ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


#大家帝国


ヨミ: ハッシュタグオオカテイコク

#大家帝国とは、DDTプロレスリングで活動するプロレスラーたちのユニットである。
マッスル坂井いわく「巨大プロレスLINEグループ」であり、旧名はガンバレッスル夢ファクトリー(仮)
他にも言えない補があったが、ここでは触れない。


概要


元々は男色ディーノスーパー・ササダンゴ・マシン大家健の3人でKO-D6人タッグ王座を獲るため(もしくは、ガンバレ☆プロレスプロレスキャノンボール2014でカリスマ化した大家健を、元のポジションに戻そうとするマッスル坂井悪意編集者の憶測)によって結成されたユニットである。

2015年ドラマティック総選挙での対棚橋弘至戦のアピール、そして同年11月17日に開催された「#大家帝国行~マッスルメイツ2015~」の大成功で、この年のプロレス界下半期を大きく動かす存在となった。


#大家帝国の歴史


ここからは#大家帝国の亡を簡単に記す。


ユニット発足~みんな、あの日まで両国までの一発ネタだと思っていた


2015年DDTビアガーデンプロレス闘うビアガーデン」にて、KO-D6人タッグ王座に挑戦したい男色ディーノスーパー・ササダンゴ・マシンパートナー大家健推薦。当初、大家ガンバレ☆プロレス所属の外敵だから不可とされたが、色々あってディーノササダンゴ、大家による挑戦が認められる。当初、ユニット名は「ガンバレッスルワン」、「ガンバレッスル夢ファクトリー」、「ガンバ大阪」というどこかで聞いたというかどこからに怒られそうな名前であり、当座はガンバレッスル夢ファクトリー(仮)という、かつてレッスル夢ファクトリーの追っかけをしていた(そして当時FM-TAROだったGENTAROデビュー戦を観戦記で酷評していた)人気リングアナだけにバカウケしそうな名前になった。

その後、その年の両国ピーターパンチームドリフが持つKO-D6人タッグ王座に挑戦するが敗退。しかし、ササダンゴのプレゼンによってこのユニットによるKO-D6人タッグ王座再挑戦が決まり、ユニット名も「#大家帝国」と名。両大会後もチームドリフとの抗争が続いたが、9月27日後楽園大会でついにKO-D6人タッグ王座を獲得。


総選挙で1位になったらマッスルをするよ~だから棚橋弘至をブッキングしてね!


この年のドラマティック総選挙で、メンバースーパー・ササダンゴ・マシン選挙演説で「ユニット部門で1位になって行権を獲得した場合は、その行をこっそりマッスルにする。」と言う約を発表した。この言葉がかつてのマッスルメイツたちにいたのか、ユニット総選挙の有効投票10388票のうち1/4近くの2543票を獲得。2位酒呑童子に対して900票もの差をつけて圧勝した。

そしてその表の場で、ディーノササダンゴは鶴見亜門GMに3つのお願いをする。それは……

というものだった。これはみんなびっくりした。後楽園ホールにいた観客(含むこの記事の編集者)もニコ生で見ていた観客も、そしてスタッフレスラーたちも。

ここで大家は涙ながらにHARASHIMAに対してタッグ結成を訴える。この件について事前にどこにも話を通してなかった為に亜門GM高木三四郎社長松井幸則レフェリーは困惑の表情を浮かべたものの、HARASHIMAしく涙を浮かべながら#大家帝国に対して感謝の意を表し、「いつでも準備は出来てるから!」と宣言して#大家帝国の面々と泣きながら抱き合った。
これに対して高木三四郎社長も「をくくって交渉する。」と宣言するに至った。

その後DDT公式HPHARASHIMA大家健vs棚橋弘至小松というカードが発表された(ちなみに『マッスル』で事前カードが発表されること自体が異例中の異例である。)。そしてこの行『#大家帝国行~マッスルメイツ2015』は平日の開催にもかかわらずファンクラブ優先販売・スマホサイト優先販売・会場優先販売で事前に一定のチケットをまわすことが決まっているプレイガイド取り扱い分と当日販売の立ち見以外のチケットが全て売した。


2015年11月17日の奇跡~熱気、狂気、驚喜、歓喜の丸め込み


2015年11月17日後楽園ホール平日にもかかわらず、この日は満員札止めとなった。会場にはDDTプロレスリングファンだけでなく、今井田軍団新日本プロレスの熱心なファンもかけつけた。観衆1800人。


行の前半からセミファイナルまでは、まさにかつてのマッスルが展開された。 PENPALSの「LONELY DAYS」をBGMとするオープニングマッスル坂井鶴見亜門(GMではなく総合演出)によるちょっとgdgdあいさつプロレスファンを試すかのようなシュールもしくはトンチの効いた試合の数々、南海キャンディーズ山里亮太が「キャリアに傷がついた」と激怒するくらいの事故となった手相撲(笑)。エトピリアBGMとするスローモーションモノローグ……そしてレスラーの本音の感情。どこまでもマッスルだった。新日ファンだけでなく、マッスル最終回武道館大会を知らない最近のDDTファンもちょっと困惑するような、でもそれがマッスルである。

そしてメインイベント。ここ数年、プロレス界の絶対的なベビーフェースだった棚橋弘至に向けられる怒号のようなブーイング。そしてそんなシチュエーションを楽しむかのようにふてぶてしい棚橋小松。一方、HARASHIMA大家健にはホール割れんばかりの援が届く。新日ファン棚橋小松コールを送っても、それを打ち消すようにHARASHIMA大家コールが覆い被さる。DDT後楽園大会でここまで大援となるのは滅多にない。それはまるで、かつて東京ドームで繰り広げられた、新日本プロレス対UWFインターナショナルの対抗戦のようだった。試合は大家が炎のスピアを棚橋に決めて場外に釘付けとし、その間にHARASHIMAが必殺の小松に決めて勝利した。

そして試合後、控え室に帰るかと思いきや、本部席に向かった棚橋は、おもむろにパワーポイントによるプレゼンテーションを始める。スーパー・ササダンゴ・マシン(松竹芸能所属)が棚橋(当時、マセキ所属)に対して、芸ルートを通じて面下で交渉して実現させたものである。棚橋はパワポ(制作マッスル坂井)によって、DDT大会でなぜあんな不穏発言をしたのか、その意を解説。その内容に新日ファンだけでなく、DDTファンも納得をする。さらに2016年標として棚橋ドラマティック総選挙に出ると発表したときは会場が大爆笑に包まれた(なお、松井フェリーと亜門GMは頭を抱えた)、そして棚橋からHARASHIMAへの「ごめんね」。それまでのもやもやは晴れた。後楽園ホールは大棚橋コールへと変わった。

第一試合からずっと、この行では「丸め込み」がキーワードのように出てきたが、その締めくくりがDDTと新日の間の悪い空気煽りパワポで「丸め込む」というものだった。まさにマッスル坂井じゃないとできない芸当である。

この日の行はネットプロレス大賞2015のベスト行に選ばれた。


その後の#大家帝国~そりゃもうgdgdさ


かくして、2015年下半期の台風となった#大家帝国だったが、栄を極めてからの転落はあっという間だった。
11月広島大会でT2ひーにKO-D6人タッグ王座を奪われると、12月福岡大会では高木三四郎との一騎打ちめて乱入を重ねてきたKENSOユニット入り。そして同後楽園大会で大家健ユニットを脱退。

翌年には男色ディーノスーパー・ササダンゴ・マシンユニットを脱退し、メンバーKENSOひとりだけということに。
2016年3月DDT大会でKENSO中澤マイケルと組んで、高木三四郎&葛西純の「クレイジー大社長」、飯伏幸太(飯伏プロレス研究所)&伊橋剛太(その研究材料)と3WAYで戦うが、ユニットはその後どうなることやら……。


#大家帝国のメンバー(2016年2月現在)


かつてのメンバー

共闘メンバー


関連動画



■1441545425[ニコ動]

■1444556799[ニコ動]

■1442230185[ニコ動]


関連項目



外部リンク



最終更新日: 16/03/20 03:28
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ