、風化しやすいのが問題です。ご自身のクレジットカードの暗番号レベルで、バッタのこと忘れないでください!

大変です。一部で私がバッタを倒したことになっておりますが、皆様のご期待に反して、農散布等活動していた「現地スタッフ」に私は含まれておりませぬ!いつの間にやらヒ
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
11 ななしのよっしん。
2022/07/15(金) 22:50:35 ID: n6u+CtrzE7
この本確か世界一受けたい授業でこの本が紹介されて、わりと内容がユーモアな感じでおもしろかったから今見たら、何気に凄い発見してたんだ...やはり変態世界を救うとわかったよ。浮気相手もいるし(相手に) ついでにモーリタニア ヌアクショットというも知れたし。
12 ななしのよっしん
2022/08/06(土) 18:29:43 ID: QU+KYTK4RR
浮気相手好き
13 ななしのよっしん
2022/08/18(木) 20:52:51 ID: IfE2yNHB6s
児童書版だと加筆あるのかよ
フリガナいらないからって通常版のを買ってしまった

おすすめトレンド

スマホで作られた新規記事

こちらの記事に加筆・修正してみませんか?

ノルマ未達成回 アマナァ 昭和天皇の御学友 ひとくちワッカ