ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


Ζガンダム


ヨミ: ゼータガンダム
掲示板をミル!
260カキコ!
このページではモビルスーツとしてのΖガンダムについて記述します。アニメ作品については『機動戦士Zガンダム』を参照してください。

ゼータガンダム

Ζガンダム(MSZ-006 Zガンダム)とは、アニメ機動戦士Ζガンダム』に登場するモビルスーツである。


Ζガンダム


ZETA GUNDAM
Ζガンダム
MSZ-006
頭頂高 19.85m
重量 28.7t(本体) 62.3t(全備)

2,020kw
112,600kg
搭乗者 カミーユ・ビダン 他
装甲 ガンダリウムγ
武器

エゥーゴアナハイム社に開発を依頼したフラッグシップとなる可変機の開発計画『Ζ計画』で結実した可変MS(TMS)。

アナハイムエレクトロニクス社で開発中だったMSZ-006X「プロトタイプΖガンダム」にエゥーゴカミーユ・ビダンアイデアを取り入れて可変機を持つように設計された。
MS形態から「ウェイブライダー」と呼称される高速巡航形態に変形可であり、ノンオプションでの大気圏突入も可

ウェイブライダー形態はMS形態時の「フライングアーマー」を下面に配置する事によって極音速飛行時にショックウェイブを形成し、機体の熱を緩和させる。
従来のバリュートシステムでは降下シーケンスに手間取り、展開後の隙で撃墜される機体も少なからず存在した。この問題は大気圏突入の流れを簡略化し、かつスムーズに行うためフライングアーマーを機体設計に織り込む事で解決を見せた。

こうした自由度の高い突入は宇宙から地上基地への強襲任務に適しており、後の時代でも高く評価されている。

その上、ウェイブライダー形態は1G重力下でも飛行可というバカみたいな汎用性を誇る傑作機。更にサブフライトシステム代わりにMSを乗せて飛ぶことまでできる。こうした万ウェイブライダー形態を持つゼータは全領域支配対応のMSエリア・ドミナンスArea Dominance=領域支配仕様」というカテゴリーに分類されている。後のガンダムシリーズにおける高速巡航形態といえば大体こいつを参考に作られていることが多い。

フライングアーマー部分は交換が可となっており、後述するVGの「ウェイブシューターユニット」を装備するプランも挙がっていた。フライングアーマー付近のロング・テール・スタビレーターはAMBACモジュールとスラスターを兼ね、緊急時における加速や急な方向転換などにも使われる。

な搭乗者はカミーユ・ビダンルー・ルカジュドー・アーシタなど。初登場時はアポリー・ベイが操縦していた。

タイトルネームになっているガンダムでありながら、登場は作品中盤と言う遅れてきた主人公機。さらに後のZZガンダムも遅れての登場であったため、こちらでも初期の主人公機を務めている。主人公機の交代はザブングルダンバインなどで既にあったものの、タイトルネームの機体が途中まで出てこないというのはレアだった。

グリプス戦役時のロールアウトでありながら、後の第1次ネオ・ジオンでも第一線で活躍し、ZZガンダムパイロットになったジュドー・アーシタも大気圏突入時のミッション及び砂漠地帯でのオアシス探索に使用していた。また、『逆襲のシャア』におけるアムロも当初はZガンダムの配備を上申している(連邦上層部がアムロにこんなもの預けちゃいかんということで却下。このためνガンダムが生まれた)など、後の時代でも十分通用する高性機だった。


バイオセンサー


Ζガンダムはコックピット部に「バイオセンサー」を搭載しており、『機動戦士Ζガンダム』の終盤ではカミーユの高まったニュータイプに呼応して“ビームを弾く”、“敵モビルスーツの動きを止める”といった超常現象を起こした。

バイオセンサーとは準サイコミュの一種で、感応波が微弱な非NTオールドタイプ)でも波を繰り返してサンプリングすることで、コマンドコントロールを行えるような簡易版サイコミュである。非NTとの親和性が高いサイコミュで機体の追従性を高めるシステムなのだが、AE社はNTされるパイロットが乗る機体に秘密裏に組み込んで利用法を模索していたと言われている。

一部ブラックボックス化しているサイコミュだが、ゼータが起こした現も未解明の部分が大きい。宇宙世紀ビーム技術はミノフスキー博士の提唱したミノフスキー物理学に依り、一説にこれが大きく関係するとも言われている。
ニュータイプと呼ばれる人種軍事的には「特殊な感応波を発する者」という認識。圧を受けた特殊な感波(サイコウェーブ)はミノフスキー粒子に干渉する性質を持ち、サイコミュシステムはこのサイコウェーブを受信・増幅させ遠隔操作兵器に用いるシステムである。
研究者達からは「ミノフスキー通信」と呼ばれており、一説にニュータイプの勘が良かったりニュータイプ同士が共振現を起こすのは特殊波の“干渉”を感じ取れるためと推測される。

サイコミュは特殊な感応波を受信・増幅させて機械語翻訳する、つまり特殊な感応波の「粒子へ干渉可な幅を大きくしている」という事に他ならない。宇宙世紀におけるビーム兵器ミノフスキー粒子メガ粒子)を収束・形成・放出するため、最小単位に干渉してビームを肥大化させたりしている、とも考えられる。

上述の現ゲーム等で「バイオフィールド」と称する作品も存在した。

後の小説機動戦士ガンダムUC」においてサイコミュサイコフレーム」が起こした現が「サイコフィールド」と命名された事を受けて、以降のメディア展開ではゼータサイコミュバリアを「サイコフィールド」とする作品も見られる。


Ζ計画


可変機の開発計画であるΖプロジェクトは、一説にエゥーゴフラッグシップとなるモビルスーツガンダム)を開発するという名をもって始動した(G計画と呼ばれている)。
Ζ計画

以下はモデルグラフィックス別冊『ガンダムウォーズ2 MISSION ΖΖ』に収録されている設定を参考にしたものだが、エプシィについてはそれ以外で言及されている例がどない。
一応2000年代以降に出た較的新しい書籍だとサンライズ監修の『マスターアーカイブ』での言及が確認されているが、このシリーズオフシャル性の低いマイナー設定をも組み込んでしまう事にも定評がある

  1. 本計画ではアクシズからもたさらされた技術を基に、まずブロックビルドアップ構造というアクシズの可変機「ガザ」系の技術を採用した「プロトタイプリック・ディアス」(コードγガンダム)が開発。
  2. 続いて「エプシィガンダム」(コードεガンダム)の開発が始動。エプシィの小化した核融合パルス推進システムブラッサムとガンダリウムエプシロンの開発が困難を極めると計画当初から予想されていた。
  3. エプシィ開発チームはエプシィのデザインと開発チームの一部をTMSδガンダム」に流用させる。
  4. ここでも一難。δは可変技術の未熟さが原因となった「変形時のムーバブルフレーム強度不足問題」が発覚。δガンダムを可変機とするのは諦め、一度非可変機として再設計した。これが「百式」である。
  5. 百式ベースにMSZ-006X1、後に「プロトタイプΖガンダム」と呼ばれる事になる機体が開発。
  6. ガンダムMk-Ⅱで得たムーバブルフレーム技術を導入し、ついに全な可変機体MSZ-006「Ζガンダム」の開発に成功する。AE社内における可変機開発のブレイクスルーとなった。

以後もアナハイムでは可変機の開発が続けられた。これを見ても分かる通り、Ζ計画を祖とする「開発コードギリシャ文字を採用したMS」が特別、可変機というわけでない。開発当時の最新かつ革新的な技術を導入した試作機…あるいは高級機であり、Ζはその結晶というべき「時代が生み出した歴史的名機」なのである。


ゼータ量産計画


ゼータの量産を試みる動きは多かったが、可変MSは専用部品が多いため高コストになりがちの上に変形する構造上フレームと関節部分が脆く、可動部が多い分整備性に欠けるといった問題点から量産化はしていない。

ただしゼータベースとした機体も多くモデルグラフィックス別冊『PROJECT Ζ』を初出とする「Ζプラス」、映画逆襲のシャア』に登場した「リ・ガズィ」、『機動戦士ガンダムUC』の「リゼル」等が代表的な生機に挙げられる(一部機は量産化に成功したモデルとなったが結局MSZ-006自体の全量産には至らなかった)。

外伝的な作品ではZ系列の機体が主人公機を担っていることも多い。ただし、Zプラス自体は生機の項にもあるが幾つか特化したバリエーションが存在するので仕様変更機、もしくは限定仕様機とも言える。

「Zフェイス」とも呼ばれるフェイスカバーにスリットが存在しない面長の頭部が特徴。また、大抵のガンダムに付属しているオプチカルシーカーくない。そのため歴代ガンダムタイプをずらっと並べてもこいつだけは一発でわかる。


バリエーション



次へ»
最終更新日: 21/01/10 18:51
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ