ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


がくっぽいどコンテスト


ヨミ: ガクッポイドコンテスト
掲示板をミル!
95カキコ!

がくっぽいどコンテストとは、GACKTユーザーが作ったがくっぽいどの作品を聴いてもらおう!というコンテストである。
詳しくは特設ページ[外部]参照。


概要


2009年6月10日GACKTを招いての2回目の生放送の終盤[動]

メガネユーザーのみんなが作ったがくっぽいどの曲を聴いていただけませんか?」(要約)
GACKT「…いいよ。でも中途半端なモノ作ってきたら、二度と出ない!ていうかメガネぶっ飛ばす!!」(要約)

…かくして「がくっぽいどコンテスト」の開催が決まった。

募集期間は6月12日8月31日
当初は7月下旬までの予定だったが、本人が「まだまだ気合いが足りない!」と言ったのではないか、というの噂により延長された。

12月15日23時からの生放送で再びGACKTを招き、本人が選考した優秀作品を発表した。
応募総数255曲から選ばれた10曲の受賞作品は以下のとおり。


受賞作品一覧


動画リンク 曲名 作者 GACKTによるコメント
グランプリ(賞30万円)
[画像][動] Episode.0 カニミソP 「本当にいい曲、今回の曲の中で一番泣ける」
サビがいいんだよ」と口ずさむ
「曲のクオリティがすごく高い、曲自体は淡々と進んでるけど歌で引っっていて、いかに歌詞メロディに説得があるか」
「来年やる舞台の曲、これでいいじゃん」
――『ダンシング☆サムライ』にも言及
が作ったんだろうと調べたら同じ人でなるほどなあって」
がくぽが広まったのもこれがきっかけなんじゃないかな。彼の功績はすごく大きいと思う」
優秀作品(各曲賞10万円)
[画像][動] Paranoid Doll SCL Project(natsuP) 「絶対普通の人には歌えない」
「この曲いいなと思った、23万再生も頷ける」
人間では有り得ないから聴いてて新しいし面い」
ならどこまで歌えるのかな、ツインボーカルとか、やってみないとわからない」
[画像][動] stainless moon maya 「作り方が丁寧、いかに情をこめるかが調教に表れている」
「曲としてすごくいいし、サビも人が歌って気持ちいい作り」
かの曲に似ているのでもない」
[画像][動] Dream in Dream どなたかP
2曲受賞
曲の紹介中に口ずさむ。
「自分の曲や一番初期のL'Arc~en~Cielにも似ていて、好きな曲」
「優しい、歌ってて気持ちがいい」
「昔の自分の、高音を抜く歌い方に似ている」
[画像][動] sad 「彼の個性が出てきている」
「鍛えればいい曲書けるんじゃないかな」
「狙ってないけど自然歌詞が入ってくる」
[画像][動] 鈍色の だあくP がくっぽいどには難しいアプローチをあえて歌わせてなお、難しい歌なのに他の曲に負けてない」
「自分で歌ったらすごくいい曲になるだろうな」
がくっぽいどでは表現できないところがもったいない 」
[画像][動] すばらしき人生 たかP 「この曲好きね」と終始笑顔
手抜きだなと思ったが、前のがくぽをぱちっぱちってしてるのに対して、後ろのがくぽのリップがよく合っているところに心打たれた、嬉しい」
「2番の歌詞が本当に良い、みんなに聴いてほしい」
[画像][動] -ふらりゆらり- marcury 「AメロBメロがすごくいいんだけど、サビが惜しい」
サビをもう少し変えたらもっと良くなる、という気持ちを込めて選んだ」
がくっぽいどならここまでだけど、表現カバーできる、自分が歌ったらよくなる」
[画像][動] タンバリンP レンジが広い、普通の人じゃ歌えない」
「低音と高音の両方の表現ができる人はいない」
がくっぽいどならではの音域」
[画像][動] Broken Heart リノ 曲の紹介中に口ずさむ。
「音の仕上げ方が丁寧、これぐらい丁寧に作れる子たちがいるんだなって感動」
サビがもったいない、展開の仕方が」
MALICE MIZERの『Je te veux』という曲の展開に似てる」
番外
[画像][動] バタフライ ナタP ※応募作品ではないが、特に優れているとして紹介
「応募してなかったけれど、聴いたときにもったいないと思った」
歌詞がすごくいい」
サビがいいんだよ」と歌いながら、
「『え』で伸ばすんだよ!普通の人には浮かばない」

※優秀作品は生放送での発表順に掲載。順位ではない。


総評、そして・・・


GACKTの総評に拠ると、255曲の中から優秀作品を選考するに当たり、最初に注した曲のタイプ

① 曲として特にクオリティが良い

② VOCALOID特性を生かした歌

のどちらかの(いは両方の)タイプの曲であったと言う。①に関しては「普通の人が歌ってとか、聴いてとかで、いい(曲)。」であり、②は「普通の人では歌えない、VOCALOIDじゃないと歌えない曲、って言うのも面いかなぁって思った。」との事。具体的には、「どこで息継ぎをすればいいのかわからないくらい、を出しっぱなしにしなければいけない曲」と、「レンジ(音域・域)の上下の展開が極端すぎて、普通人間ではまともに歌えそうにない曲」であると言う普通作曲がこんな歌を自分に歌わせるために作ってきたらまずクビw)。 

そしてその中から、作曲アレンジ共に丁寧な曲作りが成されている作品、歌詞が琴線に触れた作品、意表をつく展開があった作品、自分が歌ってみたら曲に新たな息吹を吹き込む事が出来そうな作品、パーフェクトじゃないけど作曲者としての未来を感じさせてくれそうな作品、などに順次絞り込み、最終的に残った10曲を優秀作品とした。

 

そして番組の終盤、GACKTが発した一言が思わぬ急展開を見せる。

「やっぱりこう・・・本当に感動した作品にはさ、特別賞あげたいよね。グランプリとかさ。」

突然の提案に戸惑うやまだひさしメガネ。そんな二人にGACKTは更に、

「と言うかさ、もう少し賞上げなよ。」

と追い討ちをかける。そんな決定権のい二人(と、運営コメ担当のあきふみ)は、すがるようにFooさんに事態の収拾を依頼。そしてついにFooさん動いた。

プラス20万でどうでしょう???w Fooさんのポケットマネーから出します・・・w」

MCの二人とユーザーから歓喜と絶賛の弾幕が乱舞した間であった。それと同時に、Fooさんの財布が一気に軽くなった間でもあったw。

 

しかしまだまだ話は終わらない。何と今度はGACKT自ら受賞曲を歌い、それをCD化する計画が浮上!?

公式からの発表を待て!!


CD製作企画


※未確定情報を含みます。最新情報、詳細は公式ページを確認してください。

生放送時に発熱のため「ねつっぽいど」状態だったGACKTの発言から以下の企画が立ち上がった。
その名も「がくっぽいどっぽくないど」!?

  

・・・そして企画から2年経過した2011年5月22日ニコニコ大会議in台湾にて

 Episode.0Paranoid Dollの2曲がGACKTの手によってアレンジされ、
2011年7月13日)にCDとして発売することを正式発表! 

■sm14516079[ニコ動]

GACKTく、
「かなりしく、熱く、そして、かなり心が震える曲になったんじゃないかと思います。
 是非みんなも聞いてみてください。」

発売を待て!!
■azB00503POR6

 


関連動画


■nl6764220[ニコ動]
■nl7313648[ニコ動]


関連項目



関連リンク



外部記事



最終更新日: 11/05/23 00:23
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ