ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


こどもリンク


ヨミ: コドモリンク
掲示板をミル!
81カキコ!

こどもリンクとは、ゼルダの伝説シリーズに登場する幼いリンクのことである。


概要


この名称は『大乱闘スマッシュブラザーズ DX』において少年の"リンク"と"リンク(青年リンク)"と区別するためにつけられた名称である。

時のオカリナ』などに登場する幼いリンクのことだが、決まった定義はなく多くの場合で大人の"青年リンク"、アニメ調で描かれた"トゥーンリンク"以外のリンクし、特に『スマブラDX』の"こどもリンク"の元となった『時のオカリナ』『ムジュラの仮面』の少年リンクす場合が多い。

第1作『ゼルダの伝説』や『神々のトライフォース』では、リンクは「少年士」と設定されており、そもそもリンク子どもなのがデフォルトキャラクターであった。ただ『時のオカリナ』以降はリンク=10代後半の青年イメージが強くなり、また少年設定のリンクにはトゥーンリンクが採用されることが増えたため、いわゆる「こどもリンク(リアル系絵柄の少年リンク)」が登場する機会は減っており、『ふしぎの木の実』『神々のトライフォース2』が該当するくらいである。


時のオカリナ


時のオカリナ』では少年リンクと七年後の青年リンクを切り替えて進めていくのだが青年リンクだけで進められるイベントは多くない。最終的にリンク少年時代へ帰り、『ムジュラの仮面』へ続く。
少年リンクである青年リンクべるとハイリアの盾を構えられない、使える具が限られていたりと非力ではあるが、こどもリンク専用装備デクスカリ棒の威は凄まじく、ラスボスガノンですら殺するほどであり、RTATASにおいてこどもリンクのままエンディングを迎えることは当たり前になってしまっている。


ゼルダ無双


DLCキャラとしてではあるが、ムジュラの仮面リンク(時のオカリナリンク)がゼルダ無双にまさかの参戦、肩書は「仮面少年
ゼルダ無双世界では、「スカイウォードソード」「時のオカリナ」「トワイライトプリンセス」が神話としてられている世界であるため。
神話の中の存在ということになるだろう。
使用武器は「仮面」。魔解放や必殺技の時に装着し、をも一両断する。


スマブラ


大乱闘スマッシュブラザーズDX』にて初参戦。

上記の通り、大人の"リンク"と区別するために『時のオカリナ』の少年時代、『ムジュラの仮面』のリンクベースにした幼いリンクに"こどもリンク"という名称を使用したゲームCV 瀧本富士子

通常の"リンク"にべて火力リーチはないものの、素飛び道具が優秀なファイターになっている。 残念ながらデクスカリ棒は使えない。

ジャンプが可であり、ミニゲームターゲットを壊せ!」のこどもリンクのステージジャンプを使用しなければクリア出来ない構造になっていた。そのため当時ジャンプの存在を知らず、クリアできなかったプレイヤーは数知れない。『速報スマブラ拳!!』のこどもリンクのページにはジャンプの事が記述されているのだが……

後の『スマブラX』『スマブラ3DS/WiiU』には参戦していないが、軽量リンクというコンセプトトゥーンリンクに引き継がれているため、実質的にはリストラになったわけではい。

そして『大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL』では「全員参戦」のコンセプトの下DX以来久々に参戦する。ブレスオブザワイルドデザインになった「リンク」、引き継ぎ先の「トゥーンリンク」とも合流し、気分はさながらトライフォース三銃士である。

リンクブレスオブザワイルドデザインとなったことで性が大幅に変化(クローショット消失によりつかみは通常のものに。バクダンリモコンバクダンに。最後の切りふだ古代兵装の矢に変更など)したことによりこどもリンクが従来のリンクの性を引き継ぐ形になった。
最後の切りふだトライフォースラッシュ。これも前作のリンクが使用していたものがこどもリンクが引き継いでいる。デザインは『スマブラDX』同様、時のオカリナ準拠。
さらに、対戦時の登場の仕方は64版のリンク以来となる「ワープの中から降臨」。旧来のファンには嬉しい演出だろう。


ゼルダの伝説ポータルトライフォースの宿る者に“負け”はナシ!」 威風堂々と楽しんでほしい。


■sm33357880[ニコ動]

■sm33358145[ニコ動]

E32018ダイレクト動画:3:29あたり
キャラクター紹介動画:8:36~


関連動画


■sm8940450[ニコ動]


関連商品


■azB07K4CJWY6
■azB06ZY1JT3V


関連コミュニティ


■co10831
■co2334


関連項目



最終更新日: 19/08/18 18:14
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ