ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


こみっくパーティー


ヨミ: コミックパーティ
掲示板をミル!
51カキコ!

こみっくパーティーとは、Leaf株式会社アクアプラス)より1999年に発売されたWindows専用恋愛アドベンチャーゲーム+恋愛シミュレーションゲームである。

ゲーム内における同人誌即売会イベント名でもあり、セルコラボレート的に開催されたLeaf催の現実の即売会イベントの名前でもある。


概要


同人誌を書きながら、同じ作家仲間コスプレイヤー女の子イベントスタッフ女性と仲良くなるという、オタクネタメイン作品の増えた現在では割と定番化しているコンセプトの、著名メーカーがおおっぴらにやったという意味での先駆け的作品。公式略称は「こみパ」。

後に『うたわれるもの』や『ToHeart2』などでその名をかせる事になるLeaf東京開発室の記念すべき第1作にして、代名詞とも言うべき作品である。

18禁PC版での発売後、ドリームキャスト、逆移植PC版PSP版と3度移植(3本とも全年齢対)されており、オリジナルPC版のみ18禁定となっている。
また、2度のTVアニメ化と1度のOVAシリーズ化もされている。


内容は、作品内期間での1年間、毎1度開催される即売会に向けて、任意のジャンルページ数・表カラーを設定して執筆を進め、即売会で販売、を基本に、主人公が一般参加者として即売会を体験する4月プロローグに、サークル参加する5月3月本編としてプレイする。
女の子達とは、サークル訪問、サークル合体、協同執筆や、コスプレブース見学といった同人誌即売会らしい行動や、散歩や画材買出し等、様々なアクションによって出会いを繰り返し、親交を深めていく。特に、攻略女の子作家仲間の場合はサークル合体攻略の必須条件になる。

執筆システムは、最初に1週間分(土日祝日は除く)のスケジュールを決めて、原稿完成に書き上げると言う物である。執筆フェーズは「絵コンテ(=ネーム下書き)」「ペン入れ」「仕上げ」「表」に分かれており、画力カラー値により、進捗スピードが変化する。

土日祝日は、午前と午後に分けて行動を選択することができ、原稿を書くか出かける、又はバイトや休息を取る事が出来る。選んだアクションによってはイベント等で強制的に半日~1日潰れる事もある。締切日前1週間を切っても脱稿していない場合、「修羅場モード」になり、大量の体ゲージと引き替えに執筆速度アップさせることが出来る。が、それ相応にリスクも高く、途中で体が尽きれば問答用でゲームオーバーとなるのでご利用は計画的に

原稿が既定の締め切り日までに上げることが出来れば、所持と相談し、売上見込みと来の印刷代の事を考えながら印刷部数を決定、後は即売会を待つのみとなる。


即売会では始めに新刊の値段設定をして印刷した本を売っていく。称号が駆け出し未満の場合は最安値にしない限りろくすっぽ売れないので、強気設定はもっと大手になってからにしましょう(リアルでもね)。

途中休憩時間で館内移動が数回に渡り出来るようになる。イベントの間ずっとスペースで売り子をしてもいいし、知り合いキャラスペースへ行ってイベントを進行させるもよし。この時、特定の場所に移動するとイベントが発生する事があり、その結果新しい女の子に会えたりもする。

即売会終了後は、売上冊数に応じた評価が行われ、一定の冊数に達すると「駆け出し同人作家」「ベテラン同人作家」などの称号が得られる。この称号作家としての知名度のバロメータであり、称号が高ければ高い程、強気の値段設定や大量の冊数でも売しやすくなる。なお、どれだけランクを上げても即売会1度につき2000部が最大。


主な登場人物



評価



PC版(旧18禁版)


原作であるPC版こみっくパーティは256色時代のゲームの中でも最高峰の色技術をもって製作され、そのクオリティはその辺の下手なフルカラー作品よりもよっぽど綺麗であった。

ゲームとしてはどうかというと、あるヒロインルートに入るための必須イベントランダム発生であったり、また某ヒロインルートに入るには流しプレイでは達成しにくい膨大な販売部数を捌かなければならなかったりしたため、攻略難易度あるいは作業煩雑度はそのポップな見たに反してそれなりに高い。
そもそも執筆作業が進む量自体乱数で運任せのため、的を持ってプレイする場合、ページ数が達成できればセーブし、達成できなければロードしてやりなおすというのを何十回どころか何回と繰り返す耐が必要だった。

基本的には(一部のキャラを除けば)同人誌の作成部数は攻略条件としてまったく意味がないので、理に発行部数を増やす必要はない。少ないページ数、少ない発行部数でクリアできる。
しかし同人作家に成り切ってプレイしていると、発行部数やページ数を増やしたいのが人情である。苦労して執筆した同人誌の全作品がエンディング時に表示されるのを眺めていると感慨深いものがある。

作中の即売会会場で他のサークル同人誌が購入できるが、それらの同人誌の表イラストは実際の人気同人作家達が描いており、同人誌即売会同人誌を購入する層の人達には非常に喜ばれた。

後にアミューズメントファンディスクでいこう!』も発売され、後のこみパ2次創作オフシャル作品(OVA以降)にも多大な影を与えた。

また、本作を印的にする要素の一つに、メインヒロイン逸般人化が挙げられる。普通主人公オタクに入るストーリーの場合、リア充サイドからの引き戻し要員(大抵はメインヒロイン主人公オタクコンプレックスを脱却してリア充になってハッピーエンド、というケースが多かった)がいるのが常で、本作ではメインヒロインである高瀬瑞希がその役割を担っていた……はずだったが、瑞希ルートを中途半端に進めた状態で放置してラストを迎えると、当然攻略失敗でノーマルエンドになるのだが、そこには何ともディープにこみパの空気に染まりきった瑞希がいるのである。中途半端にシリアスな本人のエンディングよりも、こっちの方がよっぽどハッピーエンドではないかと当時は話題になった。
今でこそ漫画ゲームで、オタク主人公と一緒にオタクライフを楽しむメインヒロインしくなくなっているが、その空気を作ったきっかけがこのオタク瑞希であると言っても過言ではあるまい。なお、DC版にて通常攻略中にも魔法少女アニメDVDグッズ大人買いしているイベント絵も描き下ろされ、瑞希=有望なオタクというイメージ全に固定された。

本作の外側、業界的には本作発売(1999年5月28日)の1週間後にKeyの出世作『Kanon』が発売され大きな話題を呼んだことで、残念ながら本作の一人勝ちにはならなかった。

なお、本作の開発体である東京開発室の中心メンバーは、同人でもトップクラス人気を誇るシャッター前常連級の人気作家いでもあり、同業者からは「お前ら、会社の同人ゲーム作っただろ!」とツッコまれまくったとか。


ドリームキャスト版


基本的にはPC版と同様。相違点としては新キャラ"御影すばる"ルートシナリオの追加、エロシーン削除イベントシーンの追加、同人誌作成パートコマンド式に変更(格ゲーコマンドに変更)、エンディングでの作成同人誌を振り返る部分がカット、他サークル同人誌イラストを描いている同人作家が変更・追加、一部サブキャラエンディングの追加等。

ドリームキャスト版の初回版はコンシューマ作品にも関わらず、明らかデバッグ不足によりバグが残っていて、プレイ中に様々な場面でフリーズが頻発した他、全体的にシステムが鈍重で、コンフィグノータッチだと立ち絵フェードで1~2以上かかるという悪な仕様、音圧縮設定をミスったのか、ボイスにはノイズが乗りまくっていた。例えて言うなら「地上波ラジオ番組をラインモノラル録音し、その音32kのビットレートでエンコードしたような」音質である。
以上の様々なユーザリティの欠如の為、作品の内容とは別のところで大きく評価を下げていた。

なお御影すばるルートシナリオは、既存キャラである"由宇"と"大場詠美"、双方のシナリオを補する役割を持っており、PC18禁版未プレイの人は攻略順が逆になると損をする仕様なので注意が必要である。


DCE(DC逆移植PC版)



次へ»
最終更新日: 18/11/18 19:00
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ