ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


じょしらく


ヨミ: ジョシラク
掲示板をミル!
1607カキコ!

この漫画女の子のかわいさをお楽しみいただくため
邪魔にならない程度のさし障りのない会話をお楽しみいただく漫画です

概要

じょしらくとは、ふきだし係原作久米田康治作画ヤスによる漫画作品である。
2009年9月刊行の別冊少年マガジン創刊号から2013年10月号まで連載された。

コミックスは全六巻。
、弐巻にはキャラ落語壁紙などのおまけCD付き特別版が、巻にはOAD付属の限定版がある。

2012年7月MBS毎日放送製作TVアニメ化。全13話。
アニメ制作J.C.STAFF監督水島努


ガール落語漫画(in 楽屋)。じょしらくは女子落語)の略だが、漫画内で落語は全く披露されていない。
冒頭に寄席の描写がある時もあるが、「おあとがよろしいようで」と言って終わってしまう。アニメ版では申し訳程度に冒頭にちょこっとだけ落語の場面が追加された。(ちなみに今どき「おあとがよろしいようで」と言って締めくくる噺皆無で、サゲを言った後言で立ち去るのが普通である。

漫画の中心となっているのは寄席の楽屋を舞台とした会話劇で、毎回テーマを設けてネタを展開させる。
話題日常のつまらないことが多い。 キャラクターデザイン作画ヤスネームふきだし係原作久米田康治が担当している。

登場人物

要登場人物5人は互いに高座名で呼び合い、本名が明らかになっていない。

魔梨威丸京の2人は羽織の着用を許されているため、少なくとも二つ以上の身分だと思われる。が、卒業し、再入門して一番下っ端になったときの丸京も羽織っていたため、そんなに気にしなくていいのかもしれない。

CVは(TVアニメ版/ドラマCD版)である。

メインキャラクター

蕪羅亭魔梨威(ぶらてい まりい) (CV:佐倉綾音/阿澄佳奈
蕪羅亭魔李威(じょしらく)
一応主人公ポジション主人公ではない)。
羽織を着用していることから二つ以上と思われるが、同じ羽織着用である眼鏡にも、さんづけされている事から、実は真打ちかもとも推測される。
由来はトマトジュースカクテルブラッディ・マリー」か。通称マリーさん
江戸っ子のべらんめー調だが出身は徳島似非江戸弁。
本作のツッコミ役及び進行役で導入の「つまんねー事聞くなよ!」が定番台詞。
非常にポジティブな性格でのせられやすく、他の面々にいじり倒されることが多い。
女らしい仕は苦手の様で女の子座りをするとばねのように飛び上がってしまう。内股も苦手。音痴
お尻蒙古斑があり、たびたびを出す「キャラ」として定着している。
前職は女さん。そこで鍛えた肺活量は結構自信のあるようだ。 
防波亭手寅(ぼうはてい てとら) (CV:山本希望/葉山いくみ
[画像を見る]
久米田康治く、この漫画主人公毛色のポニーテール
由来は「防波」と「テトラポッド」か。
その名の通りの緩衝役で話の繋ぎや話題の転換を担う。
ノリが良い一方で皆のブレーキ役でもある。
屈託のない笑顔でフォローになってないフォローをすることが多いが、
悪意があるのかどうかは不明。
驚異的な危機回避を持ち、他の4人がひどいにあってもひとりだけ難をのがれるのがお約束(ただしアニメでは、なぜかそのが発動しないことがある)。
                  前職はやはりというかお水髪型ペガサス盛りにしていました。 
波浪浮亭木胡桃(はろうきてい きぐるみ) (CV:小岩井ことり/小野恵令奈〈元AKB48
[画像を見る]
セミロングアホ毛がある。
由来は「ハローキティ」と「着ぐるみ」か。通称キグちゃん。
その名の通りマスコット的な存在だが、子供っぽく邪気な態度は演技。
周囲の期待通りの振る舞いをするときは内心で「期待通りの答えをするのも疲れるわ」と舌打ちしている。
最近腹黒設定が忘れられて純な童女になりつつある。
5人の中では一番後輩。未成年らしい。
空琉美遊亭丸京(くうるびゆうてい がんきょう) (CV:南條愛乃/花澤香菜
[画像を見る]
緑色セミロング眼鏡をかけている。由来は「クールビューティ」と「眼鏡」か。その名の通り落ち着いた物で「私にいい考えがある」と皆を変な方向にリードする。
意外にも武闘メガネのことを揶揄されると容赦ない鉄拳が飛ぶ「暴力メガネ」。
結構単純な性格で、マリーさんに次ぐいじられキャラだったりする。
また、マリー同様羽織を着用していることから、他の三人と異なり二つ以上である事がうかがえる。巨乳キャラが定着した。
手寅とは幼少時からの付き合いであり、度々その幸運の被害?に遭っている模様。
一旦(落語から?)強制卒業させられたときは、キグちゃんより後輩になってしまった。
前職は道路誘導員。 
暗落亭苦来(あんらくてい くくる) (CV:後藤沙緒里
[画像を見る]
黒髪ロングストレート。由来は「暗くて」「暗い」もしくは「安楽死」「(首を)括る」か。
その名の通りに暗く年中沈んでいる。情緒不安定で躁の気がある。
思い込みもしく、想像妊娠をしたことも。
母親行方不明父親リストラ寸前という複雑な環境も性格に影しているらしい。ただし精が安定してるときは五人の中でも較的常識人で、突っ込みに回ることも多い。
絵画を嗜んだり、彫刻に勤しんだりと美術のセンスがあるようだ。
またCVドラマCDから一変更されていない。これは原作者の久米田康治希望からである。
前職は『女』さんならぬ『尼』さん。ただしは伸ばしていた。

その他

覆面落語家 (CV:悠木碧)
落語家。度々現れては、5人の中に気にも留められずに混じっている。
実は原作久米田ネームで「5人の内の1人が覆面をしていた」のが、
作画ヤスとの行き違いでもう1人の別のキャラクターが生まれてしまった偶然の産物。
原作者の久米田康治く「誰だよ、コイツ」。
信者おばさん (CV:すずき紀子)
布教の機会を嗅ぎ付け、楽屋にやってくる何かの宗教家おばさん。基本的に仲間を連れている。
2回現れるが、どちらもマリーさんガンちゃんに殴られている。
その後はBBA48のポスターに載っていたり、何故か彼女写真が飾ってあったり、楽屋の外にふと佇んでいたりと、背景ネタの一つとして定着した。
三浦プロデューサー (CV:山本兼平)
極たまに登場し、思いつきでやらせる。のような容姿。オバケよりさんのほうが怖いらしい。
落語に(自称)あまり詳しくない久米田氏に自分が好きだからと落語物で原作やらせたり、流行のひらがな4文字っぽいタイトル「じょしらく」にしたり、久米田氏とヤス氏を組ませたりした、元担当の三浦氏とは多分何の関係もない。 アニメでは三浦敏広(EDのキャストではプロデューサー)として登場。
宇座亭ウザンヌ (CV:新谷良子)
5人の師匠に1日子入りしてきた落語家。その名のとおりウザい。
さよなら絶望先生日塔奈美のウザキャラ化に貢献したCV:新子」という表記が。
苦来「なんなのよ このって」

キャラ落語(ドラマCD版)

声優等によるキャラソンならぬキャラ落語。演はいずれも古典落語の翻案で原作久米田康治書き下ろし。

単行本壱巻特別版収録

単行本弐巻特別版収録

アニメ(TVアニメ版・OAD版)

2012年7月よりMBSTBSCBCBS-TBSにて放送開始。
ニコニコチャンネルでは7月15日より配信開始。

アニメの構成として3パートに分かれており、AパートとCパート原作を踏襲した話、Bパートアニメオリジナルの「東京の町を歩く」話が入る(「三一両損」「浅草参り」など)。

第1話から原作危険球ネタをしっかり使用しての全投球ぶりに「さすが水島監督!」との呼びも高い。むしろ部分的に原作より危険球が増えている。
原作重視なのは「おおきく振りかぶって」のスタンスなのか、「よんでますよ、アザゼルさん。」のノリなのか気になるところである。
論放送では各所への配慮か、ピー音が入る事がある。
また原作では掲載時期に合わせていた季節ネタがメチャクチャな順序になっており、アニメ中でもつっこまれる。

なお作中では東京実在する落語定席「新宿末廣亭」を舞台として描いている部分もあるが、
実際の末廣亭に楽屋)はあの様な不思議間となっていない事を処にあらためて記しておく。

アニメ終了後、OAD付属の原作巻限定版が発売された。 内容はTVと同一の3パート構成となっている。

放送局

放送局 放送開始日 放送時間
MBS 2012年7月5日(木) 26:25
TBS 2012年7月6日 26:25
CBC 2012年7月12日(木) 27:05~
BS-TBS 2012年7月14日(土) 24:30~
配信サイト 配信開始日 配信時間
バンダイチャンネル 2012年7月15日(日) 01:00~
ニコニコ動画 2012年7月15日(日) 01:30
ビデオマーケット 2012年7月15日(日) 01:30
ShowTime 2012年7月17日(火) 12:00~
アニマックス 2012年8月7日(火) 22:00~

スタッフ

キャスト

ドラマCD版とは暗落亭苦来CV:後藤沙緒里)以外交代。

主題歌

オープニング曲


次へ»
最終更新日: 18/09/16 00:22
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ