ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


そだてや


ヨミ: ソダテヤ
掲示板をミル!
101カキコ!

そだてやとは、ゲームポケットモンスターシリーズに登場する施設である。
漢字表記で「育て屋」、さんがついて「そだてやさん」「育て屋さん」と呼ばれたりもする。

この記事ではそだてやと、そだてやと密接な関係を持つポケモンタマゴについて説明する。


概要


どの地方にも一つ存在し、老夫婦が経営している施設。
ポケモンを預けることができ、その間に主人公が移動した歩数1歩につき1ずつ経験値がはいるようになる
経験値がたまると通常と同様に自動的にレベルアップしていく。進化はせず、努力値は入らない。
技は下から入れて上から忘れていくので長くなりそうなときは並べ替えておいたほうがよい。
預けるときは無料で、預けたポケモンを引き取る時(預けている間に上昇したLV×100)+100円かかる。

また、預けているポケモンの組み合わせによっては、ポケモンタマゴができることがある。
こっちのほうでお世話になる場合が多く、後述の遺伝技の関係で経験値が入るのが寧ろ困るという場合も多い。


ポケモンのタマゴ


ポケットモンスター金銀から登場したシステムで、特定の条件を満たすポケモンを預けるとポケモンタマゴが発見される事があり、しばらくすると孵化してポケモンが生まれるというシステムである。これによって伝説以外のポケモン自由に増やせるようになったことで交換等がしやすくなった。また、どの子もLv5(第四世代以降はLv1)から育成できるようになった。
同時に、技や個体値の遺伝等の廃人仕様の基礎も同時に出来上がった形になる。

ポケモンタマゴマナフィ以外全部同じ姿のタマゴで、未だに生んでいる所が発見されていないことから
金・銀が出た当時の攻略本には「ポケモンタマゴを生んでいるのではなく拾ってくるのではないか、いはタマゴというより巣のようなものなのではないか」という仮説が記載されていた。ゲーム的に言えば、タマゴや技の遺伝という概念、また幅広く異種交配でき何でもタマゴから生まれてくるという考え方はドラゴンクエストモンスターズからの逆輸入の可性も多少考えられる。
あまりにタマゴを作るほうの用途が増えすぎたため、「育て屋=ポケモンがコトに及ぶところ」という話がそっち方面以外からも出る場合があるが、タマゴの正体すらはっきりしないため相はいまだに闇の中である。(XYのヒヨクシティでは、タマゴではなくポケモンゆりかごらしいと話す老人がいる)


ポケモンの相性


ポケモン2匹を預けて、そだてやのすぐ近くにいる人に話しかけると、預けている2匹のポケモンの相性を聞くことができる。

そのとき2匹の仲を以下の4段階で教えてくれる。(世代によって若干セリフ回しが異なる)

と、
このとき、「それぞれ ちがう~」以外の台詞だとポケモンタマゴができるようになるが確率は違う(上から順に高い)。


タマゴグループ


前述しているとおり、特定ポケモン2匹をそだてやに預けるとポケモンタマゴができる。
タマゴができる組み合わせは、ポケモンタマゴグループというものが関係している。
タマゴグループは「りくじょう」「ひとがた」「ふていけい」などポケモン毎に個別に1~2種類設定されており
同じグループを含むポケモンを預ければ、ポケモンタマゴができる。

タマゴグループ一覧表はこちら(外部サイト)[外部]を参照。


タマゴから生まれたポケモンについて


タマゴから生まれるポケモンは基本、タマゴができた時に預けていたポケモン、またはその進化前のポケモンとなる。
(例:サイドンならサイホーンウツボットならマダツボミコダックならコダック
例外としてメタモンの場合、タマゴグループが「みはっけん」及び「メタモン」(第二世代除く)以外のポケモン(性別はでもでも不明でもOK)と一緒に預ければ、一緒に預けたポケモン、またはその進化前のポケモンとなる。

タマゴから生まれたたポケモンは、野生のポケモンと違い以下の特徴がある。

タマゴから孵るのに必要な歩数(孵化歩数)は、ポケモンによって様々。
2500~4000歩で生まれるポケモンもいれば、約5000歩、果てには9000歩かかるポケモンもいる。


タマゴ技


前述の通り、預けていたポケモンが覚えていればタマゴから生まれるポケモンが技として覚えている技のこと。
遺伝技とも呼ばれる。例に出せばガーディは「インファイト」等がタマゴ技として設定されている。
6世代からポケモンからでも遺伝でき、今まで同時遺伝不可能だった技の組み合わせも可になった。

タマゴ技は原則としてそのポケモンがLvアップ及び技マシンで覚えない技なので、前述のタマゴグループ活用して他のポケモンから持ってくる必要がある。先ほどのガーディを使って説明すると、こういう流れになる。

  1. ガーディタマゴグループを確認する。
  2. 確認したら、同じタマゴグループで「インファイト」を覚えるポケモンを探す。
  3. インファイト」を覚えた2で探したポケモンと、ガーディ又はウィンデイをそだてやに預ける。
  4. できたタマゴを孵化させる。

こうして、タマゴ技の「インファイト」を覚えたガーディが生まれることになる。
尚、がその時点で技を覚えているかのみが問題なので、わざマシンなどどのような経緯で覚えても遺伝する。
例えば、一回「インファイト」を覚えたガーディが生まれれば、それを親すれば子に遺伝する。

例外として、LVアップで覚える技をタマゴ技として覚えられるポケモンもいる。
そうした技はそのポケモンにとって、かなりのLVでないと習得できないのが多かったりする。
例えばガーディなら、LV45で覚える「かみくだく」、LV51で覚える「ねっぷう」、LV56で覚える「フレアドライブ」がタマゴ技として設定されている。


そだてや利用のお供


以上の事から、対戦用のポケモンを育成する際、このそだてやがなくてはならない施設となっている。
この項では、そだてやを利用する際に役立つ具等を紹介する。


そだてやの歴史



第一世代


ハナダシティヤマブキシティの間にある5番道路で経営。
当時は預けられるポケモンは1匹のみだったため、タマゴはまだ存在してなかった。


第二世代


コガネシティウバメの森の間にある34道路で経営。
ポケモンを2匹預けれるようになり、タマゴも登場。
ピチューブビィ等、タマゴでしか入手できないポケモンも登場した。


第三世代


ルビー・サファイア・エメラルドではキンセツシティとシダケタウンの間にある117道路で、
ファイアレッド・リーフグリーンでは第一世代と同様の5番道路殿堂入り後に行ける4ので経営。ただし5番道路のそだてやは1匹しか育てられないためタマゴを作ることができるのは4ののそだてやのみである。
 預けるポケモンに「○○おこう」を持たせ、できたタマゴを孵化させることが入手条件の一つとなっているソーナノルリリが登場した。
この頃から(厳密にはエメラルドから)そだてやの近くに長い一本道ができるようになった(いわゆる廃人ロード)。


第四世代


ダイヤモンド・パールプラチナではズイタウンで、ハートゴールド・ソウルシルバーでは第二世代と同じ34道路経営。
前述の親に持たせると孵化に役立つ具が大幅に増えた。ポケッチではそだてやに預けたポケモンの様子が見られるアプリがあり、タマゴができたかどうかをチェックすることができる。
また、ハートゴールド・ソウルシルバーではができるとそだてやじいさんからポケギアに連絡が来るようになったほか、
ひそかにそだてやの玄関が自動ドアになったりと、廃人たちのおかげなのか羽振りのよさが伺える。

余談だが「大乱闘スマッシュブラザーズX」にはシンオウ地方廃人ロードである「209番道路」のBGMが収録されており、スマブラプレイ中にも厳選中の思い出が甦る人もいたとか。


第五世代


サンヨウシティシッポウシティの間にある3番道路保育園保育園の隣で経営。
今まではタマゴができた時、外にいるそだてやじいさんが一歩前に進んだり、向いている方向が変わったりしたりして確認できたが、今回はタマゴができた場合、じいさんが大で呼んでくれる。ただしじいさんと同じ直線上にいなければならず、遠隔では確認できないので第四世代のように遠出は出来ない。

この頃からゲーム中でも厳選行為がネタにされるようになってくる。



次へ»
最終更新日: 19/12/07 21:22
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ