ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


はたらく魔王さま!


ヨミ: ハタラクマオウサマ
掲示板をミル!
1313カキコ!

はたらく魔王さま!』とは、和ヶ原聡著のライトノベルである。イラスト担当は029。

概要

あらすじ

地球とは異世界にある十字大陸「エンテ・イスラ」を征中であった魔王。しかし、突如現れた勇者率いる反抗軍によって追い詰められ、異世界への門「ゲート」を使い逃亡する事となる。だが、魔不足でゲートを制御できず、地球日本へと漂着してしまう。

を補充する術の地球にて、悪魔の身体を維持できず人間の身体となった魔王は「真奥貞夫」と名を変え、日本への足がかりに、ファーストフードマグロナルド」のバイトに励む事となった。

後に、何だかんだでエンテ・イスラからやってくる勇者を始めとした様々な人物や、マグロナルドでと共に働く人、果ては天使悪魔などの面々が集まってきて…。

東京笹塚を中心に、エンテ・イスラと地球の様々な面々によって繰り広げられる"庶民ファンタジー"それが『はたらく魔王さま!』である。


刊行情報など


2011年2月電撃文庫アスキー・メディアワークス)から第1巻が刊行され、以下続刊が順次発売されている2013年7月現在アニメ版の好評により文庫は品薄となっており書店などでの入手がやや困難となっている。ただし品切れがない各種電子書籍版ならば容易に入手できる。詳細は下方にある「電子書籍」の項を参照)

既刊20巻。2013年12月26日には原作解説やキャストインタビュー、書き下ろし小説などが掲載されたファンブック『はたらく魔王さま!ノ全テ』が発売された。

さらに、5巻と6巻の間の話に当たる「5.5巻」が、アニメ版のBlu-ray / DVD第1巻(2013年7月3日発売)の初回生産限定の特典として同梱されている[外部]電撃文庫そっくりの表ながら「電撃文庫」のロゴが「魔王文庫」となっていたり、電撃マークマグロナルドのロゴマークになっているというお茶な装丁。
■azB00C3AHZ6M
■azB00C3AI0D4

なんと文庫本1巻分に近い250ページの内容が和ヶ原聡氏により丸々新規書き下ろし、かつ表も029氏による新規描き下ろしという仕様とのこと。しかし初回生産限定の特典とのことで、初回分を逃すと入手困難となると思われる。

現在くも上のニコニコ市場リンクからのAmazonでは「一時的在庫切れ」状態となっている。しかし「2013年7月15日に入荷予定です。」とのこと。くも定価以上で転売している業者が出ているようだが、まだギリギリ間に合うようなので普通の注文で購入した方がよさそうだ。

なお、この同梱小説の冒頭の30ページ(全体の1/8弱)はアニメ公式サイトで試し読みできる。⇒コチラ[外部]

そのタイトルは……「魔王、就農す」。屋、漆原の魔王軍三名が、長野県にある千穂の実家へと農作業の手伝いに行く話のようだ。しかし彼らを追跡する不穏な影が……。

不穏な影「私の故郷の麦を踏み潰したらが、どの面下げて仕事する気なのかしらね
(試し読み部分からの台詞引用恵美さん激おこ。)

と、このように日常系外伝ではあるのだが……。そんな話の端々で、魔界からエンテ・イスラへ侵攻したことに関しての魔王の心情や、エミリア魔王過去の行いと現在の様子に関して抱いている複雑な思いなどがほのめかされている。各キャラの内面に関する、今まで明かされていなかった結構重要な点を掘り下げており、原作ファンの評価も高い。

あと、220ページ真奥貞夫氏が鎌月鈴乃氏に対してパイタッチしており、氏が非常に動揺している(挿絵付き)。

2010年の第17電撃小説大賞賞受賞作品であり、作者プロ作家としてのデビュー作である。受賞時の原題は「魔王は六畳一間!」で、その後校正でいくつかの変更を行った上で、「はたらく魔王さま!」と題されて刊行された。

魔王は六畳一間!」にも更なる原があり、作者運営していたWebサイトで連載したオンライン小説が元になっているとのこと。それが好評だったので加筆訂正して電撃小説大賞に応募した、とインタビューられている。

本筋の話とは別に、雑誌「電撃文庫MAGAZINE[外部]」に外伝的な短編が掲載されることがある。文庫第7巻はそういった雑誌掲載の短編3話、プラス描き下ろしの中編1話を集めて構成された短編集的な巻となっている。本誌Vol.18の付録ドラマCDも存在する。

変わったところでは、関連グッズの「ストーリー下敷き[外部]」にも和ヶ原聡氏がその下敷きのために書き下ろしたオリジナル短編小説が掲載されている。

2013年アニメ化。詳しくは下記参照。

登場人物・用語など

ネタバレ注意 以下はネタバレ的な要素が隠してあります。
見たい方はCtrl+Aなどで反転させましょう。

主要登場人物(※主要3名の声は、ドラマCD / アニメ)

真奥貞夫[画像]まおう さだお) / 魔王サタン 松本忍 / 逢坂良太
主人公。エンテ・イスラ征論んでいたが、勇者エミリアにより壊滅され、ゲートをくぐって異世界である日本東京笹塚へと逃げ込む。その後は再びエンテ・イスラ征のためにを蓄えつつ、マグロナルド幡ヶ谷駅前店でバイト店員として働いている。戸籍上は20歳だが、魔王としては300歳以上。
遊佐恵美[画像]ゆさ えみ) / 勇者エミリア 浅川悠 / 日笠陽子
大法教会勇者で、本名はエミリア・ユスティーナ。あと一歩のところで逃した魔王を追って日本へと渡ってきた。その後は、ドコデモグループお客様相談センター(要するにサポセン)の契約社員として働いている。戸籍上は20歳だが、実際は17,8歳。
芦屋四郎[画像](あしや しろう) / 悪魔元帥アルシエル 子安武人 / 小野友樹
悪魔元帥の一人であるが、日本では専業夫としてを支えている。もともと漂流当時は全くといっていいほどがなく貧乏だった(今もそうだが)経験があるため、よく言えば倹約。悪く言えばケチな性格。戸籍上は20歳だが、実際は1500歳以上。
佐々木千穂[画像](ささき ちほ) /  悪魔元帥マグロナルド・バリス   東山奈央
が働くアルバイト先の後輩店員で、高校2年生の16歳要な女性メンバーの中では、一番胸が大きい。に想いを寄せている。物語当初は一般人であったが、異世界での問題に巻き込まれるようになってから肝が据わってきており、時折恵美すら驚くような言動をするときがある
漆原半蔵[画像](うるしはら はんぞう) / 堕天使ルシフェル 下野紘
悪魔元帥の一人。西大陸を制圧したが、台頭してきた勇者により、四人の悪魔元帥のうちで最初に倒された。と思われていたが、ちゃっかり生きていた。後に恵美の前に敵として現れるも、それに失敗したあとは紆余曲折を経てに拾われる。日常時は基本的にニートそのもので屋に咎められることも多いが、堕天使ということもあってか魔王軍の配下であるが界の事情に詳しかったり、電子機器の扱いに長けていたりするので戦闘時には何かと役に立ったりしている。また、悪魔元帥だった頃から「駄天使」や「堕元帥」などと陰口を言われていた
鎌月鈴乃[画像](かまづき すずの)異端審問官クレスティア・ベル  伊藤かな恵
の隣の部屋(ヴィラ・ローザ202号室)に引っ越してきた和装の女性うどんが好き。正体はエンテ・イスラの大法教会訂教審議会筆頭審問官。当初はを殺して恵美を連れ帰ろうと考えていたが、諸々の事情が重なって断念している。日本に渡る前に勉強はしてきたようだが、基本的に昭和時代で止まっている(装・一般常識料理ラインナップなど)。苦労人でツッコミ気質だが天然な一面を見せることも

その他の登場人物

志波美(しば みき) 斉藤貴美子
称はミキティたちの住むヴィラ・ローザ笹塚オーナー。訳アリの住民を何らかの意図を持ってヴィラ・ローザ笹塚に集めているの多い人物。その特徴的な容姿も相まって、屋は苦手としている。アニメ第4話での発言によって、異世界の関係者、いは異世界の知識を有する者である事を達や遊佐に示唆しているが、それ以降はハワイ旅行に行ってしまうなどあまり登場する事がなくなり、達も積極的に正体探りをする事がかったため、アニメ第1期終了の時点では何者なのかは不明。先行する原作(4巻等)ではさらにその正体に関わる内容が登場する。
木崎真弓(きさき まゆみ) 内山夕実
と千穂が働く、マグロナルド幡ヶ谷駅前店の店長女性。26歳。さっぱりした性格で、実義を掲げる優秀な店長。気に入った(成長した)クルーにはアダ名を付ける(ex.まーくん、千穂→ちーちゃん、など)。また、店長と呼ばれるのを嫌う。アダ名で呼ばれるようになったら一人前。つまり佐々木呼びされた時は…。
鈴木梨香[画像]すずき りか) 西明日香
恵美の同僚(テレアポ)の女性21歳。恵美ととても仲が良い。出身は神戸で、恵美彼女から影を受けている事が伺える(マグロナルドの呼び方が関東で一般的なマッグでなく、マグドとなっている、など)。
東海林佳織(しょうじ かおり) 山崎はるか
ちーちゃん同級生で友人。アニメ化の際に腐女子設定が追加された。
コンビニ店員 村田太志
恵美が買い物をするコンビニ店員恵美が来店していた際に強盗に遭遇してしまう。小説原作漫画版でも登場しており漫画版では結構イケメン。しかしアニメ版7話に登場した際には外見・口調・行動などがとても個性的な、味のあるキャラクターへとオリジナル演出されていた。思わず原作者も賞賛(*1[外部],*2[外部],*3[外部])。村田太志氏の演技が大きく貢献したようで、カラーボールを投げる際の「えーい!」のには、収録現場が爆笑の渦に包まれたとのこと(*4[外部])。コンビニ店員警察とのやりとりはその怪演のインパクトによって現場で急遽付け足されたもので、しかも野球々は村田太志氏によるアドリブであったようだ(*5[外部])。ちなみに、アニメ7話のキャストクレジットでは「強盗村田太志コンビニ店員井口祐一」となっていたが、ただのミスである。

勇者一行

勇者」 エミリア・ユスティーナ 日笠陽子
遊佐恵美と同一人物。法気により体活性しているので、髪の色が本来の赤髪から銀髪になっている。界の金属である""で出来た聖剣と破邪の衣を持つ。
「宮廷法術士」 エメラダ・エトゥーヴァ 浅倉杏美
小柄な女性。法術での戦闘が得意。故郷のセント・アイ帝国ではお偉いさん
「仙術士」 アルバート・エンデ 安元洋貴
大柄な男性。格闘戦が得意だが、魔王の動きを止めたような術も使える。筋肉フェチ
大神官」 オルバ・メイヤ 宝亀克寿
全身を覆うフードを着ている。エミリアと共にゲート地球へと渡るはずだったが…。

世界観・用語


次へ»
最終更新日: 19/07/26 12:20
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ