ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


いいですとも!


ヨミ: イイデストモ
掲示板をミル!
107カキコ!

いいですとも! とは


1991年7月19日に、スクウェア(現:スクウェア・エニックス)から発売されたゲームファイナルファンタジーIV(FF4)において、ゴルベーザフースーヤと協して大魔法『Wメテオ』を放つ時に言うセリフ

ネタとして定着し、FF4以外のシリーズや、関連作品、コラボ作品、スクエニ外の作品のパロディネタとしても使われる事がある。

 


概要ですとも!


『Wメテオ(ダブルメテオ)』という大技を繰り出す局面において、それまで悪役であったゴルベーザキャラに似合わないこのセリフを言った事で、印深いシーンとしてプレイヤーの記憶に残り、FF4ネタとして長く引き合いに出される事となった。

一因として、セリフよりも感嘆符「!」が与えた効果が強すぎた事が考えられるが、そのあまりのインパクトに、このセリフゴルベーザの代名詞にもなっている。
また、このセリフはゼムスに操られ淡々と悪事をこなす機械的な性格だったゴルベーザから、本来の人間味溢れるゴルベーザに戻った事を印付けたセリフにもなった。
その口調の丁寧さから、操られる前は伯父に当たるフースーヤに敬意を払う人物だったとも受け取れる。

2007年NintendoDSで発売されたリメイク版でも「いいですとも!」というセリフは全く変わっていない。
しかし、DS版では「いいですとも!」の前に言う、フースーヤセリフに、感嘆符「!」がついた事で、プレイヤー意識下で与えるフースーヤゴルベーザの間にあった" テンションの差 "が縮められる結果となっている。
この事は、製作側がファンされるこのセリフを変えずに違和感を薄れさせようとしたという見方も出来る。

 


FF4、FF4イージータイプでの、いいですとも!


1991年7月19日に発売されたオリジナルFF4と、1991年10月29日に発売されたFF4イージータイプセリフは以下。

SFC版での一連のセリフ

 
フースーヤ 「 もうひといきじゃ パワーメテオ


ゴルベーザ 「 いいですとも!
 

セリフ後の括弧閉じがいのは仕様となっている。
当然ながらPS1PS4(ゲームアーカイブス)、Wii/WiiU(VC)、New3DS/2DS(VC)で配信されたベタ移植版とセリフは変わらない。
また、2002年3月28日に発売された、ワンダースワンカラー(WSC)版も、カラーに合わせてグラフィックが一新されてはいるが、セリフ内容は変わっていない。

尚、このセリフを書いたのはシナリオ担当の時田 氏ではく、バトルデザインを担当した伊藤 裕之氏である。

 


英語版FF4での、いいですとも!


もちろん、英語版FF4でもこの2人のやり取りは健在であるが、言特性の違いからか、日本語セリフほどにはキャラ付けと細かいニュアンスは含まれていない。
また、海外ファンコミュニティなどでこのセリフ話題になったという情報は見つからなかった。

移植による翻訳の違いは以下。

 
FuSoYa: Do the Meteo now!  (※当初FF2として発売されたSNES版)
FuSoYa: Almost! Put all your power into Meteo!  (※10年後FF4として発売されたPS1版)
FuSoYa: Cast Meteor now!  (※GBA版)
Fusoya: Cast Meteor now!  (※PSP版)
Fusoya: It's nearly done! Give your power to Meteor!  (※DSPCiOSAndroid版)

Golbez: I'm ready!  (※当初FF2として発売されたSNES版)
Golbeze: Right!  (※10年後FF4として発売されたPS1版)
Golbez: Ready!  (※GBA版)
Golbez: Ready!  (※PSP版)
Golbez: Very well.  (※DSPCiOSAndroid版)
 

日本版とは名前が違うが、名前の発音はGolbez(ゴルベーズ)と、FuSoYa(フソーヤ)で、ゴルベーズの「ル」はあまり発音しない。
名前変更の理由はGolbeza(ゴルベーザ)だと、音がaで海外では女性的な名前になってしまうから名されたと言われている。
また、FuSoYaの名前が大文字混じりから変わったり、PS1版ではイベントセリフだけGolbezからGolbezeに変わっているという違いがある。

他に、PSPディシディア ファイナルファンタジー(DFF)、続編のDDFFでのセリフDS版と同じく「Very well.」になっている。

英語版翻訳ニュアンスは、移植リメイク時に何度か変更されてDS版からはセリフに「!」が付かなくなり、翻訳ニュアンス的にも落ち着いたセリフとなった。
海外では、日本と違って「いいですとも!」がプレイヤーにウケたという流れが欠けているので、ゴルベーザキャラに合ったニュアンスに変えたのは当然の事といえる。

DSFF4から使われている「Very well.」は、渋々ながらの承諾の意を表す時に用いる肯定表現だが、その意味にゴルベーザキャラを加味して再翻訳すると、「いいだろう。」、「結構。」、「承知した。」といった表現になり、ノリの良い「いいですとも!」とは違った意味合いでのセリフになると考えられる。
フースーヤとの関係性を考えると「承知した。」辺りが適切であろう。

ちなみに、英語版DFFDDFFでは、このセリフに低音の渋いボイスが付いているが、気さくな感じで「Very well.」と言っており、日本語ボイスの「いいですとも!」とは違うニュアンスとなっている。

 


FF4Aでの、いいですとも!


2005年12月15日に、ゲームボーイアドバンス(GBA)で発売されたリメイクFF4 ADVANCE(FF4A)では、グラフィックWSCベースながら、一部グラフィックの変更、イベントアイテムシステムの追加などがあった。
このリメイクから漢字表記が出来る様になったが、戦闘イベント文字漢字に変わっていない。

 
フースーヤ「もうひといきじゃ パワーメテオに」

ゴルベーザ「いいですとも!」
 

FF4Aでは、セリフの最後に括弧閉じがあるなどSFC版とは若干の違いがある。

 


DS版FF4での、いいですとも!


2007年12月20日に、DSで発売された3DリメイクFF4でのセリフは以下。

 
フースーヤ 「 もう一息じゃ、パワーメテオに! 」


ゴルベーザ 「 いいですとも! 」
 

このリメイクから戦闘イベント文字漢字表記になり、フースーヤセリフの後に「!」が付くようになった。
イベントにはボイスが付いているものの、この戦闘イベントにはボイスが付いていない。
また、DSFF4は、PCiOSAndroidでも発売されたが、セリフは同じである。

 


ガラケー版FF4での、いいですとも!


最速で2009年10月5日からガラケー(iアプリ、EZアプリ、S!アプリ)で配信されたFF4でのセリフは以下。

 
フースーヤ

「もう一息じゃ
パワーメテオに」

ゴルベーザ
「いいですとも!」
 

機種によって画面サイズが違うなどの制限からか、上ではく、下文字が表示されるという違いがある。

 


FF4CCでの、いいですとも!


2011年3月24日PSPで発売したドット絵リメイクFF4ファイナルファンタジーIV コンプリートコレクション(FF4CC)でのセリフは以下。

 
フースーヤ 「 もう一息じゃ、パワーメテオに! 」


ゴルベーザ 「 いいですとも! 」
 

グラフィック自体はオリジナルドット絵ベースだが、先に発売されたDSFF4セリフは同じである。
 


FF4TA 月の帰還 での、いいですとも!


2011年3月24日PSPで発売された、FF4の続編であるファイナルファンタジーIV ジ・アフター 月の帰還(FF4TA)でも、ゴルベーザフリーシナリオで最終決戦前に「いいですとも!」のセリフを見る事が出来る。

 
フースーヤ 「ここでやられては
   月の民だけではない・・・
   の民も・・・!
   
   心してかかるぞ・・・!」

ゴルベーザ 「いいですとも!」
 

このセリフには影のあるゴルベーザキャラ絵がついているが、このキャラ絵セリフのギャップが凄かった為、発売当時、2ちゃんねるなどでネタにされた様である。
後に、iOSAndroidで配信されたものも解像度アップしただけでセリフ内容は変わっていない。

このイベント後、『W黒魔法』という2人以上で行うバンド技が覚えられるが、戦闘中に使うと10%確率でWメテオが発動する。その際にも「いいですとも!」のセリフを見る事が出来る。

 
パワーメテオに!

いいですとも!
 

このゴルベーザは、「いいですとも!」と言いながら片腕でガッツポーズする程ノリノリである。

 


DFF、DDFFでの、いいですとも!


リメイクされたDS版にはボイスが付いたが、ゴルベーザ声優に世間でも知名度が高い俳優鹿賀 丈史氏を起用する事により、ゴルベーザというキャラクターSFC版では表現できなかった箔、色等が付けされる事となった。
しかし、戦闘イベントである「いいですとも!」にボイスが付く事はく、期待していたファンは涙をむ事となってしまった。

そして、ファイナルファンタジーシリーズ誕生20周年を記念して企画された『ディシディア ファイナルファンタジー』(DFF)にて、遂に「いいですとも!」にボイスが搭載される事となる。
DFF自体がシリーズ従来のRPGとは一線を画した作品であるため、前述のイベントシーンがそのまま再現されている訳ではく、シークレットな技として実装されている。
具体的には、ゴルベーザEXバースト「双」の特殊コマンドをパーフェクトに入できたときのフィニッシュ技「Wメテオ」において、ゴルベーザがLv100+シークレットボイス購入済の時に10%確率が「パワーメテオに!」と発言し、ゴルベーザが「いいですとも!」と答える形式である。

 
くりゅうパワーメテオに! (※文字表示のみ、ボイスし)

いいですとも! (※文字表示し、ボイスのみ)
 

DFF過去を描いた続編、DDFFでも技は継続されている。

英語版でのセリフは以下。

 
Dragon: Give your power to Meteor!

Verry well.
 


ゴルベーザキャラに似合わない強インパクトと共に、印深いセリフとしてプレイヤーの記憶に残る事となったこの名言は、初出のSFC版から17年の歳を経て、舞台で培われた鹿賀 丈史氏の高い演技質も相成り、ファンにも納得の完成を果たす事となった。

ちなみに、鹿賀氏は過去に児童向け特撮映画に出演した際、バラエティ番組でのトークで「子供は特に好きという訳ではないが、子供の反応に興味があったから出た」とった事がある。
演者として、ディシディアプレイした17年前子供達だった世代の反応にも興味があるのかもしれない。

 


DFFAC、DFFNTでの、いいですとも!



次へ»
最終更新日: 19/05/06 20:30
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ