ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


Ζプラス


ヨミ: ゼータプラス
掲示板をミル!
34カキコ!

Ζプラス(Zplus)とは、1986年刊行のモデルグラフィックス別冊『PROJECT Ζ』を初出とするガンダムシリーズMS

また、TMSトランスフォーマブル・モビルスーツとして開発されたΖプラスシリーズの総称である。


ΖプラスA1型


ZETA PLUS A1 TYPE
ΖプラスA1型
MSZ-006A1
MSK-006
頭頂高 19.86m
重量 36.18t(本体) 77.4t(全備)

2,070kw
101,000kg
装甲 ガンダリウムγコンポジット
武器

エゥーゴ支援組織「カラバ」がΖガンダムの「ウェイブライダー形態」にを付け、大気圏内巡航用に再設計した機体。
カラバ導のもとアナハイムエレクトロニクス社との共同開発で生まれたΖの仕様変更機ともいえる機種である。

大気圏内巡航用にウェイブライダー形態はVGとなるウイングバインダーを装備し、シールドも各種センサー類を組み込んだものに変わっている。

Ζガンダムコスト削減を的として内部構造を単純化、ヒンジの兼用・アクチュエーターに規格品の導入など生産性の高い部品を利用している。
ゼータは構造が複雑なために高コストを招いていたが、Ζプラスではあくまで特性を重視しており、内部構造を簡略してもさほど問題にはならなかった。
結果、単なるコストダウンに留まらずこれがΖプラス自体の信頼性向上に繋がったようだ。

MISSION ΖΖ』では、ΖプラスA1型に採用されたフライングアーマーのは、優れた揚抗を得て亜音速から音速飛行が可とされる。この時点では問題は見当たらないが、後の『ガンダム・センチネル』にてA1ウェイブライダー形態時の「中戦」を想定していないと記載された。
正史ではこちらを公式設定として採用。A1は単に重力下巡航用としての性質が強くなり、中戦(ドッグファイト)の性が低いことを受けて仕様ΖプラスD」の開発に踏み切った。

大まかには大気圏内向けのA型宇宙戦向けのCに分類することが出来る。A型、Cから幾つかの形態に生したが、どはスタンダードで量産に適した2種とは異なり限定生産機と言える。実際、Ζプラスの生は試作色が強い機体も多く、中にはテストベッド機やトレーナー機として修された物もあった。

Ζプラスと別に「ΖΖガンダムの合体変形と関連すると思しきカラバのガンダム」も噂されている。エゥーゴの技術支援を受けて生まれたAE社製の機体という設定のため、Ζ計画背景にはΖプラスでとった相互関係も多少関係していると思われる。
また、Ζプラスを意識したリック・ディアスの開発チームによってηガンダムこと「ΖレイピアⅠ」が開発されるなど、アナハイム社におけるMS開発誌にもなくてはならない存在となっている。

機動戦士ガンダムUC』でも、地球連邦地上軍の一部施設に本機が継続配備されている。


採用経緯


Ζガンダムの欠点

■im2107759(静画)

時代が生み出した名機と名高いMSZ-006Ζガンダム」。
TMSトランスフォーマブルモビルスーツ)として可変形機構を持ち、なおかつノンオプションで大気圏への再突入が可な全領域支配対応(エリアドミナンス)の万機である。

だがゼータは、後の時代から鑑みても複雑な可変機構を持つためコストが嵩み、アナハイム社が当初想定した量産には至らなかった事でよく知られる(複雑な機構による生産性の低さももちろん何より値がるから買い手が見つからなかった)。

しかし、AE社が大な費用をかけたΖ計画の結晶をそう簡単に切り捨てるわけにはいかず、採用に持ち込むために様々なプランを模索していた。そこへ購入の話を持ちかけたのが、当時戦機としても有用なTMSを欲していたエゥーゴの地上支援組織「カラバ」である。
如何に高価といえど、地上の全域を支援しているカラバにとってTMS/全領域支配対応のΖ計画機は其れほどまでに魅的だったのである。

ストライク・ゼータ~Ζプラス

両者の思惑が合致し、AE社は採用評価試験のために、ゼータの同機を償で貸し出した。このときの機体が、カラバのゼータタイプΖガンダム3号機」とされている。
採用評価試験は両者円満の内に終わり、カラバ側も既にゼータの制式採用に向けて動いていた。

AE社側はカラバの要請を受けて不要な宙域戦装備を外し、大気圏内用としての装備を開発する。装備は「フライングアーマー」のにあたる「ウェイブシューター」という名のVGであり、再度良を重ねた発展ストライクユニット)がカラバにおいて採用評価試験中のΖガンダム3号機に装備されている。
これがアナハイム向け報告資料で「ストライク・ゼータ」と呼ばれていた機種の正体である。

さらにカラバ側導で、ウェイブシューター3号ストライク・ゼータ仕様をもとにコストダウンを図った大気圏内専用機の開発に至る。これがゼータプラスのプロトタイプと言われる。
それをさらに発展させる形で大VGを採用、武装であるビームカノンを装備させた「ΖプラスA1型」がアナハイム社のカリフォルニア工場にてロールアウトすることになった。


ΖプラスA1型試作機(アムロ・レイ専用機)


■im3249366(静画)

着状態の戦況を打破するために、カラバはA1のロールアウト前から、Ζプラスだけで構成されるエースパイロット特殊部隊の編成を計画していた。

まず最初にアウドムラから1名が、他の航空師団から2名がアナハイム社のカリフォルニア工場に派遣された。3名に続いて次々とパイロット達がカリフォルニア工場に送られた(彼らはいずれも撃墜数20機をえるエースパイロット達である)。

そしてファーストロットで製造された20機あまりのA1完成を迎え、エース部隊「18TFAS」が結成された。

その18TFASの初代飛行隊長を務めていたのは、一年戦争伝説エースで、後のロンド・ベル隊の隊長として知られるアムロ・レイ大尉二階級特進のため中佐)であった。

レイ大尉機を含む3機は幾度もリペイントを行い、最終的にデモンストレーション用のテストカラーに落ち着いた。
レイ大尉機のロング・テール・スタビレーターにはアウドムラ所属を示す“AE”、左肩部に大尉パーソナルマークが入っている。また右肩部には部隊番号である“018”が入るが、これは通常左肩に入れられる文字であり、部隊長機のみ特例として扱われているらしい。の機体色は3度ペイントによるもの。


ΖプラスC1型


ZETA PLUS C1 TYPE
ΖプラスC1型
MSZ-006C1
頭頂高 21.11m
全長 24.9m(WR形態)
36m(WR・ビームスマートガン装備時)
重量 36.18t(本体) 77.4t(全備)

2,070kw
101,000kg
搭乗者 テックス・ウェスト
シグマン・シェイド
チュンユン  他
装甲 ガンダリウムγコンポジット
武器

■im3250257(静画)

地球連邦軍がA1の性を付け、AE社に宇宙用に調整した機種を要請し、再々設計した機体。

真空中での冷却・生命維持装置を追加し、機も熱核ロケットエンジンに変更。プロペラント容量も大幅に善され、VGとテールスタビレーター間に熱核ロケットを4基格納したバックパックを装備する。

ズンの反乱の際には、地球連邦軍の「α任務部隊」に配備されていた。


バリエーション



次へ»
最終更新日: 19/03/21 02:26
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ