ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


うたわれるもの 二人の白皇


ヨミ: ウタワレルモノフタリノハクオロ
掲示板をミル!
476カキコ!

うたわれるもの 二人の白皇とは、2016年9月21日AQUAPLUSから発売されたSRPGである。


概要


2006年発売の「うたわれるもの 散りゆく者への子守唄」(全年齢版。アダルトゲームとしては2002年発売)、2015年発売の「うたわれるもの 偽りの仮面」に続く、シリーズ三部作の完結編。

前作「偽りの仮面」の登場人物を中心としつつ、第一作「散りゆく者への子守唄」の登場人物も交えてストーリーが展開される。


主要登場人物


ネタバレ部分は字となっています。ネタバレOKな方のみドラッグ反転してください。


「偽りの仮面」から登場


オシュトル(ハク
CV藤原啓治
前作の主人公。記憶を失い倒れていたところをクオンに助けられ、以後は保護される形でクオンと行動を共にしていた。その中でヤマト右近衛大将であるオシュトルと知り合い、彼直属の隠密として活動する内に多くの仲間に囲まれるようになった。
面倒臭がりな性格だが責任感は強く、また知略に長けており様々な危機をその機転で乗り越えてきた。
オシュトルが八柱将ヴライとの戦闘後に「仮面の者(アクルトゥルカ)」の運命として消滅する間際、彼の意志と「仮面アクルカ)」を受け継ぎ、オシュトルの故郷エンナカムイへと逃げ延びた。以後はハクの名を捨て、オシュトルとして生きることを決意する。
本作ではオシュトルとしての名ハクとしての知略、双方を活かしてアンジュ位奪還のため活動する。
戦闘では前作で使っていた鉄扇(かつてハクオロが使ったもの)に加え、技によってはオシュトルのも用い二刀流で戦う。回復技や周囲の味方のを上げるスキルも身に付け、指揮官役に相応しいとなる。
その正体は旧人類(オンヴィタイカヤン)の生き残り。旧人類を強化する計画のためによって人体改造を施され、永い眠りを経て数年後に覚めることとなった。結果的にはその改造によって全人類がタタリと化す災厄から逃れることができた。後にヤマトとなっていたと再会し、余命短い彼から人類のについて解明するよう意思を託されている
オン
CV種田梨沙
前作のヒロイン。トゥスクル出身の薬師少女で、気は強いが面倒見がよく心優しい性格。旅の途中で記憶を失っていたハクを拾い、保護者役として世話を焼いていた。
都動乱の最中にハクネコネ、オシュトルと別れ仲間達とエンナカムイへ逃げ延びたが、ネコネと共に帰還したオシュトルから「ハクは死んだ」と伝えられ、失意の内にその場を去った。その後は故郷トゥスクルへと戻り、とあるきっかけからヤマトを攻め落とすべく決起することとなる。
前作ラストオボロ台詞によりハクへ抱いていた想いが「」であったことが明らかになり、同時にヒトならざるを持つ存在であることが明かされていた。その正体は第一作でハクオロとユズハの間に産まれたであり、ウィツァルネミテアの血を引くトゥスクルの皇女である
ネコ
CV水瀬いのり
オシュトルのであり、殿試に歴代最年少で合格した才女。理知的で責任感が強いが、歳相応の幼さも持つ。
を尊敬し、またクオンとも義姉妹の誓いを結び慕っていた。
自らの行動が原因となってを失ったことを悔いており、本作ではオシュトルの仮面を被ったハクと呼び、彼を支え尽くすことでの意志を果たそうとしている。
呪法を用いることができ、回復呪文による味方のサポートを得意としている。レベルが上がると攻撃と回復を同一ターン内に行える強スキルを習得する。また「キリポン」という式を呼び出し、デコイとして使役することもできる。
ルルティエ
CV加隈亜衣
ヤマトの属クジュウリの末で、はクジュウリ皇でありヤマト八柱将でもあるオーゼン
穏やかで内気な心優しい少女であり、料理お菓子作りが得意。憧れであったハクの死や仲の良かったクオンとの別れ、そして仲間達と共に多くの戦いを経験し精的に大きな成長を見せる。
ホロロココポ(CV米澤円)といつも行動を共にしており、戦闘パートでもココポに乗って戦う。ココポは非常に体が高く、自動回復や相手を足止めするも持つため役として優秀。また本作では自分と周囲を同時に回復し、さらに移動や運も上昇させるという便利な技を覚える。
アトゥイ
CV:原由実
ヤマトの属シャッホロを治める八柱将・ソヤンケクルの
普段は独特の言葉を使うおっとりとした性格で、する多感少女である。しかし一方で重度の戦闘狂という一面もあり、強敵を欲するあまりしい言動となることも多い。
戦闘では巨大なを用いた快な戦術を好み、非常に高いパワーを誇る。2マス先に届く攻撃範囲と条件により連続行動できるスキルで、先を切って戦うのに向いている。ただし耐久はそこまで高くないので突っ込ませすぎには注意。
いつもペットクラリンを頭上に乗せている。
ウル
CV:村瀬歩
エンナカムイ皇イラワジの孫で、オシュトルの義兄弟ネコネに対して好意を抱いているが、当のネコネには全く相手にされていない。純さが災いして他人に振り回されることの多い不憫キャラ
ハク達が都を脱出する際にオシュトルの命を受け、彼の手兵を逃がすための連絡役としてオウギと共に都に残った。
戦闘ではを用いた遠距離攻撃を行う。その場から動かなければ2回連続で行動できるスキルを身に付けるため、固定砲台役として優秀である。
本作ではアトゥイにけしかけられる形でついにネコネへ想いを伝えようと試みるが…?
ノスリ
CV山本希望
かつてのオウギと共に「ノスリ団」を名乗り義賊として活動していた、豊かな胸を持つエヴェンクルガ族の少女。「いい女」を自称しており、快な性格で正義感が強いが、思い込みがしくとちりしがちなのが玉に瑕。それでもオウギを含め多数の配下をめるだけの統率と懐の深さは本物である。
大の賭け事好きだが、実際はかなり弱い。負けが込むと躍起になってどんどん賭けてしまい、大変なことになることも。
ウルと同様にを得物として用いるが戦闘スタイルは対照的であり、一点に留まって敵を狙うのが得意なキウルに対してこちらは高い機動で常に戦場を駆けながら敵を射抜くタイプである。
オウギ
CV:櫻井孝宏
ノスリの彼女の補佐役。とは対照的に落ち着いた性格で、常にのことを第一に考え行動する。
諜報芸が得意であり、隠密活動において高いを発揮する。あらゆることを見透かしたような飄々とした話し方をする、底の見えない男。
ハク達が都から脱出する際、情報撹乱のためキウルと共に都に残った。
戦闘では二振りのを用い、素い動きで敵を撹乱する。敵の足止めを受けず、様々な状態異常を与える技や背後から攻撃することで攻撃が増すを身に付けるため、いちく敵に接近し密着して戦うのに向く。
ウルゥル/サラァナ
CV:佐倉綾音
ハクから賜った双子少女。顔は見分けが付かない程そっくりだが、ウルゥルは色白でぶっきらぼうな喋り方、サラァナは色で丁寧な喋り方をする。
常に二人一緒に行動しており、生まれてから一度として離れたことはない。であるハクには絶対的な忠を誓っている。
仮面の者」に対する封印のる「鎖の」と呼ばれる存在で、強な呪術を操ることができる。高い攻撃と広い攻撃範囲を持つが、耐久や移動は最弱という極端なステータスを持つユニット。常に敵と一定の距離を取り、ダメージを受けないよう注意しつつ戦いたい。
OPでは同じく封印のを持つウルトリィカミュと共にを開放する場面が描かれている。
ヤクトワルト
CV:江口拓也
剣豪として名を馳せ、特定に付かず各地を渡り歩く偉丈夫。かつては義理のであるシノノンをウズールッシャによって人質に取られとなっていたが、ハク達の協シノノンの救出に成功してからは彼らの仲間となった。
普段は「~じゃない」という口調で話す飄々とした人物だが、の腕は一流であり義に厚い好
前作では素性や出身などはほとんど明らかになっていなかったが、本作ではその技がエヴェンクルガの流れをんでいるのではないかとオウギから摘されたことをきっかけに、彼の過去られることとなる。
一応シノノンは義理ののはずなのだが、なぜか「の女」と非常に紛らわしい表現を用いる。
敵を足止めしたりダメージを受けた際に反撃するを持ち、近接戦闘では非常に強
シノノン
CV:久野美咲
ヤクトワルトの養女で、のことは「とぉちゃん」と呼ぶ。まだ幼いがいつでも元気で、とも違った男の子のような独特の話し方をする。
当初はウズールッシャによって人質に取られていたが、ハク達の計略により助け出された。
ハク一行の中では特にキウルによく懐いているが、シノノン本人は彼を子分にしたつもりなのかもしれない。
アンジュ
CV:赤﨑千夏
ヤマト皇女であるを何者かに謀殺され、自らもを盛られてを出せなくなる重症を負う。その後アンジュを皇として認めないヴライに殺されそうになるが、ハク達によって助け出されエンナカムイへと落ち延びた。
まだ幼くが儘な面が強いが、度重なる試練の中でヤマトの新たなるとして大きく成長してゆく。
本作ではプレイアブルキャラクターとなり、なんと自ら武器を手に取り戦場に立つ。彼女が扱うのはかつてカルラが用いた大剣であり、身の丈を優にえるそれを有り余るパワーで軽々と振り回す。仲間達の中でも最強の攻撃を誇るが、同時に反動ダメージを受けるなどリスクの高い技が多い。
ムネチカ
CV:早見沙織
『鎮守のムネチカ』の異名を持つヤマト八柱将の一人であり、時はアンジュ教育係の補佐も務める。彼女もまた、「仮面の者」の一人である。
然とした女性だが意外に少女趣味な一面も持つ。
ヤマトによるトゥスクル侵攻の最中に崩御の知らせを受け、ヤマト軍やハク達が撤退する際に殿を務めるためトゥスクルに残った。
本作ではアンジュと同様プレイアブルキャラクターとなる。高い耐久と味方を保護するを持ち、まさにヤマトと呼ばれるに相応しい護りに秀でた戦いをする。
マロ
CV:杉山
塗りの化粧を顔に施し「おじゃる」口調で話す、貴族出身の変わりな殿学士
コミカルな外見や言動から前作ではギャグキャラとしての地位を確立していたが、本作OPではまるで修羅のような顔をして燃え盛る宮殿の中に立つ姿が確認できる。一体何があった…?
ミカヅチ
CV:内田夕夜
ヤマトを守護する左近衛大将にしてライコウ。「仮面の者」の一人であり、右近衛大将オシュトルとはヤマト双璧と並び称されていた。
強面で見る者を竦ませる威圧感の持ち。しかしただ高圧的なだけの人物ではなく、ウコンとしての顔を持つオシュトルに倣って気さくな屋のサコンとしても活動していた。
本作OPではオシュトルの仮面を被ったハクと対決する場面があり、互いに仮面を開放し変身している。
ライコウ
CV:置鮎龍太郎
賢のライコウ』の異名を持つヤマト八柱将の一人で、ミカヅチの。自らが戦場に立つことはなく、卓越したや権謀術数を駆使して戦を有利に進める。
への忠義は厚いものの、彼が崩御するとその混乱に乗じて策を巡らせ始め、偽のアンジュを傀儡としてに仕立て上げ裏でヤマトの実権を握る。
オーゼン
CV:佐々木義人
八柱将の一人で辺クジュウリの皇。荒地を開墾しを広げた功績により、『楽土のオーゼン』との異名を持つ。
ルルティエを含む十五人の子供がおり、人も憚らず甘やかしてしまう子煩悩な一面もある。
前作では姿が登場するのみだったが、本作から本格的にストーリーに関わってくる。
ソヤンケクル
CV:最上嗣生
八柱将の一人で海洋シャッホロの皇。『溟のソヤンケクル』の異名を持ち、からヤマト全領の統治を任ぜられている。
アトゥイのであり彼女を溺愛しているが、アトゥイ本人はその暑苦しさに辟易としている。
重度の親バカである以外は義理堅く良識のある人物。
トキフサ
CV:志賀麻登佳
八柱将の一人で、エヴェンクルガ族を始めとした多数の部族の集まるイズルハの皇。
『調弦のトキフサ』の異名を持ち、他の将に立った武勲はないものの、攻守共に堅実な采配で戦線を維持することに長ける。要するに八柱将の仲でも地味な存在。
戦場では身の丈を越える十人りの強を操る。
デコポン
CV:大川透
八柱将の一人である、でっぷりと太った小男。傲慢に汚く、将としての才は皆無だが、優秀な八柱将であった親の七でその地位を得た。
下級貴族から右近衛大将へ成り上がったオシュトルをの敵にしている。
側近のボコナンテや采配師のマロロを部下に持つが、マロロは彼の横暴にいつも悩まされている。
ウォシス
CV:菊池幸利
八柱将の一人。個性の強い八柱将達のまとめ役で、ヤマトの実質的な大老。『影のウォシス』の異名を持つ。
常に穏やかな物で話すが、裏に捉え所のない面もある。シャスリカ、リヴェルニ、ラヴィエという冠童(ヤタナワラベ)達を配下に持つ。
そっちの気があるようで、裏では「ラウラウ先生」としてBL本を執筆し、配下の冠童達にそのモデルをさせている。

「散りゆく者への子守唄」から登場



次へ»
最終更新日: 16/10/23 15:15
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ