ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


なるかみ


ヨミ: ナルカミ
掲示板をミル!
17カキコ!

なるかみとは、TCGカードファイト!! ヴァンガードクラン(組織)の1つである。

雷神を表す「鳴」についてはこちら、それ以外の「なるかみ」についてはこちらで。


概要


ドラゴン・エンパイア所属の強襲部隊。
裏の部隊であったが、「かげろう」が謎の勢力に封印されてしまったことで第一部隊となった。
かげろう」が炎のドラゴンなのに対し、ドラゴンが中核となっている。
また、の精であるノーブルも所属している。

かげろうの後釜であるだけあり、ユニットの退却効果が多いが、差別化の為か前列の退却効果が多くを占める。
攻撃に優れるユニットが多く、クリティカルパワーの上昇、ヴァンガードスタンドだけに留まらず、複数ユニットへの同時攻撃など多を持つ。
果ては相手ユニットバインドすることで再利用を防ぐまで登場し、これによりバインドされた相手カードの枚数を効果条件に要する効果が登場している。

アニメでは登場後しばらくは櫂トシキが使用していたが、かげろうの復活、リンクジョーカーの襲来などで使用クランが変わった櫂に対し、3期から新たに登場した石田ナオキが一貫してこのクランを使用。以後、なるかみの代表格となる。
続編「ヴァンガードG」でも大山リュウタロウを始めとして使用者が少なからずいる模様。
カードファイト!!ヴァンガードG NEXT」では新たにアンリを使用者に迎えている。


各期におけるなるかみ


2期

初登場。トライアルデッキの鳴動」から収録される。先述の通りアニメでは櫂トシキが使用。
ブースターパックでは第6弾「極限突破」から登場し、7弾「王爆進」以外の2期のパック全てに登場している。そのためカードプールには当時から恵まれていた。

3期

トライアルデッキ帝国抹消者」が登場。この時のパッケージ絵は櫂トシキだが、実際メインで使用しているのは3期から登場した石田ナオキであり、櫂はその後使用クランを変更している。
ブースターパックでも第11~13弾「騎士王凱旋」「封解放」「輪縛鎖」と第15弾「」に収録。
3期序盤に抹消ドラゴニック・ディセンダント》の影抹消者が環境上位に浮上。しかし、その後次々に強クラン名乗りを上げ、相対的に抹消者の位置は後退。環境は群雄割拠となる。

4期

ブースターパック第16弾「双闘」と第17弾「煉焔舞」の双方に収録。加えて、トライアルデッキ友情の喧屋」が登場、と収録の機会が著しく多い。
名称「喧屋」が登場し、双闘に適応。環境最上位には届いていないが、その持ちうポテンシャルは非常に高い。

5期

ブースターパックG2弾「風華」にて収録。
この弾からなるかみの特性「相手のカードバインドする」が加わり、双闘相手には特に強くなった。
また、過去カードの救済も行われ、G3バイバル双闘ドラゴニックカイザークリムゾン存在感を発揮、環境にちらほら顔を出していた。

6期

ブースターパックG5弾「牙」にて収録。
この弾では、先述のバインド効果に絡め、相手のバインドされた数を要する「」効果が登場。
また、漫画版のカードが封入されており、素のパワー12000のグレートコンポウジャー・ドラゴンなど癖の強いカードが多くなっている。

7期

ブースターパックG9弾「竜神」、G12弾「覚醒」にて収録。
竜神」で培われた「」の基盤が、「覚醒」にて活かされ、全に覚醒。今までのにならない程に、相手のドロップゾーンバインドできるようになり、「」自体が大化けするように。
また、「抹消者」もそれとは別に強化を積み重ね、「」と差別化される形で強化された。


デッキの基本軸


ヴァーミリオン(カイザー)

2期で登場し、アニメ櫂トシキが使用した名称。
相手の前列全てを攻撃するリミットブレイクを持つグレード3で構成される。名称定は緩い。
G3バイバル双闘に対応しており、ドラゴニックカイザークリムゾンレギオンメイトドラゴニック・カイザー・ヴァーミリオンの効果コストゼロにするという凄まじいリミットブレイクを持つ。これにより、全列同時攻撃を毎ターン行うことができるようになった。
その「クリムゾン」に併せ6期では参照名称が「カイザー」に変更されている。この名称はディメンジョンポリスの同名称と重複しており、クラン縛りを乗り越えたエクストリームファイトでは両者が両者のサポートカードを共有することができる。特に伝説次元ロボ ダイカイザーレオンを採用できるのは大きい。

ダンガリー

2期で登場するが、アニメでの使用者は存在しない。にも関わらずクロスライドユニットが登場している。
自分の山札をバインドし、そのバインドしたカードに応じて効果を発揮できる。しかし、バインドしたカードがないと弱体化してしまう。
ギミック自体は特異だが、反面やっていることは堅実である。

抹消者(イレイザー)

3期から登場した。アニメ3期で石田ナオキが中心となり、櫂トシキも使用。「ヴァンガードG」では馬場タケルが使用しており、息が長い。
相手ユニットの退却効果が充実した名称。単一構築が可であり、名称定が厳しいが、ヴァンガードが多で強な効果を持つ。
抹消ドラゴニック・ディセンダント》がかつて2枚制限を受けていたが、環境の群雄割拠化だけでなく、抹消者自体にも強な効果を持つユニットが出続けたことで制限解除されている。
内部名称にブレイクライドユニットの所属する「ボーイング」、専用Gユニットを持つ「ガントレッドバスター」が存在する。

喧嘩屋(ブロウラー)

4期から登場した双闘メインの名称。石田ナオキのみ使用しており、彼の代名詞として扱われる。
前列への干渉はそのままだが、アタックヒットした時の誘発効果が多く、それを「複数ユニットアタックする」ことで実現させる内部名称「ビッグバンナックル」を抱える。
専用Gユニット・喧ビッグバンナックル・ターボ》にまで到達すると、全てのユニットを緩い条件で殴り倒すというわけのわからない状態に。

ヴァンキッシャー / 雷激

5期で登場し、アニメヴァンガードG」でドラゴンエンパイア支部長大山リュウタロウが使用、「GNEXT」以降はアンリも使用する。
ボーナスを持つドラゴニックヴァンキッシャー》が中心。5期時点ではど非名称だったが、「牙」にてヴァンキッシャー専用サポートが増加した。
この弾収録のカードは、ダンガリーとは逆に相手カードバインドする効果、そしてバインドされた相手カードの枚数によりが解放されるキーワード立つ。Gペルソナブラスト《征覇竜 ドラゴニックヴァンキッシャー“VOLTAGE”》はその代表格であり、相手のバインドカードが多いほど火力が上昇する。

当初は未成熟な軸だったが、後の追加カードにより、期から相手のカード問答用でバインドできるようになり、その戦は今までの較にならない程に増した。
特にドロップゾーンをピンポイントで利用するグランブルー相手には大きく刺さるデッキであるが、現在大なり小なりドロップゾーンを利用するデッキは多くなっており、それにメタることができる。

デトニクス

漫画カードファイト!! ヴァンガード」で石田ナオキが使用する名称。「牙」にて名称化と相成り、少数ながらサポートが加わった。
敵味方問わずユニットを退却させる効果を基本としており、ブレイクライドユニットを所持。それぞれ相手の前列がいない場合にガード制限、後列がいない場合クリティカル増加をブレイクライド先に与える《デトニクス・スティンガードラゴンが一部カードと強シナジーを誇る。

ノーブル

名称・・・ではなく、ヴァンガードにおいてかなり希少な種族デッキである。
リアガードに存在する同名カードの数によって効果が上昇するのが特徴。そのサポートとして《千の名を持つ飛竜騎士が存在するが、種族がヒューマンであるため種族定効果は受けられない。
問題はなるかみのノーブルは全てパワー10000グレード3であること。速攻でフィニッシュしたい時にパワー10000は重く圧し掛かる。
専用Gユニット《英霊権現 ヴィシュヌ》が存在し、このヴィシュヌにより種族・ノーブルが定される。
なお、混クラン《英霊権現 ヴィシュヌ》を使用すると、ノーブルが非常に多いクランでは凄まじい威を発揮する。


関連項目



外部リンク



最終更新日: 17/09/08 07:17
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ