ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


(笑)


ヨミ: カッコワライ
掲示板をミル!
745カキコ!

(笑)とは、文章の文末などにつける記号で、文章上で笑っていることを表すのに使う(笑)


概要(笑い)


昭和時代から存在する用法で、通常の上などに書かれている文章などでは話者が笑っている様子を示すことは難しい(笑)しかし、文末に(笑)または(笑い)を付加することで「話者が笑っている」「場が砕けている」などの効果が期待できる(笑)
そのため堅苦しくない文章などでの笑いの表現に多用され、雑誌などの記事上で何十年と非常に重宝されてきた(笑)

例:面いですね(笑)
例:山田さんの会話は最高です(笑い)


応用例(笑)


その他、(笑)(笑い)だけでなく、以下のような使い方も存在する(笑)


大正時代の使用例(笑い出す)


昭和以前の使われ方としては、戯曲のト書きなどで使われていた(笑)

人 当り前さ、わたし魔法を知っていれば、お前さんなどに任せて置きはしない。(一同笑い出す)

王女 (笑い出すそれはそのはずですわ。そんな古いマントルを着ていらっしゃれば下男か何かと思われますもの。

王 (嘲笑う)生意気な! わたしマントルのを見るが好い。

大正11年 芥川龍之介 「三つの宝」


だんだん略され始める(wara


2000年代に入るとこの(笑)はインターネット上において略されるようになる(笑)

(笑)→(笑 →(wara) →(wara→ (w→w

まずパソコン通信時代に後ろのカッコ省略されるようになって、日本語が使えなかった初期オンラインゲームDiabloというゲームなどで(waraiや(wが使われるようになった(笑)

更には2ちゃんねるVIPでは「wwwwwwww」と繰り返しwを打つようになり爆笑の度合いを表すようになる(笑)

ニコニコ動画で「wwwwwwww」と見かけた場合は2ちゃんねるの影が強い(笑)


近年のネット上での意味(嘲笑)


(笑)は、「w」が普及したことにより役を終えたかのように思われた(笑)
その為かは分からないが、近年(笑)は嘲笑を表現する新しい用法で用いられる事がある(笑)

嘲笑としての(笑)は意外と古くからあり、例えば『幽☆遊☆白書』2巻(1991年)には次のようなやりとりがある(笑)

「あー、あいつ!!ダメマツじゃねーか!!」
「知ってんのかい?」
「おお、小学校んときのダチだよ。松尾末吉、なにやってもダメだからダメマツ(笑)よくいじめられてたの助けてやったっけ」

掲示板>>630より引用(笑))

また『HUNTER×HUNTER』1巻(1998年)にはあるキャラ絶望して裏に大量の蔑称がよぎる場面があるが、その中に「負け犬(笑)」という単が含まれている(掲示板>>630より(笑))

いずれも単純に喜を表現するという以前からの用法からは離れた使い方であり、20世紀末には既に嘲笑を意味するとして使われていたことを示している(笑)もしもっと古い用法があれば掲示板で報告して欲しい(爆笑

ネット上、特に2ちゃんねるを中心としたネット掲示板やにおいてはスイーツ(笑)に代表されるように、相手を煽ったり小馬鹿にする時に使われやすい(笑)
スイーツ(笑)とは、お菓子のことをオシャレスイーツと発言する(してそうな)女性を小馬鹿にした単である(笑)

現在ネットでは(笑)=嘲笑という図式がほぼ固定化しており、文末に意味に(笑)を多用することによって相手をイライラさせることも場合によっては可である(笑)論相手に大変失礼で気を悪くさせる使い方なので使わないのが望ましい(笑)

特にニコニコ動画では見せ場のない空気主人公格のキャラがいるゲームにて「主人公(笑)」というタグがつく場合もある(笑)そこから生してか、関連項目にあるような身の丈に合わない台詞キャッチコピーに(笑)をつけて馬鹿にする用法も多い(笑)

もしあなたがネット上以外で(笑)を見かけて嘲笑の意味でしかとれない場合かなり精的に追い詰められている様子(爆)なので、たまにはパソコンの画面から離れて気分転換してみてはいかがだろうか(笑)

また、近年では(笑)さらにを略して()とも表記することもある(笑)
()は(←カッコ、)←終わり、から「カッコワリー」だとか、「笑」が欠落していることで「失笑」といった解釈がされる場合もある(笑)

なお、他の記事にも言えることであるが、ニコニコ大百科内の(笑)リンクる際は()の大文字文字に気をつけよう(微笑)本稿では半角()を使用しているが、一部記事では全角の(笑)を使用している(笑)


カッコわらい(爆笑)


もし(笑)を口に出すならば「かっこわらいかっことじ」になるが、通常「かっこわらい」とされる(笑)

T.M.Revolutionの楽曲「HIGH PRESSURE」では歌詞に「(笑)」というフレーズが含まれており、「カッコワライ」と発音することになっている(笑)ちなみに1997年の楽曲であり、歌の歌詞中に登場した初期の例ではないかと思われる(笑)ただし最初かどうかは定かではない(笑)

アイドルマスターに関する文脈での使用に際しては、楽曲Here we go!!歌詞にちなんで「カッコわらい」と意図的に仮名表記で使われる場合がある(笑)

また、主人公(笑)アサギテーマソング内に「かっこわらい」というフレーズが存在する(笑)
もちろん歌詞カードには・・・(笑)


関連項目(妖笑)



最終更新日: 15/01/24 03:26
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ