ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


きまぐれスタジオ美水かがみギャラリー幸手


ヨミ: キマグレスタジオヨシミズカガミギャラリーサッテ
掲示板をミル!
11カキコ!

きまぐれスタジオ美水かがみギャラリー幸手[ーよしみずかがみぎゃらりーさって]とは、かつて埼玉県幸手市北三丁所在し、漫画らき☆すた』を題とした、幸手市商工会が運営していた伝説ギャラリー兼交流施設であった。2009年3月28日開館、2011年1月10日閉館。


概要


らき☆すた』の作者である幸手市出身の漫画家美水かがみの旧宅を装し、作中に登場する「泉こなた泉家)」を再現した、ギャラリー兼交流施設。泉家自体がこのモデルにしているため、忠実に再現できている。このため一部報道では「究極の聖地」と呼ばれたことも。

同作の舞台埼玉県東部であるが、もともと幸手市には久喜市鷲宮の「鷲宮神社」、春日部市の「春日部共栄高校」に匹敵する「聖地」と呼べる場所がなかった(せいぜい、OPや作中に出てくる「権現堂」ぐらい)。そうした中、美2008年5月さいたま市に転居、これまで住んでいたとなった。そこで美アニメ後期提供クレジットバック写真で、美「チェリー」パンチされているご婦人。通称チェリーママ)が、幸手市に貢献・恩返ししたいということで「このファンのために開放できないか」と幸手市商工会に打診。観光玉となるものを渇望していた幸手市商工会もこれを受け入れることで、プロジェクトが始まった。当初は2009年9月末までの期間限定で運営される予定だったが、好評を博したため期間が延長された。しかし、建物の都合で惜しまれつつも2011年1月に閉館となった。

展示内容は美の監修や協を得ているほか、内の商店や春日部共栄高校からも協を得ている。さらに巡礼に訪れたファンからも意見や協を受けていたのも特徴。また、前述のような経緯から美水母オープン時に案内をおこなっており、以後も休日にはちょくちょく訪れて案内をしたり、差し入れをしたりしていた。

一般住宅としてもかなり立な作りになっており、それを見るだけでも価値はあった。事実、近隣住民に開館に当たって説明会を開いたところ、いつの間にやら住宅見学会になっていたとか。

なお、泉家の住人(そうじろうこなたゆたか、並びに故人であるはずのかなた)が2010年元日付で幸手市に特別住民登録され、同年1月3日より特別住民票の交付が行われたが、住所は本ギャラリー所在地とされていた。


施設案内



開館日時・料金


2009年12月当時のデータを記す。


館内施設


開館時期の関係上、原作では現在泉家ホームステイしている設定となっているパティ部屋かった。こればかりは仕方ないか。なお、室内は全面禁煙であった。


こぼれネタ



関連動画


きまぐれスタジオ美水かがみギャラリー幸手に関するニコニコ動画動画を紹介してください。


関連商品


きまぐれスタジオ美水かがみギャラリー幸手に関するニコニコ市場の商品を紹介してください。


関連コミュニティ


きまぐれスタジオ美水かがみギャラリー幸手に関するニコニコミュニティを紹介してください。


関連項目



関連リンク



最終更新日: 20/05/03 08:24
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ