ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ときめきメモリアル2 substories


ヨミ: トキメキメモリアルツーサブストーリーズ
掲示板をミル!
19カキコ!

ときめきメモリアル2 substoriesときめきメモリアルツー サブストーリーズ)とは、
コナミ(現・コナミデジタルエンタテインメント)が発売したアドベンチャーゲーム3部作の名称である。


概要


シミュレーションゲームである『2』本編では描ききれない、特定の期間に起きた一連の出来事をった
アドベンチャーゲームプレイヤー選択肢を選びながらゲームを進めていく形になる。そこでフラグを出現させたり、
または消滅させたりして最終的にはヒロインとのエンディングを迎えるシステムになっている。
EVSにも対応。ゲストとして『1』のヒロインにも会える。

発売されたものは全部で3つ(カッコ内はその作品のメインヒロイン) 


Dancing Summer Vacation


シリーズ第1作。略称DSV

ストーリー

舞台高校1年の夏休み主人公プレイヤー)と一緒にゲームセンターに遊びに行った寿美幸は、
そこでたまたまプレイした『ダンスダンスレボリューション』でとてつもないハイスコアマークしてしまう。
それを見た業界関係者から、同ゲームの全大会予選への出場を要請されるが、美幸の本来の実では
このようなハイスコアは出せない。そこで主人公と美幸は特訓をはじめることになり、
やがて同級生八重花桜梨白雪美帆も巻き込まれていく。

ミニゲーム

同じコナミ音楽シミュレーションゲームダンスダンスレボリューション』がミニゲームとして採用されている。
これは『ときめきメモリアル2』の総合プロデューサーであるメタルユーキが、当時『DDR』の家庭用ゲーム機向け移植
並行して手がけていたことから実現された。今作では『Dance Dance Revolution Tokimeki MIX』として、
過去の『ときめきメモリアル』に関連する楽曲をリミックスした7曲を収録している。

ゲストヒロイン

DDRの達人という設定で朝日奈夕子が登場。主人公ヒロインライバルとして活躍する。
また、終盤では紐緒結奈伊集院メイとともに巨大ロボットに乗って乱入してくる。

DDRプレイすることになるが、専用コントローラーじゃなくてもプレイできるので大丈夫
なお、ゲーム本編練習する曲は大会の課題曲と同じなので、最初のうちは練習しておいたほうが難。
ちなみにヒロインデモプレイ練習)はスタートボタンでスキップできる。
課題曲朝日奈夕子を演じる鉄炮塚葉子さんが歌う『ときめきの放課後』で収録されたHERO」の英語版
ボーカル東海道・山陽新幹線英語アナウンスレイジングハート中の人で有名なドナ・バークさん。
楽曲的にはミドルテンポBPM140くらい)のユーロビートで、譜面も難しくないので、操作に慣れてしまえばそんなに
難しくはないはず。ただし、大会時は譜面難易度が上昇する(Another譜面になる)ので注意が必要。
ちなみに上記3名以外の一部のヒロインにもエンディングは存在するので、意外とやり応えはあるはず。 
おまけでは上記の通り、過去の『ときめきメモリアル』の楽曲をダンスミュージックリミックスした
Dance Dance Revolution Tokimeki MIX』がプレイできる。隠し曲として本編での課題曲の「HERO」の
日本語バージョン
(『ときめきの放課後』に収録されている原曲が登場する。ちなみに譜面英語版と一緒。
条件を満たせば楽曲全てをぶっ通しでプレイするメドレーモードや楽曲鑑賞モードなどの隠しモードも解禁できる。 


Leaping School Festival


シリーズ第2作。略称LSF

ストーリー

舞台高校2年の文化祭直前のある日、中のゲームセンターゲームの腕前について口論を始めてしまった
赤井ほむら伊集院メイ。2人はたまた居合わせた主人公プレイヤー)に対し、どちらを支持するのか迫ってくる。
そこに現れた2人の共通の友人、一文字茜が巻き込まれる。主人公は3人の私生活や文化祭に対する想いに
触れることで彼女たちのことを知っていく。

ミニゲーム

ヒロインに対応した3種類のゲームを収録。メイルートではシューティングゲームゴッドリラゲーム」、
ルートでは食堂で料理を運ぶ「配ゲーム」、ほむらルートでは昔懐かしい「メンコゲーム」が遊べる。

ゲストヒロイン

きらめき高校に足を運ぶと虹野沙希に、伊集院邸を訪れると伊集院レイう機会がある。
また、『2』の関連ネットサービスとして運営されていた「ひびきネット」のオリジナルキャラクターとして創作された、
風紀委員長吹雪と同副委員長藤沢が登場する。

前作同様、ミニゲームが用意されているが、各キャラルートで1つしか遊べない。
(しかも、一番最初の選択肢で各キャラルートが確定してしまうので注意が必要。)
前作とは違い、ストーリーの進行にまったく関連しない上、ムダに長ったらしいものが多かったため、
スタートボタンキャンセルはできるが)ユーザーには不評だったらしい。システムとして選択を迫られた際に、
カーソルを上下に動かして「迷う」ことで隠された選択肢に移行できる場合がある。
これはもともと『2』本編で構想されていたが没になった要素を本作で実現させたものである

あくまでお遊びなのだが、「迷い選択肢」でないといけないイベントなどもあるので注意が必要。
ちなみに『2』本編では登場しなかった、赤井ほむらの祖や祖一文字茜父親バイト先の食堂のおっちゃん
伊集院メイの使用人(通称:婆や)など、今作でしか登場しないキャラも多数出演している。
前作同様、メイン3人のエンディングと特殊エンディングの他に一部のヒロインエンディングも用意されている。 

 


Memories Ringing On


シリーズ第3作。略称MRO

ストーリー

ひびきの高校卒業してちょうど1年後、喫茶店デートの待ち合わせをしている主人公が、1年前の思い出に
ふけっている。に思い出させるのは高校3年のバレンタインデー直前。幼馴染である陽ノ下光とその友人の
水無月琴子、担任教師でかつての「近所の憧れのお姉さん」である麻生華澄主人公を巡る人間関係と、
その中でのそれぞれのが描かれる。

ミニゲーム

ボウリングビリヤードの2種類のゲームを収録。対戦相手それぞれに腕前が設定されているため、
どのルートで遊ぶかで難度が変わる。操作は両方ともかなり難しい。本編でやる場合は負けても問題はないのだが、
負けると再勝負を挑まれることがある。再勝負を断るとバッドエンドになる(勝つまでプレイしないといけない)ルート
存在するため、最初のうちはマメセーブしておいたほうがいい。

ゲストヒロイン

藤崎詩織館林見晴が、隠れ攻略ヒロインとして登場。EVSに対応しており、主人公の名前を音で呼んでくれる。

3部作の最後ということでDSV』と『LSF』のクリアデータ読み込むと、一部のイベントの内容が変化し、過去作の
CGが思い出として表示されることがある。エンディングは隠しキャラを含むヒロイン全員に用意されている。
過去2作は各メインヒロイン本編ルートが1つずつの計3つに分岐していったが、今作は本編が4ルート存在する。
の話を進めるルート、琴子の話を進める「琴子ルート澄さんの話を進めるルートの他に
と琴子が恋愛を取るか、友情を取るかでモメる修羅場ルートというルートが存在する。
なお、最初の選択肢を選んだ時点でルートが決まるのは前作のLSFと同じだが、エンディング数やシナリオの数、
イベントの関係上、ルートの分岐が過去2作よりもかなり複雑になっている。
過去2作と異なり、メインヒロイン・琴子・澄)のみ『好感度システム』が採用されている。
過去2作の選択肢フラグの発生または消去するだけのものだったが、今作はヒロインの好感度の数値によって
エンディングが分岐したりするなど、より選択肢の重要性が増し、ときメモらしいシステムになっている。
substoriesの最後を飾るということで非常に期待されていて、ボリュームは三作の中でも一番あるのだが、
メインヒロインシナリオがどれも鬱展開だったり、ドラのドロドロ劇で
はっきり言って鬱ゲーである。
あの笑顔を絶やさないが笑ってる場面より涙を浮かべるシーンの方が多いなど、「これはときメモじゃない!」と
嘆くユーザー続出したらしい・・・。さらに拍をかけたのが今作の主人公天然記念物級の鈍感キャラである。
ギャルゲー主人公恋愛に関して鈍感というのは定番中の定番ではあるのだが、このゲーム主人公
琴子に「有史以来最大級」と罵られるほどの級の鈍感野郎
であるため、ユーザーから怒りと顰蹙を買った。
しかも、その鈍感さに対してヒロインは傷つき、男友達は怒るのだが、まったく気づかないというゲスっぷりである。
過去2作でもこういう鈍感さは垣間見えたのだが、DSV→LSFMRO鈍感レベルが徐々にアップしている。
かなりショッキングな内容やエンディングも含まれているため、プレイヤーを選ぶゲームになってしまっているのだが、
三角関係、四関係に悩む女の子の話を楽しみたい、ときメモ2もっと深く知りたい方はプレイしてみるといいだろう。
なお、集大成ということもあってか、エンディングバッドエンド含めて17種類も用意されている。 


関連動画



■sm7156962[ニコ動]

■sm7463661[ニコ動]

■sm7693060[ニコ動]
■sm7528203[ニコ動]


関連商品


■azB0000AFZFY
■azB00007F7QP

■azB0000AFZGC


関連コミュニティ


■co559788


関連項目



最終更新日: 13/03/17 04:20
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ