ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


はねバド!


ヨミ: ハネバド
掲示板をミル!
926カキコ!

はねバド!』とは、濱田漫画である。good!アフタヌーン2013年32号から2019年11号まで連載されていた。単行本は全16巻。

概要

2013年6月7日発売のgood!アフタヌーン32号より2019年10月7日発売の同年11号まで連載された女子バドミントン漫画作者週刊少年ジャンプで連載経験のある濱田作者の前作「パジャマな彼女。」と同一の世界なので、「パジャマな彼女。」のキャラクターも本作に登場したりする。5話ではgood!アフタヌーンの表を飾った。

連載当初は全体的にのほほんとした雰囲気で、ギャグ要素の強い展開やキャラクター、前作から引き続くお色気シーンなどが立った。が、単行本4巻前後からは選手達の背景、コート上での駆け引きなどが濃厚に描写され、かなり本格的なスポーツ漫画と化している。

1巻毎、場合によっては1話毎に画が変化していく。上述のように展開が変化した以降はスポーツ漫画らしく濃い画作りであり、特に7巻前後は劇画調であったことが話題になりがちである。

あらすじ

神奈川県・北小町高校バドミントン部のOBである大学生立花健太郎は、膝の怪で選手生活を終えたことを期に同部のコーチとして赴任する。しかし、練習が厳しくなったことに嫌気が差したのか、女子部員の大半が退部してしまう。女子バドミントンの団体戦に出場することも危ぶまれる中、驚異的な身体を持つ1年生・羽崎綾乃邂逅。更に手のマメから彼女バドミントン経験者であることを見抜き、バドンミントン部へ勧誘するのだが・・・

「嫌です・・・」

登場人物

北小町高校(神奈川)

神奈川県のどこかにある高校。大会に際して用意されたユニフォームは上下が繋がったオールインワンで、当初はパツパツの描写だったが5巻くらいからはそうでもない。

羽咲綾乃(はねさき あやの) CV:大和田仁美
主人公1年生。木の上に引っかかったハンカチを取る際に見せた身体と、左手に出来たマメからバドミントン経験者であることを立花に看破され、バドミントン部に勧誘されるものの断固として拒否。同部のエースなぎさとの練習試合に勝てば入部しなくても良いという条件で試合をするが、うっかり右手ラケットを使ってしまい敗戦。更に強制的に連れて行かれた合宿先でのコニーとの出会いなど、諸々の成り行きで入部することに。
後に、全日本選手権10連覇を成し遂げた伝説的な女子選手・羽咲有千であることが判明。加えて、中学時代に後述する子との試合に敗戦した際、「天才である綾乃にとって甘えられる母親の存在は不要」という方針から祖に預けられていたことも明らかになる。この事から「自分が負けたせいでに捨てられた」と思い込み、に対して、引いてはバドミントンそのものに対して屈折した感情を抱くようになる。全日ジュニアではの旧姓であるを名乗って出場し、なぎさ膚なきまでに叩きのめしたものの、を待つことに飽きて大会途中で棄権し、バドミントンを辞めた。バドミントンから離れていた作品序盤こそのほほんとしていたが、競技に本格復帰した単行本4巻頃から負の感情が再燃し、一時期はストーリー上で悪役のような立ち回りだった。やがて、なぎさや健太郎といった人々と接していく内に、試合の勝ち負けの意味、バドミントンという競技そのものへのリスペクトなどを見つめ直していく。
母親譲りの素質の持ちで、体格を活かした敏捷さ、コート上での読みの強さ、巧みなラケットコントロールから繰り出されるカットスマッシュなどを併せ持つ。左利きではあるが、状況によっては右にも持ち替えてプレーができる程の器用さである。その反面、小柄ゆえのショットの弱さ、体面での不安を抱える。当初はが小さいという設定で吹き出しのセリフも小さかったが、いつの間にか普通になった。
好物は肉まん携帯の着信音はベートーヴェンの運命。
荒垣なぎさ(あらがき なぎさ) CV:島袋美由利
主人公。3年生。北小町エース将。女子離れした体格の持ちで、フィジカルで攻めていく攻撃神奈川県内では有名な選手。同時に胸も大きく、作品序盤ではお色気シーンが多かった。一方では繊細な性格で、全日ジュニア綾乃完封負けして以降スランプに陥っていた。当初は立花を口うるさい男としか思っていなかったが、スランプへの助言、怪を抱える膝のケアなどを通して深い信頼を寄せていく。は割と邸。旅客機パイロットにおらず、普段表にこそ出さないが本当は寂しいらしい。余談であるが、原作カラーだとの色がいまいち安定しない。
立花健太郎(たちばな けんたろう) CV:岡本信彦
あざみ野体育大学の3年生。北小町のOBであり、コーチとして赴任する。就活はしていない。自身も全的に注された選手であったが、膝の怪をきっかけに退いている。そのためか、膝に不安を抱えるなぎさのことを気遣っている。金髪金メダルであり、自分が怪で果たせなかった金メダルの夢をなぎさや綾乃に託そうという思いがある。
理子(いずみ りこ) CV:三村ゆうな
3年生。副将。一流の選手とは言えないが、相手を分析するにはるものがある。当初は、なぎさと他の部員の実差を懸念しており、彼女自身もなぎさ依存しているきらいがあった。立花導を受けていく内に、相手の弱点を分析して攻めるという自分のプレイスタイル確立していく。庭だが、1人のと3人のを抱えており“面倒見の良いお姉さん”でもある。
藤沢エレナ(ふじさわ エレナ) CV:小原好美
綾乃同級生幼馴染。面倒見の良い性格で、序盤のふわふわした綾乃には保護者のように接していた。綾乃バドミントン部に入部した当初はマネージャーを務めていたが、団体戦が始まる際に「少しでも貢献したい」と部員になった。中学ではバスケットボールをやっていた。
三浦のり子みうら のりこ) CV:岩橋由佳
綾乃同級生バドミントン部のマネージャーを務めることになる。眼鏡。連載開始前のカラー稿では金髪だった。
海老名えびな ゆう) CV:石川由依
明るい性格の2年生。とはダブルスを組む。なぎさ引退した後の将に名されている。
伊勢(いせはら そら) CV:松井恵理子
暗い性格の2年生。とはダブルスを組む。葉山とはフラグが立っていたが、特に進展の描写はなく、読者からも恐らく忘れられている。糸目
伊勢原学(いせはら がく) CV:山下誠一郎
3年生。の1つ上ので、数少ない男子部員。ど喋らない、と言うか登場しない。ただ、県予選個人ベスト4に入る実者である。
葉山(はやま ゆきてる) CV:沢城千春
2年生の男子部員。当初は天パだったのだが、いつの間にかアフロ気味になり、からは”まりもっこり”と呼ばれる。とはまんざらでもない
太郎丸美也子(たろうまる みやこ) CV:小松未可子
小町高校バドミントン部の顧問。苗字を変えるために結婚したがっている独身31歳。担当科現国。「パジャマな彼女。」から友情出演したキャラクターで、眠りの学園から転任してきたという設定。バドミントンルールど知らない。部員が実績を残すと校長ボーナスをせびろうとするなど若干に汚い。

フレゼリシア女子短期大学付属高校(宮城)

の強校。当初、ユニフォームは片足だけハイレグという作中でも特に妙なデザインだった。インターハイからは、なんの前触れもなく北小町のものに近いデザインになった。

コニー・クリステンセン  CV:伊瀬茉莉也
デンマーク出身のプロ選手。バドミントン界のマリア・シャラポワになると評されている。元々孤児であったが、有千に育てられ才を開させる。彼女の実のである綾乃に会うために来日した。マイペースプライドが高いが、フレゼリシア入学後は仲間の大切さを学んだ。作中最強補。
志波姫唯華(しわひめ ゆいか) CV:茅野愛衣
3年生。フレゼリシアエース将。”高校三強”の一で、の選抜大会の覇者。一見するとマイペースで飄々としているが、練習となると熱い一面を見せ、部員を家族のように大切にする。身体は細身でフィジカルに恵まれている訳ではないが、他を圧倒する分析の持ちであり、コニーとも互に渡り合う。下着
多賀ヒナ(たがじょう ヒナ) CV:小田切優衣
2年生。自称山育ちで身体が高い。コニーとの練習試合ではボロ負けするが、コニーからは「まあまあやる」と評価されている。余りに肌が黒いのからは地肌ではないかと摘されたが本人日焼け
雄勝冴子(おがつ さえこ) CV:福田芽衣
3年生。背の高い短。口調もやや男っぽい。実なぎさと拮抗するものがある。
美里さき(みさと さき) CV:矢野優美
3年生。ポニーテールの副将。とは幼馴染
白石スズしらいスズ) CV:武田羅梨沙多胡
3年生。背の小さい片スズダブルスを組んでいる。
矢本千(やもと ちかげ) CV:阿部里果
3年生。長。作中で一番胸が大きい設定だが、全くといっていいほど登場しない。
理壮一郎(わたり  そういちろう) CV:岩崎ひろし
監督長身ビール腹でかなり迫がある。作者が存在を忘れていたのか、2巻以降登場がなかった。12巻で再登場した際にはに「いたんですか」と突っ込まれる。

港南高校(神奈川)

高校だが、制服ユニフォームフリルがつく手なデザイン

子(せりがや かおるこ) CV:下田麻美
1年生。ですわますわ口調で話す。頭にばかでかいリボンを付けている。プライド異常に高く、中学の頃に同じクラブチームだった綾乃ボロ負けしたこと(一応、綾乃からは「強い」と評されている)をきっかけに、強ライバル心を抱くようになり、綾乃を倒すことを一番の標として練習を積んできた。県大会で風邪をひき、対戦相手の綾乃を監禁し風邪をうつして(本人く「対等の条件にするため」)勝利をつかむ執念深さを見せる。その直後に綾乃から離されたので、綾乃にとっては因縁の相手でもあり、当初”去り際香る子”と呼ばれていた。が、後に綾乃んだ部分を一番理解する存在になっていく。序盤の頃は立花に惚れている設定があったが、どこかに行ってしまった。ちなみに4巻以降綾乃がずっとつけているリボンは、「私に負けた時の涙を拭くため」に子が渡したもの。皮交じりで渡したのだが、用されていることに困惑している。体格をいかした強打が体の選手であるが、最も得意なのは相手の裏をかく知性的なプレイ
下ミキ(ささした みき) CV:宮本佳那子
子の友人でありダブルスのペア。落ち着きがない性格でよく動く。彼女の良き理解者でもある。子とは対照的に小柄な選手だが、ダブルスで子と共にインターハイへ出場するなど実がある。

逗子総合高校(神奈川)

神奈川県内最高峰の強校。

石澤望(いしざわ のぞみ) CV:庭有紗
3年生。逗子総合のエースなぎさや詰英美と並んで県内では有名な選手。ラケットコントロールが巧みで、明確な意図を持ったプレイスタイルを理想とする。その反面、監督からは底した厳しい導を受けており、やや管理されすぎている傾向がある。なぎさとはやたら気恥ずかしそうに話す。だんだんかんざしが巨大化する。
倉石(くらいし) CV:遊佐浩二
逗子総合の監督データに基づいたバドミントン底しており、自称「神奈川で一番厳しい監督」。なぎさを「近い将来膝を壊す」と評し、決まりかけていた特待を取り消しにするなど因縁がある。

横浜翔英高校(神奈川)


次へ»
最終更新日: 19/11/07 12:37
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ