ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


こだま(列車)


ヨミ: コダマ
掲示板をミル!
20カキコ!

こだまとは、列車称である。

概要

日本を代表する列車名の一つ。ここでは簡単に説明する。


ビシネス特急「こだま」


1958年20系(→151系181系)にてデビュー東海道本線では既に「つばめ」・「はと」が走っていたが、「こだま」は電車特急として登場。東京大阪間を日帰り可にした。

運行開始当初は編成数が少なく予備が確保できない状況だったため、故障などで151系電車の運用の都合がつかない場合は153系急行電車が代走していた(通称『かえだま』)。153系151系と同じく最高速度は110km/hを確保していたため同じダイヤで走行できた。ただし内設備が著しく劣ったため特急半額を返却することで対応した。後に日光形電車こと157系も「こだま」の代走に入ったことがあるが、この車両特急での運用を想定していたものであったため、同様の措置は取られていない。

運行開始当時は東京大阪6時50分運転であったが、1959年6時40分運転、1960年6時30分運転を実現している。最高速度も当初は110km/hであったが、後に120km/hに引き上げられた。
またこの「こだま」により、戦前1933年に阪和電気鉄道特急」が達成していた表定速度記録81.6km/hが、26年ぶりに破られている(1959年の時点で83.4km/h)。

こだま」を追いかけるように1960年には「つばめ」・「はと」も電車化された。後には151系のほか先述の157系も用いて「富士」・「ひびき」といった電車特急も追加で設定され、1964年新幹線開業まで東海道の輸送を担った。


新幹線「こだま」


0系
0系新幹線電車
Shinkansen Series 0

1964年10月1日に名称を在来線から引き継ぐ形でデビュー
なお、この名称は募では下位だったが光速を連想させる「ひかり」と対になる音速を連想出来る事から選ばれている。

現在、基本として東海道新幹線山陽新幹線を直通する列車はなく、それぞれの会社・路線で運行が完結している。

この「こだま」はダイヤ編成において「いかにして後発の速達列車から逃げ切るか」が重要となっており、東海道において0系100系の淘汰が急ピッチで進んだのは「こだま」の速度を「のぞみ」と同じ270km/hに引き上げる事で「のぞみ」から出来るだけ逃げ切れるようにする為でもあった。2014年ダイヤ正からは同様の理由で、加減速性に優れるN700系を臨時「のぞみ」よりも名古屋以西各駅停車の「ひかり」や「こだま」の方に優先的に投入されていく方針が出されている。

一方の山陽では東海道ほどの過密ダイヤを組んでいない事もあり速度の遅い100系の淘汰はそれほど進んでいなかった(これにはJR西日本の置かれている財務状況的な理由もあるが)。
但し、九州新幹線との相互乗り入れ開始後はN700系7000・8000番台の投入に伴い急速に置き換えが進み、2012年には100系の撤退に伴い山陽こだまも全列車285km/h以上(姫路以西)となっている。しかし東海道新幹線べて速達列車の待避時間に余裕を持っており、通過待ち時間が10分前後から場合によっては20分近くと長く取っている傾向にあり、開業時とべて途中が増えたこともあって新大阪駅博多駅間の標準的な所要時間は4時3050分前後と、山陽新幹線全線開通当初の4時30分より少し長くかかっている(それでも0系100系時代の約5時間10~30分からは善している)。5時間以上かかる列車もいくらか残っているが、その多くは岡山駅の長時間停(20~30分前後)によるものであり、岡山駅では同始発で先に発する京都駅まで各駅停車ひかり号(東京行き)と接続が図られているものが多い(一部を除く)。
しかし、山陽こだまに関しては新大阪駅岡山駅間は東海道新幹線直通の「ひかり」(所謂「ひだま」)により代替されている部分もあり、岡山駅以西での活躍となっている。

ちなみに、700系7000番台を使用した「こだま」は「こだまレールスター」と呼ばれる事もある(但し、公式名称ではない)。

なお、2010年4月時点ではこだま726号が西明石駅新快速に一時的にだが追い抜かれるという事が発生していた(通過列車の待避と新大阪駅への入線時刻調整のため、西明石駅で13分間という長時間停をしていたため)。2012年3月正以降のダイヤでは「ひかり442号」で同様の現が起きていたが、翌2013年3月ダイヤ正で当該列車新快速の運行時刻がズレたため、このような逆転現は一時的に消滅したが、2015年現在においては再び西明石駅で通過待ち合わせのため18分間停する「こだま」や、同じく15分間停する「ひかり」が後続の新快速に一時的に追い抜かれる現が発生している。 

2012年3月ダイヤ正にて東海道新幹線における「こだま」の車内販売は休止となる為、東海道・山陽新幹線の全区間で「こだま」の車内販売は休止となる。

編成図(博多⇔新大阪⇔東京)(2012年3月17日現在)

「こだま」限定の割引切符・旅行商品

こだま」は前述したとおり、東海道新幹線山陽新幹線における各駅停車列車であるが、それゆえ需要が大きい間では速達の「のぞみ」「ひかり」へ乗客が流れてしまい、速達列車が停しないの乗客しか確保できず、利用が全般的に低迷するという問題を抱えている。

山陽新幹線で4・6両編成に長さを短縮した「こだま」が設定された理由はそこにあり、それより格段に利用が大きいはずの東海道新幹線でも国鉄末期からJR東海初期の一時期、16両のこだまを12両編成に短縮しての運転が行われていたことがある。

それゆえJR東海JR西日本の両社とも、「のぞみ」・「ひかり」と較して割安な料を設定した企画乗車券、あるいは系列の旅行会社を通じて「こだま」の利用を前提にした旅行プラン(募集企画旅行)を設定し、乗客を呼び込む試みが現在では行われている。代表的なものは以下である。


次へ»
最終更新日: 16/02/17 21:24
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ