ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


いかりや長介


ヨミ: イカリヤチョウスケ
掲示板をミル!
24カキコ!

いかりや長介とは、昭和を代表するコメディアンベーシスト俳優である。
ザ・ドリフターズの偉大なるリーダー


概要


本名は矢長一(いかりやちょういち)。本名の「長一」を芸名で「長介」とめさせられたのは、名付け親であるハナ肇(クレイジーキャッツく、「『一』よりも『介』のほうが、こう、スケーッて伸びるからな!」という、なんだかよくわからない理由からだそうだ。

ドリフ全盛期コメディアンや晩年の俳優イメージ現在では強いが、バンドマン時代はベースの名手として知られていた。

貌がゴリラに似ていたため、よくそれをネタにからかわれていた。


経歴



生誕~芸能界入り~ドリフ加入


1931年、東京都墨田区に生まれる。
子供時代を浅草近くの業で過ごす。
で軽子(商品のを運搬する仕事)をしていた。いが前には仕事の終わる父親仕事もあって、浅草に当時あった六区(当時東京有数の繁)の映画館や劇場に仕事からあがった父親と頻繁に一緒に連れて行ってもらい、自然と演芸や映画に親しみを持って育っていった。

1944年太平洋戦争化に伴い、いかりやの小学校卒業と共に静岡県富士市家族と共に住み移る。
終戦後もそのまま富士市に残り、中学校卒業後に地元の製工場に就職した。
その同僚たちと結成したハワイアンバンド音楽にのめり込み1959年28歳で本格的に音楽活動で生計を立てることを決意し上

米軍キャンプジャズでの活動の中で、曲間のMCにおいてちょっとしたコントを披露し始める。
コントは受けたのだが、次第にコント当てで見に来る客が増えて所属バンド内で疎まれるようになってしまった。
そこに、ザ・ドリフターズリーダーであった桜井夫のに留まり、「コント演奏でのアクセントにしたいからウチに来てくれ」と誘われ、1962年頃にドリフへ移籍することとなる。
(この頃のドリフターズは純然としたロカビリースタイルバンドで、桜井2代目リーダーである)

いかりやの加入と同時期にドラマー加藤茶ドリフに加入。
ジャズで披露していたコントも受け、テレビ番組にもレギュラー出演をするようになった。


新生ドリフ


しかし、ここで大事件が起こる。
1964年、当時実質的に中心メンバーとなっていたいかりやを快く思わなかった他のメンバーが大量脱退。
いかりやの強い慰留でなんとか残った加藤と半隠居状態だった桜井以外は一人も残らなかったため、ドリフは解散の危機に陥る。
そこでいかりやは奔走し、他のバンドメンバーに移籍話を片っ端から持ちかけた。
その結果、ギターヴォーカル仲本工事ギター高木ブーキーボード荒井注を加入させることに成功し、なんとか解散の危機を回避することに成功した。
この際に前リーダー桜井が一線から退き、いかりやにリーダーの座を譲ることとなる。
こうして、現在知られる形のドリフターズの基礎が出来上がった。
(一般的に、ドリフの結成年数はこの1964年を起としてカウントされていることが多い)

1966年日本に来日したザ・ビートルズの前座として日本武道館の同じステージに立つ。
この時の映像が現存しており、動くいかりやの映像としては最古の部類に入るものとして重な資料となっている。

テレビでもそのコントや歌を披露し人気を得るようになったドリフに最大の転機が訪れる。
1969年、「8時だョ!全員集合」(TBSテレビ)が放送開始。
番組開始前のプロデューサーからの番組の誘いに一度はしたいかりやだったが、「(人気裏番組のメイン出演者であった)コント55号とドリフとじゃ、今はスッポンかもしれない。でも、スッポンに勝てないとも限らない」と煽られたこと、そして、それまでのジャズテレビ番組とべたら破格の制作費や手間をかけてコントを演じることができるという魅に惹かれ、この大博打に乗ることとなる。


ドリフ全盛期


土曜日8時の時報と同時に「8時だよ!」といかりやがカメラ(とその先の視聴者)に向かって叫ぶシーンから始まる「全員集合」は一躍民的人気番組となり、1971年には驚異の番組均視聴率である50.5を記録した。
(この記録は、現在TBSの歴代最高視聴率でもベスト5に入る大記録である)

全員集合ではいかりやらドリフメンバーと放送作家ディレクタースタッフと共に行われた番組会議は毎週あり、その重々しく辛い雰囲気から地獄会議と恐れられていた。
この会議でもいかりやが導権を握り、数々のギャグアイディアを提示していた。
また、いかりやがリーダーになって以降、他のメンバーへのギャラ分配の割合もいかりやが決めており、加藤茶などドリフメンバースタッフから「独裁者」と揶揄され、それがコントの中でもギャグとして登場することが多かった。

1974年荒井注が突如ドリフから脱退。いかりやは当初、自分と同世代の新メンバーを加入させようと考えていたが、加藤茶が、かつていかりやの付き人であった志村けんの加入を強く推したのが決め手となって、志村けんが新メンバーとして加入することとなった。

志村けんの最初の大ヒットギャグである『東村山音頭』を気に入って採用したのはいかりやである。
ネタ会議中に志村が生まれ故郷の東京都東村山ローカル音頭であった『東村山音頭』を鼻歌で歌っていたのをいかりやが気に入り、それをアレンジして番組で披露することとなった。「三丁」の歌詞はいかりやの作詞である。

また、番組前半のコント終了後の撤収時に流れた『盆回り』を採用したのもいかりやである。当初は1回限りの使用のつもりだったのだが、いかりやがそのテンポの良さを気に入り、最終回までこれを使用し続けることとなった。

に番組進行役やツッコミ役となったことが多かったいかりやだが、「ドリフ大爆笑」(フジテレビ)後期の名物コント・『バカ兄弟』ではしいボケ役に回り、そちらでも高い評価を得ている。


俳優としての活躍~晩年


1985年、「8時だョ!全員集合」が放送終了
前年の1984年頃から番組会議から外されるようになり、ドリフ導権は徐々に志村加藤に移行されていったという。

全員集合」終了を期に、俳優としても活躍を始める。
1987年大河ドラマ独眼竜政宗』(NHK)の鬼庭左月役、1994年より始まった火曜サスペンス劇場・『取調室』シリーズ(日本テレビ)の役・水木正一郎役、そして1997年の『踊る大捜査線』(フジテレビ)の和久平八郎役、実写版『サザエさん』(フジテレビ)の磯野波平役などが有名。
特に和久役ではノンキャリア組のベテラン刑事という役どころを見事に演じ、ドリフ時代に染みのない若い世代のファンも獲得した。

2003年頃から原発不明頚部リンパ節がんが発症。
闘病生活の末に一度退院し、2003年年末に放送された「ドリフ大爆笑」の特別番組・『40周年だよ!ドリフ大爆笑スペシャル』では20年ぶりにオープニングエンディングを撮り直したことで話題となった。葬儀での加藤茶による弔辞によれば、この時、「40周年を記念して、全員集合と大爆笑、この2本撮りたいね」と話していたという。
しかし、皮にもこれが生前最後のテレビ出演となってしまった。

2004年3月20日、再び体調が悪化し、未明に死去享年72歳。
告別式には多くの一般のファンが詰めかけ、『8時だョ!全員集合』のファンは「長さーん」「オイッスー」、『踊る大捜査線』のファンは「和久さーん」「和久さーんお疲れ様」と涙ながらに叫んだ。
また、午後8時になると同時に数ヶ所で、ファンが持ち込んだテープによりいかりやの「8時だョ!」という掛けが流れ、即座に周囲のファンが「全員集合!」と掛けを挙げた。いかりやの息子で喪でもあった矢浩一氏はファンに感動したという。


死後


いかりや逝去の翌年である2005年、彼の生前の功績を讃えて、少年期の途中から芸界入りまでを過ごした静岡県富士市が史上初の市民感謝状と杯を贈った。これを記念し、富士市にある吉原商店の一を「長さん小路(ちょうさんこみち)」と命名。いかりやの名前はの名前として刻まれることとなった。
ちなみに正式名称は「いかりや長介氏市民感謝状受賞記念通り」。

外部リンク[外部]


人柄


コントでは妥協を許さない人であり、義者と言われることもあった。
ドリフ生放送にこだわった全員集合や、録画放送の大爆笑を含め、基本的に本来ならNGとして撮り直しされても不思議ではないミスでも普通に放送される。その時にいかりやがメンバーミスに対して「違うよ!」などとミスを訂正する姿がよく見られた。

一方、前述のギャラ配分などの独裁者的な現場握の問題からメンバーとの対立が絶えなかった。だがその分本人も身体をったギャグ視聴者提供することを惜しまなかった。
60を過ぎた後になっても、一斗缶を頭に受ける、のようなを被る、本気で突き飛ばされる、などのしい芸で笑いをとっていたというのは驚きである。
その集大成の一つが、もしも威勢のいい銭湯があったらの再演版「サービス過剰な銭湯である。流石に当時よりは「多少」メンバーも手加減をしていたが、当時既に62歳であったいかりやの身体にはどう見てもキツすぎるコントだった(ドリフメンバーく「こういうリクエストをどんどん募集してます」とのこと)。

男性俳優としては較的遅咲きであった。いかりやく「剣術の流に例えるなら自分は織田流だ」とコメントしており、踊る大捜査線で共演した織田裕二に、芝居のことを教えてもらっていた。


関連動画



■sm7020830[ニコ動]

■sm3131772[ニコ動]


関連商品


■az4101092214


関連コミュニティ


■co12297


関連項目



最終更新日: 14/05/25 13:35
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ