ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


この世界の片隅に


ヨミ: コノセカイノカタスミニ
掲示板をミル!
435カキコ!

この世界の片隅に』とは、こうの史代による漫画作品である。


概要


この世界の片隅に
基本情報
作者 こうの史代
出版社 双葉社
掲載 漫画アクション
掲載期間 2007年1月23日号 - 2009年2月3日
巻数 全3巻
漫画・アニメテンプレート

太平洋戦争しさを増す昭和19年18歳で故郷の広島から20km離れた軍港都市の北ぐことになった少女すず。物資不足に悩まされながらも、工夫をこらしながら新しい場所で日々暮らしていくすずと、すずの夫・周作をはじめとする北を中心に、すずを取り巻く人達の日常を描いた作品。

こうの史代の代表作であり、2009年には第13回文化庁メディア芸術祭のマンガ部門優秀賞を受賞している。執筆にあたっては、戦争で失われた広島風景や、今や多くの人が体験したことのない戦時中の生活について綿密なリサーチが行われ、その再現が試みられている。

双葉社漫画アクション』にて、2007年1月23日号から2009年2月3日号まで連載された。これに先立ち、同誌で2006年2月から翌2007年1月にかけてすずの幼少期を描いた3編の読切短編「の記憶」「大潮の頃」「波のうさぎ」が発表されている。

単行本は2008年1月から2009年4月にかけて、双葉社アクションコミックスより上中下巻の3巻構成で刊行。読切3編はプロローグとして上巻に同時収録されている。また後述のドラマ化を記念して、2011年に新装版が刊行された。こちらはB6判の前後編2巻構成となっている。

2011年8月日本テレビ系列ドラマ化された。2016年には片渕須直監督により劇場アニメーションが開されている。


メディア展開



TVドラマ


2011年8月5日に「終戦記念ドラマスシャル」と銘打って日本テレビ系列で放映。

演に北川景子、また脚本を『ラブジェネレーション』『神様、もう少しだけ』『大』『ラストフレンズ』などで知られる浅野妙子が手がけた。

キャスト


劇場アニメーション


この世界の片隅に
基本情報
監督 片渕須直
脚本 片渕須直
音楽 コトリンゴ
製作 MAPPA
配給 東京テアトル
2016年11月22日
上映時間 129
映画テンプレート

2016年片渕須直監督・脚本によりアニメ映画化される。2016年11月12日開。アニメーション制作MAPPA。配給は東京テアトル。

寡作で知られる片渕監督にとって、4作品監督作品にあたり、新作映画は『マイマイ新子と千年の魔法』以来実に7年ぶりとなる。原作者のこうの史代はもともと片渕監督の大ファンであり、監督から直々に映画化の申し出を受けたときには感したという。

2012年8月関係者のTwitterで制作発表[外部]があり、広島県山口県を中心に告知ポスターが展開された。その後、告知前からを含めて4年の準備期間を経て、シナリオ絵コンテ完成。これを受けてクラウドファンディングが展開され(詳細後述)、映画作品としては記録的な3900万円以上を調達。6月3日製作委員会が発足、東京テアトル配給での映画制作が正式に決定した。

2015年7月クラウドファンディング支援者ミーティング東京会場にて第1段の特報映像が初開。YouTubeでも配信された[外部]ほか、ユーロスペースなどいくつかの劇場で上映された。また、支援者ミーティングの広島大阪会場では作品冒頭にあたる「の記憶」の映像も上映された。2015年11月広島映画祭では続く「大潮の頃」も特別上映が行われている。

2016年8月5日、劇場開日が11月12日に決定したことが発表される。8月23日には、演を女優の「のん」(元・奈)が務めること、楽曲をシンガーソングライターコトリンゴが手がけることが発表されるとともに、予告編映像が公開された[外部]

2016年11月12日、全63館にて劇場開(順次拡大予定、累計100館以上での開が決定している)。開直後から反が相次ぎ、「ぴあ映画初日満足ランキング」「Filmarks初日満足ランキング」でともに1位を獲得、小規模な開ながら週末の行収入ランキングにおいても2週連続で10位にランクインした。劇場開と時を同じくして開催された広島映画2016ではヒロシ平和映画賞を受賞。71毎日映画コンクールでは、日本映画優秀賞、大信郎賞、音楽賞(コトリンゴ)の3部門を受賞。また、第41回報知映画賞の作品賞と監督賞にノミネート、第40日本アカデミー賞では優秀アニメーション作品賞、優秀音楽賞(コトリンゴ)にノミネート、第26回東京スポーツ映画大賞では作品賞、女優賞にノミネートされている

インターネットでの動画配信は2017年5月17日より開始し、Blu-rayDVD2017年9月15日に発売され初週合計5.7万枚の売上を記録している。

Animatsu Entertainmentにより、英など世界14カでの配給も決定している。英題は "In This Corner of the World"。なお先だって開された海外向けのトレーラー[外部]には、劇場開された本編ではカットされたシーンが含まれている。海外でも多数の映画祭のアニメーション部門、長編作品部門にノミネートされ、第41回アヌシーアニメーション映画祭では、長編部門審員賞を受賞している。

高い評価と大きな反を集めたことを受けて、2018年には約30分の新規映像を加えた別バージョンこの世界の(さらにいくつもの)片隅に』が制作中であることが発表された。追加された新規映像によって作品の一部の題も変わってくることから、別の題名が付けられたという。当初は2018年12月開予定とされていたが制作に時間を要したため、後に延期が決定。2019年12月20日開予定である。

キャスト

スタッフ

楽曲

以下、すべて歌唱はコトリンゴ

クラウドファンディング

2015年3月、4年の準備期間を経てシナリオ絵コンテ完成したことを受け、「この映画はみんなと一緒に作りたい」という片渕監督の思いの元、作品のプロデュース名乗りを上げたジェンコ太郎プロデューサーが提案した、近年様々なジャンル活用されているクラウドファンディングによって製作を調達するという、映画作品ではしい手法が取られた。

3月9日クラウドファンディングサイト「Makuake」上で開始された資調達(当該ページ[外部])は僅か9日後の3月18日標額2000万円を達成、5月末の締切時には3374人の支援者から3900万円をえる資が集まり、当時におけるクラウドファンディング過去最高人数、また当時の映画クラウドファンディングにおける最高額を更新した。なお、集まった資スタッフの確保、パイロットフィルム制作等にあてられた。

当初本格的な映画製作の為の資調達を的として作られる予定だったパイロットフィルムであったが、このクラウドファンディングの反を受け、配給を務める東京テアトル他複数社が出資に名乗りをあげ、締切直後の6月3日々に映画製作が決定されることとなる。

映画開後の2016年11月には上映が決まっている海外(同現在15か)の現地上映に片渕監督を送り、監督本人に世界の人々がどういった感想を抱いたか、日本へどういう感情を残すかを感じてもらうために2度クラウドファンディングが行われた。11月22日に始まった資調達(当該ページ[外部])はわずか8時間で標額の1080万円を達成。この事態に対し急遽支援額の上限を設ける、実行内容の強化を行うなどの対策が取られた。

映画作品としての特色


次へ»
最終更新日: 19/11/13 21:10
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ