ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


えみルー


ヨミ: エミルー
掲示板をミル!
37カキコ!

えみルーとはテレビアニメHUGっと!プリキュア』作中での愛崎えみるキュアマシェリ)とルールー・アムールキュアアムール)による百合カップリングである。受け攻め関係しに感からこの表記が用いられることが多い。また、この順を反映してプリキュア名による「マシェアム」とすることもある。

本記事では劇中で2人が結成したアイドルユニット(およびそれぞれを演じる田村奈央田村ゆかりによる、キャラクター名義での実質的な声優ユニット)「ツインラブ」についても触れることにする。
※以下、声優2人に関しては同姓であるため、ややこしく面倒なことから、それぞれ「奈央」「ゆかり」と下の名前表記とします。


概要と2人の友情の流れなのです



でこぼこな2人の突然の出会い


突如として成立した凸凹コンビ。小柄な小学6年生のえみると、背が高い中学2年生のルールー。2歳差とはいえ、ぱっと見はおねロリ感を感じてしまう。しかし、この2人はある意味特異な流れを辿っている。

えみる妄想レベルの心配性だが人のために役に立ちたい女の子。良嬢ゆえにその面でいえば自由に制約がかかってしまうが、ある日プリキュア達に出会ったことで、その格好良さとヒーローという存在に憧れるようになり、いつかはプリキュアになることを志すようになる。また、幼い頃から音楽に慣れ親しみ、「女は女らしく」と古い考えを持つには内緒でギターを弾くようにもなっていた。

一方ルールーは元は敵組織クライアス社によって製造された、未来からやってきたアンドロイド機械ゆえ心や感情を持っておらず理解もできなかったのだが、プリキュアが次第にを発揮し、さらに新たなを得ることで、「なぜ身体的には劣るはずなのに強大なを発揮するのか」と興味を示す。そして素性を隠して野乃はなに近づくことになるが、彼女やその友人達との交流の中で次第に感情が芽生え始めていた。

そんな2人がある日出会った。「キュアえみ~る」と名乗って人助けしようとするえみるの行動は、ルールーから見ればでしかなく理解不能。しかし、崎邸に招かれ、えみる弾き語りを聴いたことで、音楽を知らない、理解できないはずのルールーに新たな感情が沸き起こり始める。対するえみるギターを弾くことを否定するに対して怒ってくれたルールー友情を感じるようになっていた。もっとも相手のことを知ってか知らずか、ルールーに「キュアらりるれルールー」と命名した上で「一緒にプリキュアになろう」と誘って断られるのだが(この時一表示された「えルっと!プリキュア」もコンビの通称として用いられることがあったりする)。

あり得ないはずの感情によって次第に行動の変化が起こるルールークライアス社によって回収され記憶を消された後プリキュア戦闘することになるが、消されたはずの記憶がり、そして心が発現したことでクライアス社と決別し、プリキュア達の仲間となる。この一部始終を見ていたえみるは、プリキュアの正体がはな達だと知ってしまうことになり、はな達につきまとい始める。


あなたを愛し、私を愛する~愛のプリキュアの友情と葛藤~


そんなおり、えみるルールーアンドロイドである事を知らされる。だが、えみるルールーアンドロイドであろうと、親友である事を疑わず、めてプリキュアになろうと告げる。しかしルールー機械の身である事を分かっており、「プリキュアになれるのは感情豊かな人のみ」と断ってしまう。そんなルールーを見てえみるは一念発起。前に聞かせた曲に歌詞をつけてルールーに贈った。彼女を元気づけるため、そして一緒に歌うために。えみるが歌い始めるとルールーは涙を浮かべ、そしてえみるに促されると次第に笑顔で一緒に歌うのだった。

あまり自由のないに生まれた少女と心を得始めた成長途上のアンドロイド、立場が全く異なる2人は共に励まし合い、その遇を互いに受け入れながら友情を育ませていき、「2人一緒ならばプリキュアになれるかもしれない」と考えるようになっていった。そして2人の強い想いは残り1個しかなかったプリハートを2個にする奇跡おこし、互いのプリハートを暖めあい抱き合いながら変身、共にプリキュアとなって戦うことになる。

こうしてってプリキュアとなったのはいいが、えみるり切りすぎて回り。ルールーとしてはそんなえみるを分かってあげたいのだが、生来のネガティブ思考で「プリキュア失格」と考えたえみるは逃走してしまう。だが互いに仲間たちに諭されたことで、すれ違った心はようやく修復……かと思いきや、オシマイダーとの戦闘アムールえみるギターを守ろうとするも、マシェリがそれをかばったことでギターが壊されてしまう。
えみるの大切なギターを守れなかったことで後悔の念がおこルールーと、大切なギターを失うよりもルールーを守れた事が大事なえみる。今度はその本心が互いに読めずにギクシャクする結果に。そんな2人に助け船を出したのははぐたんに突如召喚されたレジェンドなぎほの先輩。互いのことを思い出しつつ、なぎさルールーを傷つけたくないえみるに「喧したっていいじゃん、本音をぶっちゃけられるのは親友だからこそでしょ?」、ほのかはどうにもえみるの心が分からないルールーに「大事なのはあなたがどうしたいかってことだと思う」とアドバイス。そしてえみるルールーは直接本音をぶつけ合い、2人とも互いに大切な人、だからこそ互いに守りたいし助け合いたいと理解できるようになり、それぞれおそろいのブレスレットギターを贈りあった。

まだまだ未熟かもしれない2人。立場も素性も身体もあれこれ違う凸凹コンビであるが、互いを思いやり助け合い共に戦って歩んでいく。2人の成長過程も今後の楽しみかもしれない。

ちなみに7月から始まったマスクプレイミュージカルプリキュアショーの第2期でもって登場するのだが、ここでもやっぱりえみルーはいちゃいちゃ。本当に仲がよろしいようで。


まさかのアイドル活動!?


そんな2人にひょんな転機が。町内会のナイトプールで2人はミライクリスタルミライパッドを使って、アイドルモードになり即席のアイドルユニット「ツインラブ」としてゲリラライブを始めたのである。途中ジェロスの邪魔が入ったとは言え、2人の歌とライブパフォーマンスに来場者は大盛り上がり。

それを見逃さなかったのはかつてのルールーの上パップル。なんとクライアス社を退職後芸事務所を立ち上げた彼女えみるルールーを第1号タレントとしてスカウトしたのである。これからアイドル活動することになりそうな2人。現状スカウトは断ってはいるものの、はてさてどうなりますやら。とはいえ、ネットニュースワイショーで取り上げられるなど、地元ではちょっとしたローカルアイドルあるいはスクールアイドルとして知られるようにはなっているようで。というか『アニメージュ』2018年9月号の佐藤座古両SDインテビューによると裏設定的な話としてパップル達が勝手に仕事旋してきているとか(事実パップル社長アンリの密着取材のレポーターの仕事を持ち込んできてるし)。諦め切れてないどころかえらい迷惑だなおい。断らずに仕事する2人もあれだが。ってそうするとプリティストアさいたま新都心期間限定店舗のイメージガールももしやパップルさんの持ち込みか?(んなこたない)

ところで、プリティストアが展開しているオリジナルグッズに「アイドルシリーズアイドルプリキュア)」がある。これはオールスターズなどの人物達を一定のつながりで組み合わせてアイドルっぽいコスチュームを着せたイラストを作成、グッズ化したものである。えみルーもそれぞれ何かしらかと組むのかと思ったら、なんとツインラブそのままでグッズ化の運びとなった。これは同シリーズとしては初めて本編から持ち込まれる形で組み込まれることになる。また、つながるぱずるんで正式実装されたときにも、4カードにこれまたアイドル衣装が新たに作られている。


楽曲に関する情報です


ツインラブの名義関係しに、えみるマシェリ)とルールーアムール)によるデュエット曲は複数ある。ここではそういった曲を紹介したい。

キミともだち
作詞坪田文、作曲藤本記子(Nostalgic Orchestra)、編曲:福富之(Nostalgic Orchestra
前述の通り、第15話で初めて出会ったときにえみるが弾いた曲に第18話で歌詞をつけたもの。えみるからルールーに贈っただけあり、2人の友情を表した歌詞の内容はルールーのみならず視聴者も涙した。
本来の作編曲は、ここのところプリキュアシリーズで活躍しているNostalgic Orchestraによるもので、これにシリーズ構成坪田歌詞をつけている。ボーカルアルバム1に収録されている。
ちなみにこれが用いられた第18話は本編からそのまま歌のシーンに入り、ストーリーを進めながらエンドクレジットが入るという、特殊エンディングとなっている。プリキュアシリーズは放送時のフォーマットが固定されており、それを崩す(この回だけでも変身バンク省略トリニティコンサートバンクの短縮も行っている)のはあまり例がい。佐藤順一監督が放送後に触れているが、関係各所との調整を経て実現にこぎ着けただけに、スタッフの苦労がばれる回でもある。
なお、これらの回以外でも随時挿入歌として用いられており、第31話でははなを元気づけるため歌詞を一部変更し、さあやとほまれが歌に加わったバージョンも作られており、さらにボーカルベストアルバムでははなも加わった完全版と言える「One For All, All For One Ver.」も作られている。
大好きPOWER
作詞こだまさおり作曲編曲高田暁
第20話でマシェリとアムールの初戦闘時に流れた曲。この前にえみるが「自分が曲を、ルールーが詞を書いて、2人の心を合わせた最強無敵ノリノリアゲアゲな曲を作ろう」と提案しており、それを表すように2人で歌いながら踊るように戦っている。はいそこ適合者ホイホイとか言わない。せめて「こころをこめて」か「しあわせごはん愛のうた」でだね。
本来の作家は、こだまさおり高田暁というアニソンを多く手がけてる2人だが、中でもこだまは未だファンから神曲の一つとしてられることが多い『映画 ハピネスチャージプリキュア! 人形の国のバレリーナ』挿入歌「勇気が生まれる場所」以来の参加とあって、同曲を想起した人もいる。こちらもボーカルアルバム1に収録。
LOVE & LOVE
作詞:eNu、作曲編曲R・O・N
第24話のライブシーンで初披露されたツインラブの曲。周りを盛り上げただけでなく、ジェロスが猛オシマイダーによって辺りをトゲパワワで満たした時もその歌でそれをはねのけ、アスパワワで満たしている。だからそこマクロスとか言わない。
作家プリアラ後期ED「シュビドゥビ☆スイーツタイム」を手がけたR・O・Nが、彼とはクリエティユニット(K)NoW_NAME」でも関わっており、プリアラでは「ショコラ・エトワール」の歌詞も書いたeNuとともに手がけている。後期ED「HUGっと!YELL FOR YOU」のシングルカップリング曲として収録。
これはネタバレ的な話になるのだが、実は玩具の「いっしょにおどろう♪メロディタンバリン キュアマシェリキュアアムールVer.」で後期EDと映画EDと共に収録されている。なので放送前にメロディを聞くことができた。
商品紹介ページでは挿入歌として用いることはもちろん、商品イラストプリコデドールの着せ替え衣装食玩フィギュア、さらにはOPでもこのアイドル衣装の2人が登場し、玩具カタログ期版やキャンペーンDVD収録の自己紹介動画[外部]でもアイドル活動することが明言されていたのだったりする。
しかし5月31日マシェリとアムールの登場初報段階でバラすだなんて、気がすぎますバンダイカーン様。

中の人的には


2人を演じる奈央もゆかりも見ての通り共に田村姓である。何気に同姓のプリキュア声優はこれが初めてだったりする。佐藤順一監督によれば偶然の産物だそうだが。
そんな2人、やはりアフレコ現場では「田村さーん」と呼ばれると一緒に反応してしまうとか。そんなものだから、奈央からはゆかりに承諾を得て「ゆかりんさん」、ゆかりからは普通に「なおちゃん」と互いに呼び合っているという。
また、2人ともオーディションは同じ時間帯で受けており、最初は挨拶した程度(奈央はゆかりを見かけたとき「うわっ、田村ゆかりさんだぁ~!」と密かに感していたそうだが)だったのだが、共に出演するようになってからは、ゆかりが奈央に演技のアドバイスをするなど、役とともに次第に仲良くなっているそうだ。
もっとも、奈央は自他共に認めるテンパり屋。あわあわしてる状態の時にはゆかりゲスト出演者に「この子はよくテンパるので大丈夫ですよ」とフォローになってるんだかいんだかな説明をしているとか。


次へ»
最終更新日: 19/01/16 09:50
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ