ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


いて座


ヨミ: イテザ
掲示板をミル!
5カキコ!

いて座
Sagittarius

略符 Sgr
Chiron
古代 プトレマイオス
概略位置 経:19
緯:-25
中日 8月18日21時
広さ 867方度(15位)
3.0等以上の恒星 7
カウス・アウストラリス(1.80等)
メシエ体数 15




隣接する星座
わし座
たて座
へび座(尾部)
へびつかい座
さそり座
みなみのかんむり座
ぼうえんきょう座
インディアン座
けんびきょう座
やぎ座

いて座とは、十二星座の一つ。トレミー48星座の一つでもある。

ケンタウロスのケイローンを引く姿を表している。


概要


二宮の9番にあたり、だいたい11月22日(小雪)から12月24日(冬至)頃まで太陽が留まる。 

いて座の方向には冬至点や銀河系の中心がある。このため天の川の密度が一番濃くなっているほか、電波のいて座Aなど多くの体がある。

また、いて座にはおおぐま座北斗七星に似たの並びがあり、南斗六星と呼ばれる。南斗六星を構成しているのはζτσφλμである。


主な天体



恒星


データ

名称 視等級 絶対等級 距離(光年) スペクトル型 変光星 備考
ε カウス・アウストラリス 1.80 -1.414 143.23 B9.5III
σ ヌン 2.058 -2.162 227.65 B2V 南斗六星
ζ アスケラ 2.60 0.42 89 A3IV 南斗六星
δ カウスメディウス 2.72 -2.14 306 K3III
λ カウスボレアリス 2.82 0.95 77 K1IIIb 南斗六星
π アルバルダー 2.88 -2.77 440 F2II/III
γ アルナス 2.98 0.63 96 K0III
φ ナント 3.17 -1.08 231 B8.5III 南斗六星
τ ヘカテボルス 3.32 0.48 120 K1/K2III 南斗六星
μ リス 3.84 3000 B2III 南斗六星
4重
β アルカ 3.96 -1.36 378 B9V
α ルクバト 3.96 0.38 170 B8V

星団・星雲・銀河


いて座は銀河系の中心がある方向のため、団などの体が多く見られる。


その他



神話


ケンタウロスのケイローンは不死の身体を持っていたが、ヘーラクレース(ヘルクレス座)が誤って放った矢の苦痛に耐えきれず、ゼウスに死を願い亡くなった。いて座は彼の死を悼んでに上げられたものとされる。

また、オリオン(オリオン座)を刺し殺したさそり(さそり座)が暴れないように、常にを引いた状態で牽制している姿を表しているという話もあるが、これはギリシャ神話には登場しない。

一方、偽エラトステネスはこのケンタウロス説を否定している。ケンタウロス族はを使わない、星座の下半身が見えないなどの理由を挙げ、いて座はを発明したサテュロス族のクロトスとした。


関連コミュニティ


■co5956


関連項目


二宮
白羊宮 - 宮 - 双児宮 - 巨宮 - 獅子宮 - 処女宮 - 秤宮 - 蝎宮 - - 磨羯宮 - 宝瓶宮 - 双

最終更新日: 17/06/05 22:47
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ