ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


かぐや姫の物語


ヨミ: カグヤヒメノモノガタリ
掲示板をミル!
197カキコ!

かぐや姫の物語とは、2013年11月23日開されたスタジオジブリ制作アニメーション映画である。

竹取物語」を高畑勲監督による独自の解釈で描いた作品で、彼が監督を務めたのは、1999年の「ホーホケキョ となりの山田くん」以来14年ぶりとなり、最後の監督作となった。
高畑はこの作品の監督後、新たな作品を撮ることなく5年後の2018年4月5日に逝去したため、本作が高畑勲遺作である。


概要


この地で、ひとりの女性が生きた。
笑い、泣き、喜び、怒り、
その短い生の一
いのちのきをめて。

数あるの中から、
彼女はなぜ地球を選んだのか。
この地で何を思い、
なぜ、へ去らねばならなかったのか。
が犯した罰とは、
その罰とはいったい何だったのか・・・。

日本最古の文学物語竹取物語」に隠された
人間かぐや姫真実物語
の犯した罪と罰
ジブリヒロイン史上、最高の“絶世の美女”が誕生。

高畑勲監督は、東映に入社した頃から「竹取物語」の企画を温めていたが、日本人ならもが知っているにも拘わらず、あまりにもに満ちたこの作品を映像化することは困難であった。その後本作のアニメ化が決定したのは、彼が入社してから半世紀近く経った2005年のことである。

前作「ホーホケキョ となりの山田くん」で高畑監督は従来のスタジオジブリ作品の絵柄とは全く異なる、画のような作画に挑戦したが、今回の「かぐや姫の物語」はそれをさらに発展させ、作画背景全に一体化した映像を作り上げている(このため、スタッフロールでは原画・背景ではなく、作画・塗線作画と表記されている)。デジタル技術を使ったとは思えぬ手描きのようなタッチに加え、どこか昔懐かしい時代のアニメーションを思わせるこの絵柄を実現するためには、膨大な作画量が必要とされた。これに加え、本作は137分とジブリ歴代最長の作品となったため(それまでの最長作品は133分の「もののけ姫」)、完成までには8年の期間を費やした。さらに、鈴木敏夫く「高畑監督は以前から作品の完成へのこだわりのために、いつも遅筆になる」とある通り、当初は宮崎駿監督の「風立ちぬ」と同時開の予定だったが、間に合わなかったことから4ヶ遅れて開となった。なお、総制作費はスタジオジブリ作品過去最高の50億円となっている。

音楽は「風の谷のナウシカ」から全ての宮崎駿監督作品を手掛けた久石譲が担当。「ナウシカ」や「天空の城ラピュタ」は高畑勲プロデュースした作品だが、高畑監督映画は意外にも今回が初めてとなる。また、物語本編でも重要な役割を果たす劇中歌「わらべ唄」「女の歌」は高畑監督が自らフレーズを考えており、初音ミクデモテープを作り、これを基に久石は編曲して映画本編に取り入れた。こうした試みは、2012年大河ドラマ平清盛」でも既に実済みである(時代設定も同じ平安時代である)。

予告編では、穏やかな雰囲気の主題歌とは対照的に、かぐや姫気迫る表情で屋敷や都を猛スピードで駆け抜ける映像インパクトを集めたが、映画本編自体は(後半こそ重い展開が続くものの)柔らかく牧歌的な印を受けるものであり、この場面はむしろ全体を通してみると異を放っている。中にはこの予告編を見て、怖い話ではないかと勘違いしてしまう人も少なかったらしく、後述のキャッチコピーも含め、ある意味予告詐欺となってしまった(予告編を見て、映画を見るのを止めてしまった人は体ないことである)。

 

ネタバレ注意 この項は、映画ネタバレ成分を含みます。
ここから下は自己責任スクロールしてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハウルの動く城」「ゲド戦記」「コクリコ坂から」など、近年のスタジオジブリ作品は原作を大胆にアレンジしたものが多いが、「かぐや姫の物語」の全体的なストーリーは原典である「竹取物語」にかなり忠実であり、かぐや姫へ帰ってしまう結末も同じである。そのため、映画を見た人は上述の予告編とのギャップもあって、逆に意外と思った人も多いかもしれない。

しかし本編の特徴として、かぐや姫視点物語が展開される点と、原作ではかぐや姫の幼少期のオリジナルストーリーが描かれることが挙げられる。キャッチコピーを見る限り、なぜかぐや姫人間世界にやって来て、にも関わらずへと帰らなければいけなくなったのか、そのが判明すると思わせぶりなものであるが、それよりもむしろ、本作はかぐや姫の苦悩や悲しみそのもの物語の大きなテーマとなっている。

物語の終盤、かぐや姫は育ての親である翁と媼に、なぜ自分が世界からやって来て、またへと戻らなければいけないのかを話すが、その全てがられる訳ではなく、映画を見ただけでは全にはわからない人も多いかもしれない。その答えは、パンレットにある高畑監督企画書で明かされているため、これから映画を見る人や、もう一度映画を見たいと思ってる人は、是非ともパンフを買って欲しい。そうすれば、この物語に残ったが解けるはずである。

ところで、高畑監督と言えば「アルプスの少女ハイジ」の演出を手掛けており(宮崎駿も場面設定・画面構成を担当)、「ハイジ」はスタジオジブリ作品に多大な影を与えた作品であるが、高畑宮崎両名は「いつか日本舞台にしたハイジを作りたい」とっており、本作でその夢が実現した。

しかし、「アルプスの少女ハイジ」がハッピーエンドでめでたく締めくくるのに対し、本作のかぐや姫は慣れ親しんだ田舎友達から引き離され、都で自由い窮屈な暮らしを強いられることとなる。この辺りは、フランクフルトに連れて行かれたハイジが、夢遊病なるほど重度のホームシックになってしまう場面などを彷彿させる。しかもかぐや姫は、最終的には田舎での楽しかった暮らしも、都の辛く悲しい出来事も全部忘れさせられて物語が終わってしまうのだから、「かぐや姫の物語」は言わばバッドエンド版「アルプスの少女ハイジ」とも言える作品なのである。とは言っても、「火垂るの墓」のように見た人の心をへし折るような救いの絶望的なものではなく、高畑監督がもう一つ構想していた「物語」のように“あはれ”の文学を存分に味わえるものである。


キャラクター、キャスト


翁役の地井武男は本作が遺作となった(プレスコであるため、の録音は亡くなる前年に行われていた。また、完成後の追加収録で一部シーンのみ三宅が代役を務めている)。また、石上大納言役の古環は本作の音響制作デスクを担当したスタジオジブリスタッフで、キャスティングに悩んだ高畑監督オーディションで彼に白羽の矢を立てた。


スタッフ



主題歌・挿入歌



関連商品


2013年12月絵コンテ・アートワーク集が、翌2014年1月フィルムコミック(後編は2月)・ロマンアルバム・徳間アニメ絵本が発売。また、関連グッズは女童をマスコットにしたものが多い。

■azB00N2KJH22
■azB00N2KU3F2
■az4041010543
■az4041105684
■azB00CXOAP56
■azB00FD10CRC
■az4197701640
■az4197701659


関連項目



最終更新日: 18/05/07 21:16
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ