ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


きらめき(列車)


ヨミ: キラメキ
掲示板をミル!
4カキコ!

きらめきとは、かつてJR西日本で運行されていた列車名、またはJR九州で運行されている列車名である。


概要


きらめき列車名が最初に登場するのはJR西日本北陸本線である。

東海道新幹線経由で首都圏北陸を最速で結ぶ列車として設定されていた。米原金沢間には加越しらさぎが運行されていたが、名古屋駅発着のしらさぎ米原駅発着の加越との差異は途中停福井駅のみと、速達性を的として設定されていた。またグリーン車し・全定席という点でも加越と区別されていた。順調に本数を増やしていった同時期に設定されたかがやきに対し、1992年3月ダイヤ正で停が増加し加越との区別は内設備のみとなっていたので本数は2往復のまま据え置かれ、結局は1997年3月加越に統合されてしまい止された。尚、加越自体も2003年米原駅発着のしらさぎとしてしらさぎに統合されている。

ところがJR九州2000年福岡市北九州市高速バスJR西日本山陽新幹線との競合の為にホームライナー特急格上げしてきらめきの名称が復活した。元ホームライナーだけあって博多小倉間の停は多めに設定されていて、同様の理由で夕の通勤時間帯にしか設定されていなかった。

2011年3月九州新幹線博多開業の際に日中小倉博多熊本豊肥本線間を運行していた特急有明止された事から、博多駅以北の特急としてきらめき日中に大増発された。これに伴い博多小倉大分間の特急ソニックと合わせて博多小倉間は日中毎時三本の在来線特急が維持されていた。

2018年3月ダイヤ正で日中の運行を止され、毎時三本の運行は夕のみとなった。


運行形態


停車駅

スペース」は「スペースワールド」の事で、一部の列車が臨時停する事がある。は全列車が停は半数以下の一部が停































下り(博多方面)
平日本数(休日本数) 7(9) 3(5)
上り(小倉方面)
運行本数 10 8

列車名の由来


新幹線ひかりからの乗り継ぎという事できらめきから。


年表



北陸特急きらめき


1988年3月 米原金沢間に特急きらめき1往復が設定される。
米原 - 福井 - 金沢

1991年3月 特急加越1往復を特急きらめきに変更。

1997年3月 2往復とも加越に統合され北陸特急としてのきらめき止。


九州特急きらめき


2000年3月 博多→門港間にホームライナーの格上げとして特急きらめきが2本設定される。
博多 - 赤間 - 折尾 - 黒崎 - 戸 - 小倉 - 門 - 門

2001年3月 下り2本・上り5本に増発。

2003年3月 下り3本に増発。

2004年3月 下り1本がリレーつばめに変更され下り2本に減便。

2005年3月 上り1本がソニックに変更され上り4本に減便。

2005年10月 1往復増発して下り3本・上り5本に増発。

2008年3月 上り6本に増発。

2009年3月 1往復増発して下り4本・上り6本に増発、ただし下り1本は土休日のみ運転。

2011年3月 九州新幹線博多開業のダイヤ正できらめき博多小倉間10本・博多→門港間7本・小倉博多間11本・門港→博多間3本に増発。土休日は更に門港→博多間に2本が設定されている。

2018年3月 日中の運行が止。博多小倉間2本・博多→門港間8本・小倉博多間4本・門港→博多間3本に減便。


関連動画



■sm17038888[ニコ動]

■sm17576034[ニコ動]


関連項目



最終更新日: 18/05/09 12:57
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ