ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


おつかいRTA


ヨミ: オツカイアールティーエー

おつかいRTAとは、走者のRTAプレイ技術とそれ以外のゲーム知識の知識を試される新しいゲームの楽しみ方である。


概要


RTAは楽しい、非常に楽しいです。RTAゲーム仕様の調、チャートの構築、実走、チャート修正、実走を繰り返すことにより成立しています。しかし、RTAの大会でけるのは実走をする人が中心になります。仕様に詳しい人や、チャートの構築が上手い人、チャートの善が上手い人など、まだまだゲームが好きな人がいっぱいいるはずです。そういう人たちのプレイを是非見てみたい!そんな人達が活躍できる場所がおつかいRTAです。もちろん実走が上手い人もその技術を活かして勝負ができます。


おつかいの内容


おつかいRTAとは、課題が当日に発表され、その課題をクリアしていくゲームです。RTAラスボスを倒すことが前提で、且つルールも厳密に決められており、それに対して十分に時間をかけて対策を取ることが重要になります。おつかいRTAは課題が当日に出るため、十分に時間が取ることが出来ません。考えながらプレイし、多大なプレッシャーの中でチャート構築から実走までをこなしてくことになります。


課題の内容


を習得・使用せよ
技や術、あるいは特技や魔法アビリティなどを習得する、あるいは使用することが条件となる。運営の確認の都合上、使用している画面を一定時間映し続けることが条件となることが多い。

アイテム○個を獲得せよ
具またはアイテムの獲得が条件となる。特性RTAには必要ないもの、あるいはそもそも攻略に必要ないものが選ばれることが多い。取得画面、あるいは具欄・アイテム欄を一定時間映し続けることが条件となることが多い。

○○を倒せ
ボスや敵を倒すことが条件となる。普段は倒さないボスであるとか、あるいは特定の条件下でしか戦えない敵が対となることが多い。撃破画面や、撃破した拠画面を一定時間映し続けることが条件となる。

あるいはこれらに条件に縛りが加わる可性もある。例えば特定武器でという条件がついたり、特定の技の使用を禁止したりする。これにより、RTAで用いられる回答を封じ、知識の応用が試される。


時間式おつかい


与えられた課題をいかにクリアするかという方式である。事故が起こりやすく、運営も走者も視聴者も覚悟が必要である。


ポイント制おつかい


特定の時間内で、ポイントと課題内容を選択してクリアしていくという方式である。全部をクリアするのか、取捨選択をするのかが見所となる。場合によっては大逆転も考えられる。


その他


おつかいの方式は多種多様に考えられる。途中でルールを変更したり、走者からルールを集めたりするのも手である。エンタメを重視するのならば、ポイントを隠しておくなども考えられる。


視聴者の見所


洗練されたRTA技術を見ている視聴者は、事故や走者の悩んでいる姿を楽しむことが出来る。また、走者クラスの実を持っている視聴者方は自分が知らなかった知識や、想定できなかった回答を楽しむことが出来る。阿鼻叫喚、課題の詰み、タイマー動作中の思考タイムなど、普通RTAでは見ることができない様子を見られるでしょう。参加者を限定したり、あるいはセコンドをつけたりすればどのような技術レベルの人もできるので、次はあなたも走るか運営をしよう。

また、助言を禁止している大会もあるため、コメントには注意が必要である。


運営上のノウハウ


本項はおつかいRTAが流行って欲しい人が勝手に作っているものであり、強制はないことを明確にしておく。こうしたらうまくいった、あるいはうまくいかなかったということである。


課題について


課題を開すると、アクセス集中により課題が閲覧できないことがある。予めテキストデータにして渡しておき、ローカルで閲覧可な状態しておくとこの問題は解決する。接続環境・回線環境での有利不利は排除しておくとゲームに集中できる気がする。

時間がかかるものを課題として選択すると、最低想定の2倍、最大3倍程度の時間がかかる。ベストケースの2倍~3倍をかかる時間として見積もっておくと良い。特に時間制おつかいの場合はおすすめする。

課題不備が起こる可性がある。課題設定者よりも走者の方が詳しいということが多い大会となる。質問体制を整えておくと、後顧の憂いがなくなる。

バグ前提の課題の場合、バグを知らなかったりするとクリア不能になる場合が存在する。ポイント制の場合はいいが、すべての課題をクリアする形式の場合は注意が必要である。


プレおつかいについて


なんだかよくわからない大会と思われる方も多いので、適当な課題でプレおつかいをやっておくと安心できる。


走者向けの豆知識


移動や、延長ミス取り事故中に課題達成をした場合、課題達成が認めれないことがある…というか放送できてない状態でアイテム獲得→課題達成報告→リセットとすると課題達成したかからも分からないので注意したい。長くなってくるとこのような事故も出てくる。


関連動画


関連動画は存在しません。


関連商品


おつかいRTAに関するニコニコ市場の商品を紹介してください。


関連コミュニティ


■community


2016/05/29にPS版DQMテリーのワンダーランド縛りRTA大会が開催された。


関連項目



最終更新日: 16/05/29 14:57
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ