ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


μ's


ヨミ: ミューズ
掲示板をミル!
282カキコ!

μ'sミューズ)とは、石鹸電撃G's magazineのユーザー参加企画として開始したメディアミックス作品『ラブライブ!』に登場するアイドルユニット名であり、そのキャラクターボイスを担当している9名で構成される声優ユニット名でもある(後者の場合、「μ's from ラブライブ!」と表記されている場合もある)。

声優ユニットとしては、ランティス所属。


概要


劇中での音ノ木坂学院スクールアイドルユニットの名称。読みの「ミューズ」はギリシャの文芸を女神たち「ムーサ」に由来する。ちなみに石鹸ネタ公式許可を取っているとのこと。

リアル声優ユニットとしては、Animelo Summer Live2012年から2015年まで4年連続で出演したほか、単独ライブも何度か開催している。2015年には、声優ユニットとしては異例となる紅白歌合戦ミュージックステーションへの出場を決定。雑誌企画からスタートしたものの、アニメ化によって知名度が格段に上がった。

2015年12月東京ドームでの最後のワンマンライブおよびファイナルシングルの発売を発表。2016年3月31日4月1日ファイナルワンマンライブが開催された。これをもって声優ユニットとしては事実上の活動休止状態となったが、キャストは折に触れて「解散」ではないとするコメントを残していた。

活動休止状態からの転機となったのは、2017年9月東京ゲームショウ2017で実施された「ラブライブ!スクールアイドルフェスティバルALL STARSスクスタ)」発表会である。この会のスペシャルゲストとして、新田恵海高坂穂乃果役)が1年半ぶりに『ラブライブ!公式の場に登壇し、Aqours伊波杏樹高海千歌役)とともに会を進行した。以降スクスタ関連の番組などで、μ'sの一部メンバーAqours虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会メンバーと共演し、シリーズオールスターの一員としてメディア出演が再開されるようになる。そして2020年1月に、μ's・AqoursSaint Snow虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会が一堂に会して「ラブライブ!フェス(仮称)」が開催されることとなり、声優ユニットとしてのμ'sが4年ぶりに表舞台で再集結する予定になっている。

電撃G's magazineユーザー参加企画

電撃G's magazineでの企画開始当初は導入部分以外ストーリーラインは明かされておらず、CDに収録されたボイスドラマ電撃G's magazine誌上に掲載されたインタビュー形式のショートストーリーで断片的に描かれるのみであり、その後に開始した漫画アニメでμ's結成の経緯が明らかになった。

ユニット名は電撃G's magazine誌上で実際にユーザーから募集し、応募された物の中から製作側が5つに絞り込んだ補の中から読者の最も投票の多かったμ'sに決定された。
μ'sのユニット名を投稿した読者は、PVアニメのEDスタッフロールに「ユニット名考案」でクレジットされている。
また1stシングル僕らのLIVE 君とのLIFE」発売時はユニット名がまだ決まっていなかった為、企画名である「ラブライブ!」をユニット名として使用している。

なお、その後3人ずつ分けるユニット分けが行われているが、これは穂乃果海未絵里がそれぞれ曲を思いついたのでユニット分けしようと言う流れによるもので、ユニット分け・ユニット名は読者投票で決まっている。ちなみに当時は真姫絵里、にこぐらいしかキャラが立っていない中、3人ともBiBiに集まってしまったため、Printempslily whiteはどうなるのか状態であったが、ユニット分けのおかげで残りの6人もキャラ確立することになった。

アニメ(第1期)

※以下ネタバレにつき反転

穂乃果は学院を存続させる為、学院のいい所をアピールして新入生を集めようと海未ことりに提案するも、思いつくものは学院の伝統ばかりで結局いい案が浮かばず暗礁に乗り上げる。
落胆する穂乃果穂に人気校「UTX学院」の事を聞き、生徒集めのヒントを探るため偵察に赴く。
UTX学院人気スクールアイドルユニットA-RISE」に衝撃を受け、各地のスクールアイドルの事を調べる内にスクールアイドルこそが生徒を集める最良の手段であると確信した穂乃果海未ことりアイドル活動を提案する。

グループ名を決める際、穂乃果が「穂乃果海未ことり」「陸・」を提示するも却下。アイデアが浮かばなかった穂乃果は注を集める意味もこめて募BOXを設置。その中に1枚だけ入っていた「μ's」に決まる。その後、花陽真姫、にこが加入して7人となり(この時になんだかんだで穂乃果リーダーで確定する)、最終的に絵里、希が加わって9人となった。この時、「μ's」と書かれたを入れたのは希であることが判明する。

そして、ラブライブ!出場へ向けて活動していくが(出場条件は上位20位に入ること)、屋上でのライブ直後に穂乃果が倒れたことでラブライブ!への出場はしとなった。さらにことりが留学することになったことや、校が取りやめとなり意義を見失った穂乃果がやめると言ったため、μ'sの解散の危機となった。しかし、他のメンバー穂乃果が説得し、穂乃果ことりを引き止めたことから、μ'sとしての活動を続けることになった。

アニメ(第2期)

※以下ネタバレにつき反転

第2回ラブライブ!が開催されることが決まり、μ'sのメンバーも出場も決める(当初、穂乃果は出場する意思がかったが、μ's9人でラブライブ!に出場できるのはラストであったことから、出場することを決めた)。今回のラブライブ!は地区予選上位4グループが最終地区予選に出場し、最終地区予選で1位通過で、本大会出場となる。このため、地区予選では前回優勝のA-RISEとぶつかることになるため、恐れられていたが、穂乃果は恐れることはなくチームを引っり、地区予選は4位で通過となった(1位A-RISE2位eAst heArt、3位はMidnight cats)。その後、最終地区予選はA-RISEを破って優勝。本大会に東京都代表として出場を決めた。

本大会出場に向けてキャッチフレーズをつけることになったが、なかなか決められない。しかし、μ'sは多くの人に支えられていることに気づき、最終的にμ'sの原動となる言葉として「みんなでえる物語」とつけた。そして、μ'sは本大会を前にラブライブ!が終わったらおしまいにすることを決めたのであった。

最終的にμ'sは本大会で優勝を果たす。こうしてμ'sはおしまい・・・かと思いきや、卒業式当日に突然重大な何かが起ころうとしているのであった・・・。

映画

※以下ネタバレにつき反転

第3回ラブライブ!アキバドームで開催されることを検討していることを知ったμ'sは、大会催者からの呼びかけで、ドームライブを開催へ導くため、スクールアイドルアピールすることになり、ニューヨークに行くことになった。ちょっとしたドタバタはあったものの、事にニューヨークでのライブは成功し、日本に帰

ところが、秋葉原を始め日本各地で、海外ライブをしたμ'sが話題になっており、μ'sはたちまち有名人に。また、μ'sをおしまいにすることをメンバー以外に発表していなかったため、皆が次のライブを待っていることを知る。そこでμ'sの活動終了を知らせる最後のライブを開催することを決めるが、話の途中で理事長からドームでのラブライブ!を成功させるためにμ'sを続けて欲しいと言われる。しかし、既に3年生が卒業したら、μ'sは解散すると決めていたため、穂乃果はμ'sを今後どうするか迷い始める。
その後、3年生は話し合った上でスクールアイドルを終わりにしたほうがいいと結論を出し、穂乃果穂や亜里沙、A-RISE女性シンガーの話を聞いて、μ'sはおしまいにすることを決める。

これではドームライブの開催は危ういと思われていたが、穂乃果スクールアイドル合同ライブを開催させることを提案。これにμ's全員が協して、他のスクールアイドルに呼びかけたところ、A-RISEを始め、多くのスクールアイドルが参加してくれた。
合同ライブの前日にμ'sの活動終了を宣言。合同ライブ事に成功。

そして、μ'sは最後のライブを開催して、活動を終了したのであった。

漫画

※以下ネタバレにつき反転

1年生穂乃果校を阻止するために、剣道の大会で優勝を果たすが、入学者数は減少する一方であった。失意の穂乃果はたまたまUTX学園を訪れ、「A-RISE」のライブに参加。そこでスクールアイドルの存在をしる。幼なじみことり後輩友達花陽スクールアイドルを結成する。海未剣道部からスクールアイドルになった穂乃果を責めたが、本気だとわかるとスクールアイドルに合流した。

穂乃果たちは校を阻止するための最後のチャンスと言える「ラブライブ!」に出場することを決めたが、「ラブライブ!」に出場するためには9人の部員と顧問が必要とわかる。このため部員・顧問探しが始まったがなかなかうまくいかない。その後、部員が1人しかいないために部寸前だった超常現象研究会と、アイドル部を統合することで顧問の問題は解決。超常現象研究会の希が合流した。さらに「ラブライブ!」優勝者に与えられるUTX学園の試験編入真姫とにこが合流。
これで部員はあと1人となり、最後に生徒会長絵里をかけたが、絵里生徒会長仕事が忙しいことから入部を拒否する。しかし、練習風景に心を動かされ、ついに入部。こうしてアイドル部は9人がい、スクールアイドルとして本格的に活動を開始するのであった。

漫画では「μ's」の名前は穂乃果がエントリーシートチーム名を書く時に「アイドル部じゃかっこ悪い」と言う理由で勝手に考えたものとなっている。


メンバー


名前 CV 所属ユニット イメージカラー サイリウムカラー
高坂穂乃果(こうさほのか 新田恵海 Printemps 山吹 オレンジ
絢瀬絵里あやせ えり) 南條愛乃 BiBi 水色 水色
南ことりみなみ ことり 内田彩 Printemps グレー
園田海未(そのだ うみ) 三森すずこ lily white 群青
星空凛(ほしぞら りん) 飯田里穂 lily white にこりんぱな ターコイ 黄色
西木野真姫(にしきの まき) Pile BiBi 朱色
東條希(とうじょう のぞみ 楠田亜衣奈 lily white バイオレット
小泉花陽(こいずみ はなよ) 久保ユリカ Printemps にこりんぱな 黄緑
矢澤にこ(やざわ にこ) 徳井青空 BiBi にこりんぱな ショッキングピンク ピンク

イメージカラーについては音楽プロデューサーを務める木皿陽平のツイート[外部]より。ただし、2015年現在イメージカラーは、事実サイリウムカラーの色に移行しているようである。
サイリウムカラーについては「ラブライブレード! →NEXT[外部]」の配色名を参考にしていますが表の背景色と実際の発色は違います


コール&レスポンス


ライブイベント等で行われる定番のコールレスポンスを記載する。


次へ»
最終更新日: 19/05/31 00:08
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ