ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


はちゅねミク小型化戦争


ヨミ: ハチュネミクコガタカセンソウ
掲示板をミル!
91カキコ!

はちゅねミク小型化戦争(―こがたかせんそう)とは、2008年に勃発した科学タグでの技術革新競争である。


概要


条件は一点、腕振りが可であること。

どのように動かすかといった所にみんな知恵と工夫を凝らしており、動が同じ人がほとんどいないのが見所でもある。さらに攻防がマイクロメートル単位に入ってからは、本体の制作もさることながら、撮方法も大きな困難として立ちはだかるようになった。

単なる小化だけでなく、どのようなブレイクスルーを持ってきたか、どうやって撮しているのかといったところも楽しめる動画となっている。


経緯



胎動 ~ 10mm前夜


2008年6月ニコニコ技術部タグでは、8ヶぶりの懐かしい面々がはちゅねネギ振りクラフト動画投稿しており「ネギ振りブーム再燃」という情にわいていた。自称ワイパーの人ことはちゅね時計制作者、自然に優しいネギ振りの人、そしてわたあめPといった面々が勢い懐かしくも新しいネギ振り動画が次々と投稿される。

チルノ時計の人といった、最近参画してきたニコニコ技術部員らもこの機会を逃すものかと次々と参入。みな独自の発想と技術でネギを振り、軽いお祭り状態となっていた。

InterfacePこと、なちゃ氏もこのタイミングを逃すモノかと入ってきた新規参入メンバー。彼は「小化」という技術に挑戦、自作アクチュエーターによる 40mm ネギ振りはちゅね2008年6月29日投稿する。
なちゃ氏はこのとき裏で「がんばれば 1cmもいけそうですよ」とコメントしている。

そして、独自の研究を重ね、なちゃ氏はついに 10mm のネギ振りはちゅね投稿する。

2008年7月5日 18:08 のことであった。


勃発 はちゅねミク小型化戦争~ 0.5mm(500μm)


流石に 10mm というサイズインパクトがあり、多くの視聴者を与えることとなる。

10mm はちゅね投稿された 3時間後の 2008年7月5日 21:15 akira_you氏が 5mm のネギ振りはちゅね電撃投稿する。明らかなちゃ氏へ対しての挑戦であり「喧売り」であった。

コレに触発された面々が次々に 10mm 以下のサイズにチャレンジを開始する。

「はちゅねミク小型化戦争」勃発の間であった。 


光学顕微鏡の限界~2μm→0.2μm


争いは終息したかに見えたが、2013年4月29日 ほげ氏が投稿した動画sm20724482)において、2μm単純化はちゅねミクによるネギ振り、後半部では学顕微の観測限界である0.2μmでのネギ振りに成功したことが判明した。

人類の技術進歩の終焉まで、はちゅねミク小型化戦争は続く・・・のかもしれない。


関連動画【技術革新編】



はじまり(4cm = ゴルフボールの直径)



■sm3798500[ニコ動]

■sm3860156[ニコ動]

ミリの世界へ(5mm = アカアリの体長)


■sm3863125[ニコ動]
■sm3867869[ニコ動]
■sm3871768[ニコ動]
■sm3878454[ニコ動]
■sm3879465[ニコ動]
■sm3890365[ニコ動]
■sm3903756[ニコ動]

マイクロメートル(ミクロン)の世界へ(500μm = ヒトの卵子の直径)


■sm3910414[ニコ動]
■sm3915993[ニコ動]
■sm3930501[ニコ動]
■sm3933580[ニコ動]

微生物の世界へ(約200μm = ゾウリムシの体長)(約110μm = 髪の毛の直径)


■sm3965391[ニコ動]
■sm4732149[ニコ動]

現在の最小動画(約2μm)


■sm20724482[ニコ動]

 関連動画【解説・その他編】



解説


■sm4028505[ニコ動]
■sm3917407[ニコ動]
■sm3951126[ニコ動]

参考記録


ネギ不所持、外見判別不能のため。

■nm4283145[ニコ動]
■sm6445899[ニコ動]

腕振り不能のため。

■sm6692317[ニコ動]

 


失格(笑)



関連商品


■dw950961
■dw624863


関連項目



最終更新日: 13/05/02 08:31
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ