ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


いちご


ヨミ: イチゴ
掲示板をミル!
35カキコ!

いちごとは、植物の一種。日本人の名前にも使われる。

同じバラ科のキイチゴヘビイチゴなども総称して「いちご」とよぶことがあるが、本項では一般的なオランダイチゴについて記述する。


概要


【分類】バラバラ科イチゴ属いちご
【学名】Fragaria ×ananassa
(学名の由来)Fragaria→「香りのある」をとするラテン語古名から/ananassaパイナップルの(香りが似ているから)
【和名】オランダイチゴ

日本人にとって染み深い果実の一つである。生で食べるほか、ショートケーキいちご大福などのお菓子に欠かせない。いちごジャムの用途も高い。また、較的栽培しやすい野菜のため、庭菜園で作っているという庭も多い。

いちごは果物と認識されることが多く、市場ではスイカメロンとともに「果物」として扱われているが、いちごは木ではなくなので、農林水産省などの統計においては、「野菜(果実的野菜、果菜とも)」と分類されることもある。


生産


露地栽培などが多かった時代は頃の一時期に生産されることの方が多かったが、現在はほとんどがハウス栽培であり、栽培技術・育苗技術の進歩により、クリスマスシーズン12月の方が出荷量が多くなっている。

イチゴは温暖な気で育ち、日射しを好むが燥に弱いのが特色。また病被害も受けやすい上、生産地同士の競争が熾なため、庭栽培で楽しむイメージとはほど遠いぐらいにプロの間では栽培が難しい作物となっている。また、露地栽培の旬は初春であるのでを告げる味覚として知られたが、近年はハウスものが多数出回るようになり、10月から5月にかけて旬がやってくる。

一昔前は東日本栃木県)の「女峰」と西日本福岡県)の「とよのか」が二大勢であったが、近年は1996年に作出された「とちおとめ」が生産量1位に躍り出ている。西日本も「とよのか」の孫品種「まお」で勢の挽回をしている。そして、近年は佐賀から生まれた「さがほのか」、静岡県から生まれた「ほっぺ」も大人気となっている。

また、全のあちこちでご当地ブランドが多いのが、イチゴという果物の特色であり、静岡県の「章」、奈良県の「あすかルビー」、そして例の泥棒騒ぎで知られる愛媛県の「レッドパール」(または「あまおとめ」)など枚挙に遑がない。そのため、いちごの場合は産地の名称より、生産県名とその品種で選ばれることが多い。そして、このブランド開発競争はとにかく熾であり、5年経てば、新種に淘汰されていく。ちなみに、例を挙げた上の3ブランドも、有名になった頃には既に一世代前の品種となっている、げに恐ろしき世界である(静岡は「きらぴ香」、奈良県は「古都」、愛媛県は「」が最も新しい)。

日本で栽培が盛んな県は何といっても栃木県福岡県である。前述した女峰ととちおとめ、そしてまお駆逐兵器スカイベリー」を送り出したのが栃木、大して「とよのか」と「さちのか」、「あまおう」を送り出したのが福岡であり、東西の横綱といえるだろう。だが、それでも栃木県が群を抜いており、40年以上日本一の座を守り続けている。

そんな栃木県の中でも、の生産量が圧倒的であるが、この功績の半分以上は旧二宮によるものである。二宮町は全に先駆けてウォータカーテンを利用してハウスを温める方法を実施した実績も持つ。他には鹿壬生町、小山市など大規模な産地が多く、その大半はハウス栽培となっている。また、大都市圏から近いため、いちご狩り用の観光農園も多く、そこではいちご狩り向けの「とちひめ」なんて品種もある。なお、栃木県以外にも茨城県群馬県埼玉県千葉県でもいちご栽培は盛んに行われており、「ひたち」、「いばらキッス」、「やよいひめ」(群馬)、「のかおり」(埼玉)、「チーベリー」などの品種がある。

福岡県では県南部筑後川下流付近が一大産地。中でも久留米市八女市大川市広川町などで生産が盛んとなっている。福岡県産は元々「とよのか」が一世をしたが、それでも西日本市場が中心で、全には出回らなかった。だが然、全から注を浴びるようになったのは、6年の歳を掛けて開発された、打倒栃木兵器まお」(あまい、まるい、おおきい、うまい、高い)が世に送り出されてからである。実際、福岡県では一般向けの「さちのか」と高級品の「あまおう」を分けて生産している。…ところが、この「あまおう」は福岡以外で作れないため、九州の産地で幅を利かせているのは、佐賀まれのさがほのか」であり、3位の熊本県や生産上位の長崎県も大半がこの品種を作っているという(当の本人が負けてるのはやっぱし佐賀だから)。そして、福岡いちごを牽引した「とよのか」はど見られなくなってしまい、かろうじて子孫の「さちのか」が見られる程度。また、熊本県回りした「ひのしずく」に変わって熊本VS03という秘密兵器、「ゆうべに」という新品種を開発し、人気となっている(開発戦争は続く…)

そして、関東九州に次ぐ第三勢が、静岡県(それと愛知県岐阜県)の東海勢である。ここでも知っておきたい品種がある。社会の教科書にも登場する久山の石垣いちごも100年以上続く歴史ある産地でもあり、ここで生産される「章」も静岡発祥の有名銘柄で、栃木でも栽培されている。だが、それ以上に脚を浴びているのが、この章を交配させて誕生させた「ほっぺ」であり、全の生産量はとちおとめ、さがほのか、あまおうに次ぐ勢いである。そして、県産いちごの8割が既に「ほっぺ」生産に切り換えており、北関東勢、九州勢にとって新たな強敵となっている。また、愛知県も「ゆめのか」というオリジナル品種を開発している。

ちなみに、2014年ベースに生産上位県を順番に並べると栃木県福岡県熊本県静岡県長崎県愛知県佐賀県茨城県千葉県埼玉県群馬県岐阜県…となっており、やはり関東平野東海九州が上位を占めている。

また、宮城県も栽培が盛んで、東日本大震災産地だった山元町、理町が甚大な被害を受けたため、順位は大きく下げていた。しかし、後にITの技術を生かした集約農業で復活し、2017年には被災前の準まで生産量を回復させ、「もういっこ」というブランド品で攻勢をかけている。

他に有名なのが徳島県佐那河内村の高級イチゴ「ももいちご」「さくらももいちご」。一個600円という破格の代物である。あと、1年もしたらまたここの勢図も塗り替わるのかも知れない。

世界的には、アメリカ合衆国(特にカリフォルニア州)の生産量が圧倒的に多く、ロシアスペインがそれに続く。ちなみに、海外産のイチゴは加工品が中心で、それゆえ保存性を高めるため味が強い。日本ではあまり消費者に受け入れられず、そのため日本の輸入量は低迷している。反対に、生で食べる用途では日本世界一である。

また、元々は変異種だった実がいイチゴも人気となっており、味もさながらデコレーションに映えるので人気が高い。


その他・豆知識



「いちご」を名にもつ人物・グループ(ストロベリー含む)



実在の人物・グループ


芸能人等

ニコニコ関連


架空の人物・グループ



次へ»
最終更新日: 18/06/29 12:22
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ