ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


さくら(列車)


ヨミ: サクラ
掲示板をミル!
40カキコ!

さくらとは、平成23年2011年)に営業運転を開始した新幹線称である。「さくら」の名前は1929年から2005年まで特急称として使われていた。


概要


1923年に東京~下関間で特急(3・4列車)が運転を開始し、募の結果「」と1929年に決定。その後関門トンネル開通に伴い鹿児島まで延長されるも称は消滅した。
1951年に臨時列車として国鉄の看特急つばめ」を補佐する形で再登場。その後は東京九州を結ぶブルートレインの名称となり2005年止まで使用された。

新幹線では募が行われ、2011年3月12日鹿児島中央駅九州新幹線)~新大阪駅山陽新幹線)及び九州内発着の速達列車に投入される新幹線列車称として使用される。使用車両N700系7000・8000番台及び800系である(※九州新幹線の運行状況による山陽新幹線区間内特発の場合は「さくら」ではなく「ひかり」として運行される)。
なお、1時間に1本程度の運転を予定している他、通勤時間帯や年末年始は増発も検討されている。
正式ダイヤ2010年12月17日に発表され、スピード重視で極を減らしたいJR西日本と地元の要望が相次いでいるJR九州との間で各種調整が続いた結果、直通「さくら」は熊本駅の他に川内駅と、新鳥栖駅または久留米駅のいずれかに必ず停することとなり、また九州新幹線内のその他のにも最低上下1本は停することとなった。山陽新幹線では姫路・徳山・新山口・新下関のいずれか1~2に時間帯により停する。
ちなみに、列車番号のうち新大阪駅発着便の番号は「ひかりレールスター」との連番となっている。
JR側は当初新大阪鹿児島中央間を4時間ちょうどで結ぶことをしたが、前述の要望と折り合いをつけた結果停数がやや多くなり、所要時間は最速列車でも当初の標より10分遅い4時間10分となった。このため、夕を中心に、さらに停を絞った所要時間3時45分の速達列車が4往復設定され、「みずほ」の列車名が充てられることとなった。なお、2013年3月ダイヤ正で山陽新幹線内における「ひかりレールスター」時代のダイヤ踏襲をやめてN700系対応ダイヤにしたため最速4時間1分となったが、翌2014年3月ダイヤ正で全列車鳥栖久留米の両に停することとなったため、最速列車の所要時間が1分延びて4時間2分となった。なお、2017年3月ダイヤ正では新ATCの導入により山陽新幹線内の所要時間が2分短縮され、新鳥栖久留米の両に停しながら当初の標であった最速4時間ジャストの運転を実現する予定である。

山陽新幹線区間では最高時速300キロで運転し、九州新幹線区間では現行のつばめ号と同じ時速260キロで運転される。

ちなみに、山陽新幹線区間では「みずほさくら」において生ビール及び焼酎が販売される事となっているが、対列車新大阪駅発着便のみで、新下関駅発着の「さくら」では提供されない。

2016年4月15日には地震により博多発着となった「さくら」のうち、新下関駅博多駅行きの「さくら407号」に700系7000番台レールスターE11編成が「こだま」表示で「さくら」に充当された。


「さくら」データ



関連動画


新幹線「さくら」の試運転


■sm5875734[ニコ動]

■nm6285232[ニコ動]

2014年に運転された「さくら457号」について

■sm24902206[ニコ動]


関連商品


■azB003YR2SKG


関連コミュニティ


■co102676
■co140963


関連項目



次へ»
最終更新日: 18/05/11 18:39
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ