ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


うたわれるもの 偽りの仮面


ヨミ: ウタワレルモノイツワリノカメン
掲示板をミル!
2285カキコ!

うたわれるもの 偽りの仮面とは、AQUAPLUS2015年9月24日に発売したSRPGおよび、それを原作にして2015年10月から放送開始されたTVアニメである。

アニメから入った人は、先に発売されたゲーム内でられている今後の展開のネタバレが、大量にここの掲示板議論されているので注意のこと。


概要


2002年AQUAPLUS配下のアダルトゲームブランドLeaf」が発売した「うたわれるもの」の13年ぶりの続編で、全3部作の第2部という構成になっている。
前作から十数年後、記憶喪失青年ハクと、彼を拾った少女・クオンしていくという内容の話。
キャラクター舞台も一新され別物になっているが、前作のキャラクターも一部が登場している。
続編であり三部作の完結編である「うたわれるもの 二人の白皇」が2016年9月21日に発売。


主要登場人物



ハク


CV:藤原啓治

山で裸同然なうえ記憶を失って倒れていたところをクオンに拾われた青年。本作の主人公20代。他のキャラ獣耳しっぽのある亜人なのに対し、ハク人間
自分の名前も思い出せなかったため、クオンに「ハク」という名前を付けられる。この名は、クオンの故郷に伝わる「最も偉大な皇」の名前にあやかっているという。
周りとべて身体は極めて低く、子どもでも簡単にこなせる仕事すら苦戦してしまう有様。そのうえ怠け者で、色々なことを口実に仕事をさぼろうとする。
しかしその代わり洞察に優れ、頭の回転がく、大胆な作戦や的確な判断を下し数々の窮地を救う。物理学化学などの知識があり、算術(数学)も得意だが、記憶がいためか、この世界文字は読めなかった。だがすこし勉強しただけでどんどん読めるようになっていったほど。その知恵と人当たりの良さで、皆に慕われるようになる。
宴会、晩酌問わない大の好き。一方、甘味も好み、化学の知識を活かして、料理上手なルルティエと新作菓子作りに勤しむほど。飯テロゲー。

戦闘パートではクオンより借りた鉄扇を武器にする。もっとも上記の通り貧弱なためか攻撃は全キャラ最低。一方で、重な敵の攻撃を下げる技を使えるようになり、いるだけで自分の周囲の味方に強化効果(バフ)を与えられるようにもなるうえ、回復技も使えるので支援向き。

本名はヒロシ(噓)


クオン


CV:種田梨沙

各地をしている少女で、倒れていたハクを拾い、彼に名前をつけた。
彼が独り立ちできるようになるまで面倒を見ることを己の義務とし、一緒にをしていくこととなる。
「いろいろな場所を見てみたい」という理由で一人旅を続けていたほど活動的な性格だが、一人称が「私(わたくし)」であるなど振る舞いには上品さがあり、高な身分の出であることを感じさせる。
かなりの大食いで、もたしなむ。があるだけでなく、などにも詳しい薬師(くすし)。またかなりの湯風呂好きで、1日に2回は入りたいと言うほど。一人旅の間も、んで湯を沸かしては浸かっていたらしい。
特技は、しっぽを使った足払い、関節技、締め技などで、彼女が機嫌を損ねたときや、動揺したときなどに披露される(犠牲者はに失言したハク)。

戦闘シーンでは格闘技苦無な武器に使う。近接戦のほか、苦無によるある程度の遠距離攻撃と、範囲回復技、自己強化技を持つうえ、基本ステータスが高い器用万キャラ

前作と強いつながりをもつキャラクターであり、その素性はプレイしていけば前作プレイヤーならおおよそ想像がつくようになっている。


ルルティエ


CV:加隈亜衣

ヤマトの属クジュウリの皇(オゥルォ)であるオーゼンの末。気品はあるが性格は庭的で、を入れたり料理をしたりするのが好き。ではでありながら厨房を仕切っていたほど(もっともも、自ら開墾の仕事を行うようならしい)。ハクに好意を持つようになるが、引っ込み思案のため言い出せないでいる。時々ヤンデレっぽくなる。
ココポという巨大なホロロ)をペットにしている。本来ホロロはこんなに巨大にならず色も鮮やかだそうで、ココポは「ぶさいく」という言葉をクオンも否定に困るほどだったが、ルルティエかわいいと思っている。
実はBL趣味があり、都について々に事前リサーチしていた薄い本を買いめたり、裸のハク達をの隙間からまじまじ見たりと、わりとムッツリ。
アニメでは菓子作りなどの庭的な側面がほとんど出ない反面、BL趣味が強調されており、「腐ルティエ」「腐安定な姫様」の称号を得ている。

戦闘シーンではココポに乗って戦う。体が非常に高い上にZOCによる敵の足止めがあるため、タンク()役として便利。しかし防御はあまり高くならないので、育成や4つ装備できるスキルの書、優秀な錬技・特性カバーすることになる。


ウコン


CV:利根健太朗

ネコネのであり、腕っぷしが強く気のいい任俠者。荒くれものいの部下からの信頼も厚い。
籠屋で出会ったハクとクオンを気に入り、彼らを自分の仕事に誘って、ハクたちとともに都へ赴くことになる。
特にハクのことはその素質を見抜いたうえで、彼を私ともに信頼するようになる。
その正体は…


マロロ


CV:杉山

ウコンと行動を共にしていた殿学士ハクを気に入って心の友と呼ぶようになる。
顔をく塗り、一人称が「マロ」で語尾に「おじゃる」をつけるなど、本作の世界観の中でも異質な公家の人物。一応貴族の出身だが、祖の散財のせいでが没落したため、なんとか立て直そうとしている。
見かけの割に常識人で、ネコネと同様、難関な殿試を突破した学士であり、戦場などでの判断も合理的だが、物語中盤以降は無能な上に振り回されることになる苦労人。

戦闘シーンでは、術を使った遠隔攻撃を行う。
物語序盤と、中盤の一部でしか一緒に戦えないが、装備させたアイテムシナリオが進んでも「戦闘回想」でいつでも取り外せるので、心配する必要はい。


ネコネ


CV:水瀬いのり

ウコンである、幼さの残る少女。数年に一人合格者が出るかどうかといわれる殿試に歴代最年少で合格した才女。「~なのです」という背伸びした敬語口調で喋る。甘い菓子が大好物。
普段はかなりの人見知りだが、考古学への知識からクオンと仲良くなり、姉妹の誓いを結び「あねさま」と呼ぶようになる。また 過剰なほどのブラコンであり、へのほんの少しの悪口でも冷静さを失い昂する。特にべてだらしのないハクは、よくネコネに怒られる羽になるが、一方で気を許せる相手にもなり、ハクへの態度は「以外にこんなになつくのはしい」とよく言われる(もっともその感情表現は脛を蹴る、で殴るなど少々過)。苦手なもの(人物)を見ると、すぐハクにする。

戦闘シーンでは遠距離からの術と回復を行う僧侶タイプレベルが上がると攻撃と回復を同時に行えるようになるため非常に便利。体や防御といった基本ステータスが低く、囮を生み出すこそあれ、防御用のまともな錬技を覚えないため死なせない立ち回りが重要になる。


キウル


CV:村瀬歩

ネコネ、ウコンの故郷であるエンナカムイの皇子。ヤマト将軍オシュトルとは兄弟の誓いを結んでいる。
人当たりが良く純な性格が災いしてしまい、よく周りの人物に振り回され腹痛に悩まされる苦労人。
ネコネに思いを寄せているが、当人からは牙にもかけられていない、哀れ。

戦闘シーンではによる遠距離攻撃を行う。着弾点を選べる長射程技に加え、レベルを上げると移動せずに攻撃した際もう一度技を使えるという強特性を覚える。自己回復技や高性な回避系錬技も使えるなどシナリオでの可哀想ぶりが噓のような強キャラである。 


アトゥイ


CV:原由実

ヤマトの属シャッホロ皇女であり、ほんわりとした雰囲気の女性に対しても物怖じしない明るい人物で、古めかしい言葉遣いで話す。
惚れっぽい性格かつ、強い人物と見ると戦いを挑む戦闘狂であり、非常に行動があるため、周囲をよくトラブルに巻き込む。
ホイミンクラリンという、飛ぶ海月のようなペットを飼っている。 

戦闘シーンでは二又のを使った快な戦闘を行う。2マス先に攻撃できるうえ攻撃が非常に高い。敵を倒したあと50%確率でもう一度行動できたり、1ターンに二度移動できるなど敵を崩すに長ける。


ノスリ


CV:山本希望

オウギので、己の名を付けたノスリ団の長を率いる巨乳少女
義賊を名乗り不正を働く役人から盗み、貧しい民に与えるが、塊を放り投げ屋根を突き破るような大ざっぱな性格の為、時には顰蹙を買っている。
己の正義を貫き通す芯の通った性分な一方、思い込みがしく不器用なその姿は前作の彼女を彷彿させる。どうしてエヴェンクルガの女性残念美人なのか。
己がす『いい女』になるべく、『交わした約束は絶対遵守』『する乙女は全支援』『宴の誘いは断らない』等、自分に様々な誓約ゲッシュを課している。ランサーじゃなくてアーチャーなのに。

戦闘シーンではを使う。固定砲台が強いキウルとは違い、常に戦況によって戦場を動き回るスタイル兵となる。


オウギ


CV:櫻井孝宏

ノスリので補佐役。まだ若いが切れ者であり、大ざっぱなノスリが団を動かせるのも、彼の手腕によるところが大きい。諜報芸が得意。
幸せを第一に考えており、必要とあれば自身を騙くらかすことや、都の役人と共闘する作戦をたてることもある。ハク達とともに戦うのも、ノスリへの恩との大義に付き従った結果である。

戦闘シーンでは双剣格闘技を使い、味方で最も高い素さと高い機動を持つ。錬技が非常に高性であり、敵の背後から攻撃した際に威が上がる特性などから、素く敵に密着したうえでの戦闘が得意。マモレナカッタは言わない。
アニメではそのラディカルグッドスピードぶりはもはや中の人も相まって加速装置でも仕込んでんじゃないかってぐらいである。00giとかいっちゃいけない。


ウルゥル/サラァナ


CV:佐倉綾音

度重なる事件に巻き込まれ活躍したハクが、から褒美として賜った双子女性。鎖の(カムナギ)と呼ばれ、彼女らを手中に収めたものは都を手に入れたも同然とまでうたわれる強い者。
ウルゥルとサラァナの外見はそっくりで、ウルゥルは肌がく、ややぶっきらぼうな喋り方であり、サラァナは肌が褐色で丁寧な喋り方をする。
ハクへは奴隷的なまでの忠を誓い、様と呼ぶ。不要とされれば即自らの命を絶とうとしたり、本当に性的な意味での献身を見せようとするなど、色々な意味で危ない双子

戦闘シーンでは2人で1ユニット扱い。術兵タイプで、極端な性をしており攻撃は全キャラ最高だが、他のは全キャラ最低。移動も低く、アイテム装備1つしかない。
強みは属性が闇であり苦手な相手がく、最高5マス先まで届き広範囲を攻撃できる高火力の各種術を駆使して、多くの敵を巻き込んでAoEで攻撃できる点。雑魚にもボスにも役立つため、召喚する囮と味方を駆使して、一発も攻撃を喰らわないようにしたい。


ヤクトワルト


CV:江口拓也

剣豪として様々な勇名を馳せる人物。残像が揺らぐほどの剛太刀さばきから『陽炎ヤクトワルト』の異名を持つ。ヤクルトとも呼ばれる。シノノンという名の幼女な養女がいる、
に仕えずの腕で各を渡り歩き、「~じゃない」という独特な喋り方から飄々とした人物に感じられるが、儀に篤い好である。
とある事情によりヤマトに敵対することになるがハク達に救われ、共に行動するようになる。

戦闘シーンでは高い体、攻撃、防御を活かした典的な前衛要員。ZOC、対ZOC、反撃、物理、遠距離両方の回避錬技など優秀なっている。


TVアニメ


2015年10月3日から放送中。


スタッフ



次へ»
最終更新日: 16/08/26 21:02
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ