ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


なんぢらの中、罪なき者まづ石を擲て。


ヨミ: ナンヂラノナカツミナキモノマヅイシヲナゲウテ
掲示板をミル!
31カキコ!

なんぢらの中、罪なき者まづ石を擲て。とは、新約聖書の言葉である。文語訳であり、口訳では「あなたがたの中で罪のない者が、まずこの女に石を投げつけるがよい」となる。


概要


新約聖書 ヨハネによる福音書 第8章第7節での言葉である。

姦淫の罪(売)を行っている女性に対して、集団で石を投げて殺すことが当時のユダヤの教えであった。しかし、イエスは全く罪のない人は居ないのだから、そのような罰を与えるのではなく、罪を犯さないように導くべきであるとしたエピソードでの言葉である。

イエスはオリブ山に行かれた。
くまた宮にはいられると、人々が皆みもとに集まってきたので、イエスはすわって彼らを教えておられた。
すると、法学者たちやパリサイ人たちが、姦淫をしている時につかまえられた女をひっぱってきて、中に立たせた上、イエスに言った、
先生、この女は姦淫の場でつかまえられました。
モーセ法の中で、こういう女を石で打ち殺せと命じましたが、あなたはどう思いますか」。
彼らがそう言ったのは、イエスをためして、訴える口実を得るためであった。しかし、イエスは身をかがめて、で地面に何か書いておられた。
彼らが問い続けるので、イエスは身を起して彼らに言われた、「あなたがたの中で罪のない者が、まずこの女に石を投げつけるがよい」
そしてまた身をかがめて、地面に物を書きつづけられた。
これを聞くと、彼らは年寄から始めて、ひとりびとり出て行き、ついに、イエスだけになり、女は中にいたまま残された。
そこでイエスは身を起して女に言われた、「女よ、みんなはどこにいるか。あなたを罰する者はなかったのか」。
女は言った、「よ、だれもございません」。イエスは言われた、「わたしもあなたを罰しない。お帰りなさい。今後はもう罪を犯さないように」。

Wikisorce[外部]-口語新約聖書[外部]日本聖書協会訳,1954)-ヨハネ8:1[外部]

(強調筆者)

転じて、過熱しがちな祭り炎上騒ぎ、過剰なまでの糾弾、叩きなどについて批判的な見地からこのタグが貼られる。


関連商品


■az4820232320


関連項目



最終更新日: 19/01/09 01:21
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ