ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


〈古典部〉シリーズ


ヨミ: コテンブシリーズ
掲示板をミル!
99カキコ!

〈古典部〉シリーズとは、米澤穂信による推理小説シリーズである。


概要


〈古典部〉に所属する4人の高校生たちが、高校入学夏休み文化祭など学生生活のイベントの中で、日常の謎を解決していく推理小説。 同時に、それらの時間経過と共にゆるやかに変化する登場人物たちを描く青春小説でもある。

第1作『氷菓』は、第5回角川学園小説大賞ヤングミステリー&ホラー部門奨励賞を受賞した米澤穂信デビュー作。2001年10月1日角川スニーカー文庫角川書店)の〈スニーカーミステリ楽部〉第1回配本として初版発行。

日常に潜むミステリーを描いた佳作として読者からの評価は上々だったものの、悪名高き2001年度版の装丁の拙さからか売れ行きは芳しくなく、翌年の第2作『愚者のエンドロール』を最後に一度は打ち切りになったが、その後米澤穂信が『さよなら妖精』などで再評価されたのに伴い、2005年に第3作『クドリャフカの順番』が刊行され復活したという経緯がある。

現在、『氷菓』、『愚者のエンドロール』、『クドリャフカの順番』、『遠まわりする雛』、『ふたりの距離の概算』、『いまさらといわれても』の6巻が刊行済。〈スニーカーミステリ楽部〉として刊行されていた『氷菓』と『愚者のエンドロール』は、シリーズ再開後はカバーを新しくし角川文庫で刊行されている。『クドリャフカの順番』以降は単行本で刊行されており、『ふたりの距離の概算』までが角川文庫で読める。『いまさらといわれても』は現在単行本のみとなっている。

長らく単行本未収録短編として『連峰は晴れているか』(小説 野性時代56号掲載)、伊原摩耶花視点の『には映らない』(小説 野性時代105号掲載)、『長い休日』(小説 野性時代120号掲載)があった。その後、『いまさらといわれても』(小説 野性時代146号-147号掲載)、『の中の欠落』(文芸カドカワVol.20掲載)、『わたしたちの伝説の一冊』(文芸カドカワVol.21掲載)が発表され、これらの計6編からなる短編集『いまさらといわれても』が2016年11月30日に刊行された。『ふたりの距離の概算』から約6年ぶりとなる。
『連峰は晴れているか』は、アニメ氷菓』の9巻の特典で小冊子として収録された。

最新の話では、折木たち4人は進級しており、2年生となっている。作者く「巻数ではお答えできませんが(決まっていないので)、いちおう、折木が高校を出るまで書くつもりです。 」とのこと。(作者公式サイト「汎夢殿」の「畢生の十周年企画 100の質問」のQ2より)


あらすじ


神山高校入学した折木奉太郎は、「やらなくてもいいことなら、やらない。やらなければいけないことは手短に」をモットーに、人生に対して「省エネ」を心がける少年からの依頼で、かつてが所属していた部寸前の〈古典部〉に入部することになった奉太郎は、そこで好奇心の塊である少女千反田えると出会う。えるの「わたし、気になります」という言葉を合図に、日常細なを解き明かしていく。


主要登場人物



テレビアニメ


詳細は「氷菓」を参照。
2011年11月29日京都アニメーションによってアニメ化されることが発表された。
2012年4月9月に放送された。全22話+OVA1話。


実写映画


2016年11月22日に、実写映画化することが発表された。折木奉太郎山崎賢人、千反田える広瀬アリスが演じる。監督・脚本は安里麻里。2017年開予定。


関連商品


■az4044271011
■az404427102X
■az4044271038
■az4044271046
■az4041003253
■az4041047617


関連項目



最終更新日: 17/01/25 20:13
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ