ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


でも縞ぱんじゃなかった(´・ω・`)


ヨミ: デモシマパンジャナカッタショボーン
掲示板をミル!
44カキコ!

でも縞ぱんじゃなかった(´・ω・`)とは、CEATEC JAPAN 2010でのMMDAgent展示での名言である。


概要


初音ミク「でも縞ぱんじゃないよっ♪」
Lat式初音ミク「でも縞ぱんじゃないよっ♪」

CEATEC JAPAN 2010では名古屋工業大学際音技術研究所が出展したMMDAgentによる音声認識対話システムデモ展示が行われていた。MMDAgentMikuMikuDance用のキャラクターモデルと互換があり、会場内のデモではLat氏の制作したLat式ミクが使われている。詳しくはMMDAgentの記事参照。

会場ではオペレータによる音声認識対話と歌唱・ダンスデモンストレーションが繰り返し行われているのだが、この動画[動]の回ではダンスが始まるとトラブルによりミクスカート部分のポリゴンが欠落し、ぱんつ丸出しでにこやかに歌い踊る状態となり、スタッフにより即座にデモを中断させられることとなった。

どうやらシステム的に調子が悪かったようで、再起動後の音声認識や会話も少しおかしくなっていたようだ。とんちんかんな会話になっているがそれが妙にはまっていたり、ミクの機嫌が悪くなったような会話となっていて、やたらに面い。

この時、この場に居合わせぱんつ丸出しトラブル撃した一般の女性客がぽつりと言った言葉が、

でも縞ぱんじゃなかった(´・ω・`)

である。

なぜぱんつ丸出し状態になったのか等でなく、あえてぱんつの柄について言及、しかも期待と違ってがっかりという反応。これは『初音ミク縞ぱんを履いている』という認識が広く浸透していることを示す事例である。

通常、このような技術展示の場で使われるCGモデルには映るはずのない部分・映ってはいけない部分(ぱんつ部分)まではモデリング制作が行われず、今回のようなトラブルが起きた場合でも壊れた表示が映るだけでパンモロになったりはしないのだが、MMDAgentではぱんつ部分も作られているMikuMikuDanceモデルをそのまま使用しているため、動画のようなハプニングとなったのだろう。

ちなみにLat式ミクオサレPVでの起用が多いためか他の動画スカート内部が映ることはあまりないが、とてもローライズローレグ)なぱんつを着用している。多数作られているMikuMikuDanceミクモデルの中でも抜きん出たローライズっぷりである。

また、この時のLat式ミクぱんつぱんつだったのはスタンダードモデルを使用していたためである。Lat式ミクは複数のモデルが同梱された状態で配布されており、そのうちのセーラー服モデルコスチュームアレンジモデルなら縞ぱん着用なのである。

このデモ時のMMDAgentスタンダードモデル以外を使用していたのなら縞ぱん丸出しになって、この女性客も納得して帰っただろう。


関連動画


震源地
CEATEC JAPAN 2010でのMMDAgent展示動画

■sm12708800[ニコ動]


Lat式ミクモデル配布先
■sm11205201[ニコ動]

関連コミュニティ


■co154
■co499
■co113716

関連項目



最終更新日: 10/11/22 08:49
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ