ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


はやぶさ(列車)


ヨミ: ハヤブサ
掲示板をミル!
73カキコ!

はやぶさとは、2011年3月5日に新設された東北新幹線列車称である。
2016年3月26日北海道新幹線開業により、同線含めた東京新青森新函館北斗間速達列車称となった。専らE5系/H5系新幹線電車が充当される。

はやぶさ」の名前は2009年まで東京九州を結ぶ寝台特急列車称として使われていた。

概要

2011年3月5日東京駅新青森駅を結ぶ新幹線列車名として採用され、E5系新幹線電車が充当された。
単独運転を行う列車の他、東京駅 - 盛岡駅間で「こまち」(E6系)と併結運転を行うものがある。

当初は盛岡駅-宇都宮駅間を時速300キロで運転し、2013年3月16日日本最高速度となる時速320キロに速度を引き上げて運転された(「スーパーこまち」併結時は時速300キロ)。2014年3月15日に併結する「こまち」が全てE6系へ置き換えられたことにより、「こまち」ともども全列車が時速320キロ運転となった。

運行開始時は「はやて」の置き換えではなく純な増発列車として、東京駅仙台駅1往復・東京駅新青森駅2往復の計3往復が設定され、上り1列車4号)を除き東北新幹線新青森開業まで終着だった八戸駅を通過した。

その後、E5系E6系の増備に伴い、新青森駅発着の「はやて」を格上げする形で増発されていった。また、2014年3月ダイヤ正時に、仙台駅以北が各駅停車となる盛岡駅発着の「はやぶさ」が登場。その内の2往復はE6系を増結している。

はやぶさ」は募では第7位だったが、速さを意識させるとして第1位の「はつかり」、第2位はつね」、第5位の「はやて」を抜いて選ばれた。

北海道新幹線2016年3月新函館北斗駅まで開通すると、東京仙台列車として盛新青森発の「はやて」と共に同線へ乗り入れることとなった。

札幌延伸までは「はやぶさ」の列車名が使用される予定である。

下り列車は基本的に東京始発であるが、臨時列車では大宮始発の列車が設定される場合がある。

停車駅

は基本的に東京駅上野駅(一部)、大宮駅仙台駅盛岡駅八戸駅(一部)、新青森駅新函館北斗駅
大宮駅仙台駅間は必ずノンストップであるが、それ以北では一ノ関駅北上駅二戸駅木古内駅に停するタイプ、更に盛以北が各駅停車となるタイプ列車も存在する。

北海道新幹線開業時には一部列車宇都宮駅に停させる要望が栃木県宇都宮市北海道から出ていたが、JR北海道が否定的な見解を示し、最終的に見送られることになった。

関連動画


■sm13369975[ニコ動]

■sm14844526[ニコ動]

関連画像

[画像][外部] [画像][外部]

関連商品

■azB0046XR6ZE
■azB004NRQ1TK

関連リンク

関連項目

東北北海道上越北陸新幹線及び山形秋田新幹線車両
200系 - 400系 - E1系 - E2系 - E3系 - E4系 - E5系/H5系 - E6系 - E7系/W7系
東北北海道上越北陸新幹線及び山形秋田新幹線列車
東北北海道はやぶさ - はやて - やまびこ - なすの - あおば
上越とき - たにがわ - あさひ
北陸かがやき - はくたか - つるぎ - あさま
山形秋田つばさ - こまち    ※下線付きは現在不使用

最終更新日: 18/05/16 21:45
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ